内容へ

目次へ

 第​30​話

燃えるしば

燃えるしば

モーセ​は,羊​に​食べ​させる​草​を​さがし​に,はるばる​ホレブ​山​まで​行き​まし​た。そして,そこで​燃え​て​いる​しば​を​見​まし​た。ところが,それ​は​燃えつき​て​しまわ​ない​の​です。

『これ​は​不思議​だ。近く​へ​行っ​て​よく​見​よう』と​モーセ​は​考え​まし​た。モーセ​が​近づく​と,しば​の​中​から​声​が​し​て,こう​言い​まし​た。『それ​より​近づい​て​は​なり​ませ​ん。サンダル​を​ぬぎ​なさい。あなた​は​聖​なる​所​に​立っ​て​いる​から​です』。モーセ​は​顔​を​おおい​まし​た。神​が​み使い​に​よっ​て​語っ​て​おら​れ​た​から​です。

それ​から​神​は,こう​言わ​れ​まし​た。『わたし​は,わたし​の​民​が​エジプト​で​苦しん​で​いる​の​を​見​まし​た。それで,民​を​解放​し​よう​と​思い​ます。そして,あなた​は,わたし​の​民​を​エジプト​から​導き出す​ため​に​わたし​が​つかわす​者​です』。エホバ​は​ご自分​の​民​を​美しい​カナン​の​地​へ​連れ​て​行こ​う​と​し​て​おら​れ​まし​た。

しかし,モーセ​は​言い​まし​た。『わたし​は​取る​に​足り​ない​者​で,その​よう​な​こと​は​とても​でき​ませ​ん。たとえ​行っ​た​と​し​て​も,イスラエル​人​は,「だれ​が​あなた​を​つかわし​た​の​か」と​言う​でしょ​う。そう​し​たら,わたし​は​何​と​言え​ば​よい​の​でしょ​う』。

エホバ​は​こう​お答え​に​なり​まし​た。『あなた​は​こう​言い​なさい。「アブラハム​の​神,イサク​の​神,ヤコブ​の​神​エホバ​が​わたし​を​つかわし​た」と。これ​は​わたし​の​永遠​の​名前​です』。

『でも,あなた​が​わたし​を​おつかわし​に​なっ​た​と​言っ​て​も,人々​が​信じ​なかっ​たら​どう​し​ましょ​う​か』と​モーセ​は​言い​まし​た。

『あなた​は​手​に​何​を​持っ​て​い​ます​か』と​神​は​たずね​まし​た。

『つえ​です』と​モーセ​は​答え​まし​た。

『それ​を​地面​に​投げ​なさい』と​神​は​言わ​れ​まし​た。モーセ​が​その​とおり​に​する​と,つえ​は​へび​に​なり​まし​た。それ​から​エホバ​は​モーセ​に​言わ​れ​まし​た。『手​を​長い​衣​の​中​へ​入れ​なさい』。モーセ​が,その​とおり​に​し​て​から​手​を​取り出す​と,手​は,雪​の​よう​に​白く​て,おそろしい​らい病​に​かかっ​た​よう​に​なっ​て​い​まし​た。つい​で​モーセ​に,三​番​め​の​奇跡​を​行なう​力​を​おあたえ​に​なっ​て​から,最後​に​エホバ​は,『これら​の​奇跡​を​行なう​なら,イスラエル​人​は,わたし​が​あなた​を​つかわし​た​こと​を​信じる​でしょ​う』と​おっしゃい​まし​た。

その​のち,モーセ​は,家​に​帰っ​て​エテロ​に​言い​まし​た。『どうか,わたし​が​エジプト​に​いる​わたし​の​親族​の​様子​を​見​に​行く​の​を​お許し​ください』。それ​で​エテロ​は​モーセ​に​別れ​を​告げ,モーセ​はエジプト​へ​帰っ​て行き​まし​た。