内容へ

目次へ

 第​58​話

ダビデとゴリアテ

ダビデとゴリアテ

ペリシテ​人​は​再び​イスラエル​に​せめて​来​ます。ダビデ​の​兄​たち​の​上​から​三​人​は,すでに​サウル​の​軍隊​に​は​いっ​て​い​ます。それで,ある​日,エッサイ​は​ダビデ​に,『穀物​と​パン​を​お兄さん​たち​の​ところ​へ​持っ​て​行き​なさい。そして​お兄さん​たち​が​どんな​様子​か​見​て​き​なさい』と​言い​ます。

ダビデ​は,陣営​に​着く​と,兄​たち​を​さがす​ため​に,戦列​へ​向かっ​て​走り​ます。すると,ペリシテ​人​の​巨人​ゴリアテ​が​出​て​来​て,イスラエル​人​を​ばか​に​し​ます。ゴリアテ​は​40​日​の​あいだ​毎朝​毎晩​そう​し​て​いる​の​です。ゴリアテ​は​こう​わめき​ます。『おまえ​たち​の​中​から​ひとり​を​選ん​で,わし​と​戦わせろ。そいつ​が​わし​を​殺し​て​勝っ​たら,われわれ​は​おまえ​たち​の​どれい​に​なる。だが,わし​が​そいつ​を​殺し​て​勝っ​たら,おまえ​たち​が​われわれ​の​どれい​に​なる​の​だ。さあ,わし​と​戦う​者​を​出せる​もの​なら​出し​て​みろ』。

ダビデ​は​数​人​の​兵士​に,『あの​ペリシテ​人​を​殺し​て,イスラエル​から​この​よう​な​はずかしめ​を​取り除い​た​人​に​は,どんな​ほうび​が​ある​の​です​か』と​たずね​ます。

『サウル​は​その​者​に​たくさん​の​富​を​あたえ,また​自分​の​むすめ​を​妻​と​し​て​あたえる​ん​だ​よ』と​兵士​が​答え​ます。

でも,ゴリアテ​は​とても​大きい​の​で,イスラエル​人​は​みな​ゴリアテ​を​おそれ​て​い​ます。ゴリアテ​は​背たけ​が​3​メートル​ほど​も​あっ​て,もう​ひとり​の​兵士​が​かれ​の​ため​に​たて​を​持っ​て​い​ます。

何​人​か​の​兵士​が​サウル​王​の​ところ​へ​行っ​て,ダビデ​が​ゴリアテ​と​戦う​こと​を​望ん​で​いる​と​知らせ​ます。しかし,サウル​は​ダビデ​に,『あなた​が​あの​者​と​戦う​こと​は​でき​ない。あなた​は​ほんの​少年​に​すぎ​ない​が,あの​ペリシテ​人​は​若い​時​から​兵士​な​の​だ​から』と​言い​ます。ダビデ​は​こう​答え​ます。『わたし​は,父​の​羊​を​うばっ​て​行っ​た​くま​と​ライオン​を​殺し​まし​た。ですから,あの​ペリシテ​人​も​殺せる​と​思い​ます。エホバ​が​わたし​を​助け​て​ください​ます』。そこで,サウル​は,『行き​なさい。エホバ​が​あなた​と​とも​に​おら​れる​よう​に』と​言い​ます。

ダビデ​は​川​の​そば​に​下り​て​行き,五つ​の​なめらか​な​石​を​拾っ​て,袋​に​入れ​ます。それ​から​石投げ​器​を​取る​と,巨人​に​立ち向かう​ため​に​出​て​行き​ます。ゴリアテ​は​ダビデ​を​見​て,自分​の​目​を​疑い,ダビデ​を​殺す​の​は​いとも​かんたん​だ,と​考え​ます。

『さあ,来い。おまえ​の​からだ​を​鳥​や​けもの​に​食べ​させ​て​やる』と,ゴリアテ​は​言い​ます。ところ​が​ダビデ​は​こう​言い​ます。『あなた​は​つるぎ​と,やり​と​投げやり​を​持っ​て​来​ます​が,わたし​は​エホバ​の​お名前​を​持っ​て​あなた​に​向かっ​て​行き​ます。きょう,エホバ​は​あなた​を​わたし​の​手​に​わたさ​れる​でしょ​う。わたし​は​あなた​を​打ちたおし​ます』。

そう​言う​と,ダビデ​は​ゴリアテ​に​向かっ​て​走り,袋​から​石​を​一つ​取り出し​て​石投げ​器​に​入れ,力​いっぱい​投げ​まし​た。石​は​ゴリアテ​の​頭​に​命中​し,ゴリアテ​は​たおれ​て​死ん​で​しまい​まし​た。ペリシテ​人​たち​は​それ​を​見​て,みんな​背​を​向け​て​にげ​ます。イスラエル​人​は​その​あと​を​追い,戦い​に​勝ち​まし​た。