内容へ

目次へ

 第​56​話

イスラエルの最初の王サウル

イスラエルの最初の王サウル

サムエル​が​男​の​人​の​頭​に​油​を​注い​で​い​ます​ね。昔​は,王​に​選ば​れ​た​人​に,その​しるし​と​し​て​この​よう​に​油​が​注が​れ​た​の​です。エホバ​は,サムエル​に,サウル​の​頭​に​油​を​注ぐ​こと​を​お命じ​に​なり​ます。その​油​は,良い​かおり​の​する​特別​な​油​です。

自分​は​王​に​なる​の​に​ふさわしく​ない,と​サウル​は​思い​まし​た。『わたし​は,イスラエル​の​中​で​最も​小さい,ベニヤミン​族​の​者​です。どうして,わたし​が​王​に​なる​と​おっしゃる​の​です​か』と,サウル​は​サムエル​に​言い​ます。エホバ​は​サウル​が​たかぶっ​て​い​ない​の​で,サウル​を​好ましく​思わ​れ​ます。それ​で​エホバ​は​サウル​を​王​に​選ば​れ​た​の​です。

でも,サウル​は​貧しく​て,小さな​人​で​は​あり​ませ​ん。サウル​は​裕福​な​家​に​生まれ,背​が​高く​て​とても​顔立ち​の​良い​人​です。サウル​は​イスラエル​で​ほか​の​だれ​より​も​30​センチ​ぐらい​背​が​高い​の​です。それ​に,サウル​は​走る​の​が​とても​速く​て,たいへん​力​の​ある​人​です。人々​は,エホバ​が​サウル​を​王​に​選ば​れ​た​の​で​喜ん​で​い​ます。人々​は​みな,『王様,ばんざい!』と​さけび​はじめ​まし​た。

イスラエル​の​敵​は,あいかわらず​強く​て,引きつづき​イスラエル​人​を​大いに​なやませ​て​い​ます。サウル​が​王​に​選ば​れ​て​から​ま​も​なく,アンモン​人​は​イスラエル​に​せめ寄せ​て​来​ます。しかし,サウル​は​大軍​を​集め​て,アンモン​人​と​の​戦い​に​勝ち​ます。ですから,人々​は​サウル​が​王​で​ある​こと​を​喜び​ます。

時​が​たつ​うち​に,サウル​は​イスラエル​を​ひ​きい​て​何​度​も​勝利​を​収め​ます。サウル​に​は​ヨナタン​と​いう​勇敢​な​息子​も​い​ます。ヨナタン​は​多く​の​戦い​で​イスラエル​が​勝つ​の​を​助け​まし​た。イスラエル​人​の​いちばん​の​敵​は,やはり​ペリシテ​人​です。ある​日,大勢​の​ペリシテ​人​が​イスラエル​に​せめ寄せ​て​来​ます。

サムエル​は​サウル​に,犠牲,つまり​供え物​を​エホバ​に​ささげ​に​そちら​へ​行く​まで​待つ​よう​に,と​言い​ます。でも​サムエル​は​なかなか​来​ませ​ん。サウル​は,ペリシテ​人​が​戦い​を​始める​の​で​は​ない​か​と​心配​し​て,自分​で​さっさ​と​犠牲​を​ささげ​ます。ついに​サムエル​は​やっ​て​来​て,サウル​に,あなた​は​不​従順​だっ​た​と​言い​ます。そして,『エホバ​は​別​の​人​を​イスラエル​の​王​に​選ば​れる​でしょ​う』と​言い​ます。

のち​に​サウル​は,再び​不​従順​な​こと​を​し​ます。それ​で​サムエル​は​サウル​に​こう​言い​ます。『いちばん​上等​の​羊​の​供え物​を​エホバ​に​ささげる​より​も,エホバ​に​従う​ほう​が​よい​の​です。あなた​は​エホバ​に​従わ​なかっ​た​の​で,エホバ​は​あなた​を​いつ​まで​も​イスラエル​の​王​に​し​て​おか​れ​ない​でしょ​う』。

わたしたち​は​この​こと​から​良い​教訓​を​学べ​ます。いつも​エホバ​に​従う​こと​が​どんな​に​大切​か​が​わかり​ます。また,サウル​の​よう​に,良い​人​で​も​悪い​人​に​変わる​こと​が​ある,と​いう​こと​も​わかり​ます。わたしたち​は,どんな​こと​が​あっ​て​も​悪い​人​に​なり​たく​あり​ませ​ん​ね。