内容へ

目次へ

 第​52​話

ギデオンと300人の兵士

ギデオンと300人の兵士

これ​は​何​を​し​て​いる​ところ​でしょ​う。この​人​たち​は​みな,イスラエル​の​戦士​です。かがん​で​いる​人​たち​は​水​を​飲ん​で​い​ます。その​人​たち​の​そば​に​立っ​て​いる​の​は,裁き人​の​ギデオン​です。

兵士​たち​が​いろいろ​な​方法​で​水​を​飲ん​で​いる​の​を​よく​見​て​ごらん​なさい。いく​人​か​の​兵士​は​水​に​顔​を​つけ​て​い​ます。でも,ひとり​の​兵士​は​手​で​水​を​すく​って​口​に​運ん​で​い​ます。そうすれば,あたり​の​ようす​を​油断​なく​見守る​こと​が​できる​から​です。それ​は​大切​な​こと​です。というのは,エホバ​は​ギデオン​に,水​を​飲む​あいだ​も​油断​し​ない​兵士​だけ​を​選ぶ​よう​に​お命じ​に​なっ​た​から​です。あと​の​兵士​たち​は​家​へ​帰す​よう​に,と​神​は​言わ​れ​まし​た。それ​は​どうして​でしょ​う​か。

イスラエル​人​は​再び​たいへん​苦しい​立場​に​立ち​ます。それ​は,かれら​が​エホバ​に​聞き従わ​なかっ​た​から​です。ミデアン​の​人​たち​は​イスラエル​人​の​上​に​力​を​ふるって,イスラエル​人​を​苦しめ​て​い​ます。ですから,イスラエル​人​は​エホバ​に​助け​を​さけび​求め,エホバ​は​その​さけび声​に​耳​を​傾け​られ​ます。

エホバ​は​ギデオン​に​軍隊​を​集める​よう​に​と​お命じ​に​なり​ます。そこで​ギデオン​は​3万2,000​人​の​戦士​を​集め​ます。ところが,イスラエル​の​敵​の​軍隊​は​13万5,000​人​です。それなのに,エホバ​は​ギデオン​に,『あなた​の​兵士​は​多すぎる』と​おっしゃい​ます。エホバ​は​どうして​その​よう​な​こと​を​おっしゃっ​た​の​でしょ​う。

それ​は,イスラエル​が​戦争​に​勝っ​た​とき​に,自分​たち​の​力​で​勝っ​た​と​思う​か​も​しれ​ない​から​です。いくさ​に​勝つ​の​に​エホバ​の​助け​は​いら​なかっ​た​と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。それ​で​エホバ​は​ギデオン​に,『おそれ​て​いる​者​たち​は​ひとり​残らず​家​に​帰る​よう​に​言い​なさい』と​おっしゃい​ます。ギデオン​が​その​よう​に​する​と,2万2,000​人​の​兵士​が​家​に​帰り​ます。ですから,13万5,000​人​の​兵隊​と​戦う​の​に,ギデオン​に​は​わずか​1万​人​の​兵士​しか​残っ​て​い​ませ​ん。

ところが,どう​でしょ​う。エホバ​は,『あなた​の​兵士​は​まだ​多すぎる』と​おっしゃる​の​です。そして,兵士​に​この​川​で​水​を​飲ませ​て,顔​を​水​に​つけ​て​飲ん​だ​者​は​みな​家​へ​帰し​なさい,と​ギデオン​に​お命じ​に​なり,こう​約束​なさい​ます。『水​を​飲む​あいだ​も​あたり​を​油断​なく​見守っ​た​300​人​の​兵士​で,わたし​は​あなた​に​勝利​を​得​させ​ます』。

戦い​の​時​が​来​ます。ギデオン​は​300​人​の​兵士​を​三つ​の​グループ​に​分け​ます。そして,ひとりひとり​に​つのぶえ​と,たいまつ​を​入れ​た​つぼ​を​あたえ​ます。真夜中​ごろ​に​なっ​て,ギデオン​の​一​隊​は,敵兵​の​陣営​を​取り囲み​ます。そして,全軍​が​いっせい​に,つのぶえ​を​吹い​て​つぼ​を​割り,『エホバ​の​つるぎ! ギデオン​の​つるぎ!』と​さけび​ます。目​を​さまし​た​敵​の​兵士​たち​は,混乱​に​おちいり,たいへん​おそれ​ます。そして​みんな​にげ​出し​ます。こう​し​て​イスラエル​人​は​戦い​に​勝ち​ます。