内容へ

目次へ

 第​109​話

ペテロはコルネリオを訪ねる

ペテロはコルネリオを訪ねる

ここ​に​立っ​て​いる​の​は​使徒​ペテロ​で,うしろ​に​いる​の​は​ペテロ​の​友だち​です。でも​どうして​この​人​は​ペテロ​に​向かっ​て​ひざまずい​て​いる​の​でしょ​う。そんな​こと​を​す​べき​でしょ​う​か。あなた​は​この​人​が​だれ​か​わかり​ます​か。

この​人​は​コルネリオ​です。コルネリオ​は​ローマ​の​軍隊​の​士官​です。ペテロ​を​知っ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,かれ​を​家​に​招く​よう​に​言わ​れ​た​の​です。では​その​わけ​を​調べ​て​み​ましょ​う。

イエス​の​最初​の​弟子​たち​は​ユダヤ​人​でし​た​が,コルネリオ​は​ユダヤ​人​で​は​あり​ませ​ん。でも​神​を​愛し,神​に​祈り​ます。また​人々​に​たいへん​親切​です。ある​日​の​午後,ひとり​の​み使い​が​コルネリオ​に​現われ,『神​は​あなた​の​こと​を​喜ん​で​おら​れる​の​で,あなた​の​祈り​を​聞か​れ​ます。使い​を​やっ​て,ペテロ​と​いう​人​を​呼び​なさい。その​人​は​ヨッパ​の​町​の​シモン​の​家​に​い​ます。シモン​は​海べ​に​住ん​で​い​ます』と​言い​ます。

コルネリオ​は,すぐ​に​ペテロ​を​さがし​に​使い​を​やり​ます。翌日,かれら​が​ヨッパ​の​近く​まで​来​た​ころ,ペテロ​は​シモン​の​家​の​平ら​な​屋根​の​上​に​おり,神​は​ペテロ​に,大きな​布​が​天​から​おり​て​来る​の​を​見​て​いる,と​思わ​せ​ます。布​の​中​に​は,いろいろ​な​動物​が​い​ます。神​の​律法​に​よる​と,それら​は​けがれ​た,食べ​て​は​いけ​ない​動物​です。しかし,『ペテロ​よ,立っ​て​これ​を​殺し​て​食べ​なさい』と​いう​声​が​し​ます。

『いいえ,わたし​は​食べ​ませ​ん。わたし​は​今​まで​清く​ない​もの​を​食べ​た​こと​は​あり​ませ​ん』と,ペテロ​は​言い​ます。しかし​その​声​は,『神​が​今​清い​と​おっしゃっ​て​いる​もの​を,清く​ない,と​言う​の​は​やめ​なさい』と​言い​ます。こう​し​た​こと​が​三​度​も​あり​ます。これ​は​いったい​どう​いう​意味​だろ​う,と​思っ​て​いる​その​とき​に,コルネリオ​の​使い​の​者​たち​が​その​家​に​着き,ペテロ​に​会わせ​て​ほしい,と​言い​ます。

ペテロ​は​階下​に​降り​て​行っ​て,『わたし​が,あなたがた​の​さがし​て​おら​れる​ペテロ​です。どう​いう​わけ​で,ここ​へ​おいで​に​なっ​た​の​です​か』と​たずね​ます。ひとり​の​み使い​が​コルネリオ​に,ペテロ​を​自分​の​家​に​招く​よう​に​と​言っ​た​こと​を,使い​の​者​たち​が​説明​し​た​の​で,ペテロ​は​かれら​と​いっしょ​に​行く​こと​に​し​ます。翌日,ペテロ​と​友だち​は,カエサレア​に​いる​コルネリオ​を​たずねる​ため​に​出発​し​ます。

コルネリオ​は,親族​や​親しい​友だち​を​呼び集め​て​い​まし​た。ペテロ​が​着く​と,出​て​来​て​むかえ,絵​に​ある​よう​に,ペテロ​の​足元​に​ひれふし​ます。でも,ペテロ​は,『お立ち​ください。わたし​も​ただ​の​人間​です』と​言い​ます。そう​です。人​を​おがむ​の​は​正しく​ない​と​聖書​は​教え​て​い​ます。わたしたち​は​エホバ​だけ​を​崇拝​す​べき​です。

さて,ペテロ​は​集まっ​て​いる​人々​に​話し​ます。『わたし​は,神​に​仕え​たい​人々​を​神​は​みな​受け入れ​て​くださる​こと​が​わかり​ます』と,ペテロ​は​言い​ます。ペテロ​が​話​し​て​いる​あいだ​に,神​は​聖霊​を​送ら​れ,人々​は,いろいろ​の​ちがっ​た​国​の​ことば​で​話し​はじめ​ます。ペテロ​と​いっしょ​に​来​て​い​た​ヘブライ​人​の​弟子​たち​は​おどろき​ます。神​は​ユダヤ​人​だけ​に​恵み​を​おあたえ​に​なる,と​考え​て​い​た​から​です。神​は​どの​人種​の​人々​を​も,他​の​人種​の​人々​より​すぐれ​て​いる​と​か,重要​で​ある​と​いう​見方​は​され​ない​こと​を,かれら​は​この​こと​から​教え​られ​ます。それ​は,わたしたち​みんな​が,おぼえ​て​おく​と​よい​こと​で​は​あり​ませ​ん​か。