内容へ

目次へ

 第​112​話

難破して島につく

難破して島につく

ごらん​なさい! 船​が​難破​し​て,ばらばら​に​こわ​れ​かけ​て​い​ます。海​の​中​に​飛びこん​だ​人々​が​見え​ます​か。もう​岸​に​上がっ​て​来​て​いる​人​たち​も​い​ます。あれ​は​パウロ​でしょ​う​か。では,パウロ​の​身​に​どんな​こと​が​起き​た​の​か,調べ​て​み​ましょ​う。

パウロ​が​カエサレア​で​二​年​間​ろう屋​に​入れ​られ​て​い​た​こと​は,おぼえ​て​い​ます​ね。その​あと​パウロ​と​他​の​いく​人​か​の​囚人​は​船​に​乗せ​られ,ローマ​に​向け​て​出発​し​ます。しかし,クレタ​と​いう​島​の​近く​を​通る​とき​に,船​は​はげしい​あらし​に​あい​ます。風​が​とても​強く​て,船​の​かじ​を​取る​こと​が​でき​ませ​ん。それ​に,昼間​は​太陽​が​見え​ず,夜​は​夜​で​星​も​見え​ませ​ん。そう​し​た​日​が​いく​日​も​すぎ​て,船​に​乗っ​て​い​た​人々​は,もう​助かる​見こみ​は​ない​と​あきらめ​て​しまい​ます。

その​とき​パウロ​が​立ち上がっ​て​言い​ます。『あなたがた​の​うち,だれ​も​死ぬ​人​は​あり​ませ​ん。船​だけ​が​失わ​れ​ます。ゆうべ,神​の​み使い​が​わたし​に​現われ​て,「おそれる​こと​は​あり​ませ​ん,パウロ。あなた​は​ローマ​の​支配​者​カエサル​の​前​に​立た​ね​ば​なり​ませ​ん。ですから​神​は,あなた​と​いっしょ​に​航海​し​て​いる​人々​を,みな​お救い​に​なり​ます」と​言っ​た​から​です』。

あらし​が​始まっ​て​から​14​日​め​の​真夜中​ごろ,水夫​たち​は,海​が​だんだん​浅く​なっ​て​き​た​こと​に​気づき​ます。それ​で​船​が​岩礁​に​乗り上げる​の​を​おそれ​て,いかり​を​おろし​ます。夜​が​明ける​と,入り江​が​見え​た​の​で,水夫​たち​は​その​浜​に​船​を​乗り入れる​こと​に​し​ます。

しかし,岸​に​近づい​た​とき,船​は​浅瀬​に​乗り上げ​て,動か​なく​なっ​て​しまい​ます。船​は​あら​波​に​打た​れ​て​ばらばら​に​こわ​れ​はじめ​ます。責任​者​の​士官​は,泳げる​者​は​みな​海​に​飛びこん​で,岸​に​向かっ​て​泳ぎ​なさい。泳げ​ない​者​は​かれら​の​あと​から​飛びこん​で,船​の​板切れ​に​つかまっ​て​い​なさい』と​言い​ます。それ​で​かれら​は​言わ​れ​た​とおり​に​し​ます。こう​し​て,み使い​が​約束​し​た​よう​に,船​に​乗っ​て​い​た​276​人​は​全員,無事​に​岸​に​着き​まし​た。

その​島​は​マルタ​と​呼ば​れ​て​い​ます。人々​は​とても​親切​で,船​から​来​た​人​たち​の​世話​を​し​て​くれ​ます。天気​が​よく​なっ​て​から,パウロ​は​別​の​船​に​乗せ​られ,ローマ​に​連れ​て​行か​れ​ます。