内容へ

目次へ

 第​67​話

エホバによりたのんだエホシャファト

エホバによりたのんだエホシャファト

この​人々​は,どういう​人々​で,何​を​し​て​いる​の​でしょ​う​か。この​人​たち​は​戦い​に​出かける​ところ​です。前​の​方​に​いる​人​たち​は​歌​を​うたっ​て​い​ます。でも,『歌​を​うたっ​て​いる​人​たち​は,なぜ​戦い​の​つるぎ​や​やり​を​持っ​て​い​ない​の​です​か』と,たずねる​人​も​いる​でしょ​う。では,その​こと​を​お話し​し​ましょ​う。

エホシャファト​は,イスラエル​の​二​部族​の​国​の​王​で,北​の​10​部族​の​国​の​アハブ​王​や​イゼベル​と​同じ​時代​の​人​です。でも,エホシャファト​は​良い​王​です。その​父親​の​アサ​も​立派​な​王​でし​た。ですから,南​の​二​部族​の​国​の​人々​は​長い​あいだ​幸福​に​くらし​て​い​ます。

ところが,人々​を​不安​に​させる​こと​が​起き​まし​た。使者​たち​が​エホシャファト​に​こう​知らせ​た​の​です。『モアブ,アンモン,セイル​山​の​国々​から​大軍​が​あなた​に​せめ​よせ​て​来​ます』。大勢​の​イスラエル​人​は,エルサレム​に​集まっ​て​神殿​へ​行き,エホバ​の​助け​を​求め​ます。エホシャファト​は​そこで​こう​祈り​ます。『ああ,わたくしたち​の​神​エホバ​よ。わたくしたち​は​どう​し​たら​よい​か​わかり​ませ​ん。わたくしたち​に​は,この​よう​な​大軍​に​立ち向かう​力​が​あり​ませ​ん。わたくしたち​は​あなた​に​助け​を​あおぎ​ます』。

エホバ​は​その​祈り​を​聞か​れ,しもべ​の​ひとり​を​通し​て​人々​に​こう​おっしゃい​ます。『この​戦い​は​あなたがた​の​戦い​で​は​なく,神​の​戦い​で​ある。あなたがた​は​戦わ​なく​て​も​よい。どの​よう​に​し​て​エホバ​が​あなたがた​を​お救い​に​なる​か​を,ただ​見守り​なさい』。

それで,翌朝,エホシャファト​は​人々​に,『エホバ​に​よりたのみ​なさい』と​言い​ます。それ​から,歌い手​たち​を​兵士​の​先頭​に​置き​ます。歌い手​たち​は,行進​し​ながら,エホバ​へ​の​賛美​の​歌​を​うたい​ます。一​隊​が​戦場​に​近づい​た​とき,何​が​起き​た​と​思い​ます​か。エホバ​は,敵​の​兵士​たち​が​同士討ち​を​する​よう​に​しむけ​た​の​です。ですから,イスラエル​人​たち​が​着い​た​とき​に​は,敵​の​兵士​は​みな​死ん​で​い​まし​た。

エホシャファト​が​エホバ​に​よりたのん​だ​の​は​かしこい​こと​でし​た​ね。わたしたち​も,エホバ​に​たよる​なら,かしこく​なれ​ます。