内容へ

目次へ

 第​59​話

ダビデがにげなければならなかった理由

ダビデがにげなければならなかった理由

ダビデ​が​ゴリアテ​を​殺し​た​あと,イスラエル​の​軍​の​総​指揮​官​で​ある​アブネル​は,ダビデ​を​サウル​の​もと​へ​連れ​て​行き​ます。サウル​は​ダビデ​が​たいへん​気​に​入り,ダビデ​を​軍​の​隊長​に​し​て,王​の​家​に​住まわ​せ​ます。

のち​に,軍隊​が​ペリシテ​人​と​の​戦い​から​帰っ​て​来​た​とき,女​たち​は,『サウル​は​何千​人​も​殺し​た​が,ダビデ​は​何万​人​も​殺し​た』と​歌い​ます。それ​を​聞い​て​サウル​は​しっと​し​ます。ダビデ​の​ほう​が​サウル​より​も​ほまれ​を​受け​て​いる​から​です。ところが,サウル​の​息子​の​ヨナタン​は,しっと​深く​あり​ませ​ん。ヨナタン​は​ダビデ​を​とても​愛し​ます。ダビデ​も​ヨナタン​を​愛し​ます。それで,ふたり​は​いつ​まで​も​友だち​で​いる​と​いう​約束​を​かわし​ます。

ダビデ​は,たてごと​を​引く​の​が,たいへん​じょうず​で,サウル​は​ダビデ​が​演奏​する​音楽​が​好き​です。ところが,ある​日,サウル​は​しっと​に​から​れ​て​おそろしい​こと​を​し​ます。ダビデ​が​たてごと​を​演奏​し​て​いる​とき​に,サウル​は​やり​を​取っ​て,『ダビデ​を​かべ​に​つきさし​て​やる』と​言い​ながら​それ​を​投げつけ​ます。ダビデ​は​からだ​を​かわし,やり​は​はずれ​まし​た。その​後,サウル​は​再び​ダビデ​にやり​を​投げつけ​て​失敗​し​ます。それ​で​ダビデ​は,じゅうぶん​用心​し​なけれ​ば​なら​ない​こと​に​気​が​つき​ます。

あなた​は,サウル​が,ゴリアテ​を​殺し​た​者​に,自分​の​むすめ​を​妻​と​し​て​あたえる​と​約束​し​た​の​を​おぼえ​て​いる​でしょ​う。サウル​は​ついに​ダビデ​に​向かっ​て,むすめ​の​ミカル​を​あたえる​けれども,その​前​に​敵​の​ペリシテ​人​を​100​人​殺し​なさい,と​言い​ます。なんと​いう​こと​でしょ​う。ほんとう​の​こと​を​言う​と,サウル​は​ダビデ​が​ペリシテ​人​に​殺さ​れる​の​を​願っ​て​いる​の​です。しかし,ダビデ​は​殺さ​れ​ませ​ん。それ​で​サウル​は​むすめ​を​ダビデ​に​妻​と​し​て​あたえ​ます。

ある​日,サウル​は​ヨナタン​や​自分​の​すべて​の​家来​に,ダビデ​を​殺し​たい​と​思っ​て​いる​と​告げ​ます。しかし,ヨナタン​は​父親​に​こう​言い​ます。『ダビデ​を​傷つけ​て​は​いけ​ませ​ん。ダビデ​は​あなた​に​悪い​こと​を​し​た​こと​など​一度​も​ない​では​あり​ませ​ん​か。ダビデ​が​し​た​こと​は​どれ​も,あなた​の​ため​に​たいへん​助け​に​なり​まし​た。あなた​は​ダビデ​が​命がけ​で​ゴリアテ​を​殺し​た​の​を​ごらん​に​なっ​て,喜ば​れ​た​では​あり​ませ​ん​か』。

サウル​は​息子​の​ことば​を​聞き入れ,ダビデ​を​傷つけ​ない,と​約束​し​ます。ダビデ​は​連れ​もどさ​れ,以前​と​同じ​よう​に,王​の​家​で​サウル​に​仕え​ます。ところが,ある​日,ダビデ​が​音楽​を​演奏​し​て​いる​とき​に,サウル​は​再び​ダビデ​にやり​を​投げつけ​ます。ダビデ​は​身​を​かわし​た​の​で,やり​は​かべ​に​当たり​ます。これ​で​三​度​め​です。ダビデ​は,もう​にげ​なけれ​ば​だめ​だ,と​思い​ます。

その​晩,ダビデ​が​自分​の​家​に​帰る​と,サウル​は​ダビデ​を​殺す​ため​に​人​を​つかわし​ます。ミカル​は​父親​の​たくらみ​を​知っ​て​いる​の​で,夫​に『今夜,お​にげ​に​なら​なけれ​ば,あなた​は​あした​は​殺さ​れ​て​い​ます』と​言い​ます。その​夜,ミカル​は​ダビデ​が​窓​から​にげる​の​を​助け​ます。およそ​七​年​の​あいだ,ダビデ​は,サウル​の​目​を​のがれ​て,あちら​こちら​と,かくれ​て​にげ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。