内容へ

目次へ

 第​13​話

神の友アブラハム

神の友アブラハム

大​洪水​の​あと​人々​が​移り住ん​だ​土地​の​一つ​は,ウル​と​いう​場所​でし​た。ウル​は,りっぱ​な​家​が​いくつ​か​ある​重要​な​都市​に​なり​まし​た​が,そこ​の​人々​は,バベル​に​い​た​とき​と​同じ​よう​に,いつわり​の​神々​を​崇拝​し​て​い​まし​た。ウル​と​バベル​の​人々​は,ノア​と​その​息子​と​は​ちがい,エホバ​に​仕え​つづけ​ませ​ん​でし​た。

大​洪水​が​あっ​て​から​350​年​たっ​て,ついに​忠実​な​ノア​が​死に​まし​た。この​絵​の​中​の​人​が​生ま​れ​た​の​は,それ​から​わずか​2​年​あと​の​こと​でし​た。この​人​は,神​に​とっ​て​特別​な​人​で,名前​を​アブラハム​と​言い​まし​た。アブラハム​は​家族​と​いっしょ​に​ウル​の​町​に​住ん​で​い​まし​た。

ある​日,エホバ​は​アブラハム​に​こう​お命じ​に​なり​まし​た。『親族​と​ウル​と​を​はなれ,わたし​が​あなた​に​示す​土地​に​行き​なさい』。アブラハム​は​神​の​ことば​に​従っ​て,ウル​に​ある,生活​を​楽しく​する​もの​を​みな​あと​に​し​た​でしょ​う​か。はい,そう​し​まし​た。アブラハム​が​神​の​友​と​し​て​知ら​れる​よう​に​なっ​た​の​は,いつも​神​に​従っ​た​から​です。

ウル​を​出る​とき,アブラハム​の​家族​の,ある​人​たち​は,アブラハム​に​つい​て​行き​まし​た。父親​の​テラ​は​そう​し​まし​た。おい​の​ロト​も​そう​です。もちろん,アブラハム​の​妻​サラ​も​いっしょ​でし​た。やがて,その​人​たち​は​みな​ハラン​と​いう​土地​に​着き​まし​た。テラ​は​そこで​死に​ます。その​人​たち​は​ウル​から​遠い​所​に​来​て​い​まし​た。

しばらく​し​て​から,アブラハム​と​その​家​の​者​たち​は​ハラン​を​去っ​て​カナン​と​呼ば​れる​土地​に​来​まし​た。そこで​エホバ​は,『ここ​は​わたし​が​あなた​の​子孫​に​あたえる​土地​です』と​言わ​れ​まし​た。アブラハム​は​カナン​に​とどまっ​て,天幕​生活​を​し​まし​た。

神​は​アブラハム​を​助ける​よう​に​なっ​た​の​で,アブラハム​は​羊​の​大きな​群れ​や​たくさん​の​家畜​を​持つ​よう​に​なり,めし使い​も​ふえ​まし​た。ところが,アブラハム​と​サラ​の​あいだ​に​は​子供​が​あり​ませ​ん​でし​た。

アブラハム​が​99​歳​の​とき​に,エホバ​は​こう​おっしゃい​まし​た。『わたし​は,あなた​が​多く​の​国民​の​父​と​なる​こと​を​約束​し​ます』。でも,アブラハム​と​サラ​は​ずいぶん​年​を​取っ​て​い​て,子供​を​もうける​こと​が​でき​なかっ​たの​に,どの​よう​に​し​て​そういう​こと​に​なる​の​でしょ​う​か。