内容へ

目次へ

 第​60​話

アビガルとダビデ

アビガルとダビデ

ダビデ​に​会い​に​やっ​て​来​た,この​美しい​人​は​だれ​でしょ​う。この​人​の​名前​は​アビガル​です。アビガル​は​分別​の​ある​人​で,ダビデ​に,悪い​こと​を​する​の​を​思いとどまら​せ​まし​た。でも,その​こと​を​お話し​する​前​に,ダビデ​が​どう​なっ​て​い​た​か​を​見​て​み​ましょ​う。

ダビデ​は​サウル​から​にげ​た​あと,ほら穴​に​かくれ​ます。ダビデ​の​兄弟​たち​や​家族​の​ほか​の​人​たち​も​ダビデ​の​もと​に​集まっ​て​い​ます。全部​で​およそ​400​人​が​ダビデ​の​もと​に​来​まし​た。ダビデ​は​その​指導​者​に​なり​ます。それ​から​ダビデ​は​モアブ​の​王​の​ところ​へ​行っ​て,こう​言い​ます。『わたし​が​どう​なる​か​わかる​まで,どうか​父​と​母​を​あなた​の​ところ​に​置い​て​ください』。それ​から​ダビデ​と​その​家来​たち​は​丘​の​あいだ​に​かくれ​ます。

ダビデ​が​アビガル​に​会う​の​は,この​こと​が​あっ​て​から​です。アビガル​の​夫​の​ナバル​は​裕福​な​地主​で,3,000​頭​の​羊​と​1,000​頭​の​やぎ​を​持っ​て​い​ます。ナバル​は​意地悪​な​人​です。でも,妻​の​アビガル​は​とても​美しい​人​です。そして,アビガル​は​正しい​こと​を​どの​よう​に​行なう​か​を​知っ​て​い​ます。ある​とき,アビガル​は​家族​を​救う​こと​さえ​し​ます。どの​よう​に​し​て​でしょ​う​か。

ダビデ​と​その​家来​たち​は​ナバル​に​親切​でし​た。ナバル​の​羊​を​守る​の​を​助け​まし​た。それで,ある​日,ダビデ​は​ナバル​に​願い​を​聞い​て​もらう​ため​に​家来​を​つかわし​ます。ダビデ​の​家来​が​ナバル​の​ところ​へ​行く​と,ナバル​と​手伝い​の​人々​は​羊​の​毛​を​かっ​て​い​まし​た。その​日​は​祝い​の​日​で,ナバル​の​家​に​は​おいしい​食べ物​が​たくさん​あり​ます。それで,ダビデ​の​家来​は​こう​言い​ます。『わたしたち​は​あなた​に​親切​に​し​て​来​まし​た。わたしたち​は​あなた​の​羊​を​ぬすん​だ​こと​が​あり​ませ​ん。むしろ,その​世話​を​する​の​を​助け​まし​た。それで,どうか,食べ物​を​いくらか​いただけ​ませ​ん​か』。

『おまえ​たち​の​よう​な​者​に​食べ物​はやら​ない』と,ナバル​は​言い​ます。ナバル​は​とても​意地​の​悪い​言い方​を​し,ダビデ​の​こと​を​悪く​言い​ます。帰っ​て​来​た​家来​から​その​こと​を​聞く​と,ダビデ​は​たいへん​おこり​まし​た。そして,『刀​を​取り​なさい』と,家来​たち​に​命令​し​ます。ダビデ​たち​は,ナバル​と​その​家​の​者​を​殺す​ため​に​出かけ​ます。

ナバル​の​家​の​者​の​ひとり​は,ナバル​が​意地悪​な​こと​を​言う​の​を​聞い​て,起き​た​こと​を​アビガル​に​知らせ​ます。アビガル​は​ただちに​食べ物​を​用意​さ​せ,それ​を​ろば​に​乗せ​て​出かけ​ます。そして​ダビデ​に​会う​と,ろば​から​降り​て,次​の​よう​に​言い​ます。『わが​主​よ,どうぞ,夫​の​ナバル​の​こと​を​気​に​かけ​ない​で​ください。ナバル​は​おろか​者​で,全く​おろか​な​こと​を​いたし​ます。ここ​に​おくり物​が​ござい​ます。どうか​これ​を​お持ち​に​なっ​て​ください。そして,いま​まで​の​こと​は​お許し​ください』。

ダビデ​は​答え​ます。『あなた​は​かしこい​人​です。意地​の​悪い​ナバル​に​しかえし​を​する​ため​に,ナバル​を​殺そ​う​と​し​て​い​た​わたし​を​思いとどまら​せ​て​くれ​まし​た。さあ,安心​し​て​家​に​帰り​なさい』。のち​に,ナバル​が​死ぬ​と,アビガル​は​ダビデ​の​妻​の​ひとり​に​なり​ます。