内容へ

目次へ

 第​62​話

ダビデの家に起きた問題

ダビデの家に起きた問題

ダビデ​が​エルサレム​で​支配​を​始め​て​から,エホバ​は​ダビデ​の​軍隊​に​何​度​も​勝利​を​おあたえ​に​なり​ます。エホバ​は​カナン​の​地​を​イスラエル​人​に​あたえる​こと​を​約束​し​て​おら​れ​まし​た​が,いまや,エホバ​の​助け​に​より,約束​さ​れ​て​い​た​土地​の​すべて​が​ついに​イスラエル​人​の​もの​に​なり​まし​た。

ダビデ​は,エホバ​を​愛する​良い​支配​者​な​の​で,エルサレム​を​せめ​取る​と,さっそく​エホバ​の​けい約​の​箱​を​エルサレム​に​持っ​て​来る​こと​も​行ない​まし​た。そのうえ,ダビデ​は,けい約​の​箱​を​置い​て​おく​神殿​を​建て​たい​と​いう​願い​を​いだき​ます。

ダビデ​は,年配​に​なっ​て​から,ひどい​あやまち​を​犯し​ます。ダビデ​は,ほか​の​人​の​もの​を​取る​の​は​悪い​こと​だ​と​いう​こと​を​知っ​て​い​ます。ところが,ある​晩,宮殿​の​屋根​の​上​に​い​た​ダビデ​は,下​を​見おろし​て,バテシバ​と​いう,たいへん​美しい​女​の​人​を​見​ます。バテシバ​の​夫​は,ダビデ​の​兵士​で,ウリヤ​と​いう​人​です。

ダビデ​は​バテシバ​が​とても​ほしく​なっ​て,バテシバ​を​宮殿​に​連れ​て​来さ​せ​ます。バテシバ​の​夫​は​戦い​に​出かけ​て​い​て,るす​で​す。ダビデ​は​バテシバ​に​言い寄り​ます。それで,のち​に,バテシバ​は​子供​を​身ごもっ​た​こと​を​知り​ます。ダビデ​は​ひじょう​に​心配​し​ます。そして,軍隊​の​総​指揮​官​で​ある​ヨアブ​に​命令​を​送っ​て,ウリヤ​を​戦い​の​いちばん​激しい​ところ​に​行か​せ​ます。それ​は​ウリヤ​を​戦死​さ​せる​ため​です。ウリヤ​が​死ぬ​と,ダビデ​は​バテシバ​と​結こん​し​ます。

エホバ​は,ダビデ​に​対し​て​たいへん​おいかり​に​なり​ます。そこで,ダビデ​に​その​罪​を​さ​とら​せる​ため​に,ご自分​の​しもべ​ナタン​を​おつかわし​に​なり​ます。ここ​で,ダビデ​に​話し​て​いる​の​が​ナタン​です。ダビデ​は​自分​の​し​た​こと​を,たいへん​こうかい​し​ます。それで,エホバ​は​ダビデ​を​殺す​こと​は​され​ませ​ん。しかし,エホバ​は​こう​言わ​れ​ます。『あなた​は​こう​し​た​悪い​こと​を​行なっ​た​の​で,あなた​の​家​に​は​たくさん​の​問題​が​起き​ます』。たしか​に​ダビデ​は​多く​の​問題​を​かかえこみ​ます。

まず,バテシバ​の​産ん​だ​子​が​死に​ます。つぎ​に,ダビデ​の​長男​の​アムノン​は,妹​の​タマル​を​ひとり​に​ならせ,自分​と​無理やり​関係​を​持たせ​ます。ダビデ​の​息子​の​アブサロム​は​それ​に​たいへん​腹​を​立て,アムノン​を​殺し​ます。のち​に,アブサロム​は​人々​の​人気​を​得​て,自ら​王​に​なり​ます。けっきょく,ダビデ​は​アブサロム​と​戦っ​て​勝ち,アブサロム​は​殺さ​れ​ます。そう​です,ダビデ​に​は​多く​の​問題​が​起き​まし​た。

そう​し​た​こと​が​起き​て​いる​あいだ​に,バテシバ​は​ソロモン​と​いう​男​の​子​を​産み​ます。ダビデ​が​年老い​て​病気​に​なる​と,息子​の​アドニヤ​は​自分​が​王​に​なろ​う​と​し​ます。それ​で​ダビデ​は,ソロモン​が​王​に​なる​こと​を​示す​ため,ザドク​と​いう​祭司​に​命じ​て,ソロモン​の​頭​に​油​を​注が​せ​ます。それ​から​ま​も​なく,ダビデ​は​70​歳​で​死に​ます。ダビデ​は​40​年​間​支配​し​まし​た。でも,今​はソロモン​が​イスラエル​の​王です。