内容へ

目次へ

 第​77​話

かれらは身をかがめなかった

かれらは身をかがめなかった

この​三​人​の​若者​の​こと​を​おぼえ​て​い​ます​か。そう​です,自分​たち​に​とっ​て​良く​ない​物​を​食べ​ませ​ん,と​言っ​た​ダニエル​の​三​人​の​友だち​です。バビロニア​人​は​この​三​人​を​シャデラク,メシャク,アベデネゴ​と​呼び​まし​た。ところで,三​人​を​見​て​ください。若者​たち​は,ほか​の​人​たち​の​よう​に,なぜ​この​大きな​像​に​身​を​かがめ​ない​の​でしょ​う​か。それ​を​調べ​て​み​ましょ​う。

あなた​は,エホバ​ご自身​が​お書き​に​なっ​た,十戒​と​いう​律法​を​おぼえ​て​い​ます​か。その​最初​の​いましめ​は,『あなた​は,わたし​の​ほか​に​他​の​どんな​神​も​崇拝​し​て​は​なら​ない』と​いう​もの​です。この​律法​に​従う​の​が​むずかしく​なっ​て​いる​の​に,三​人​の​若者​は​それ​に​従っ​て​いる​の​です。

バビロン​の​王,ネブカデネザル​は,自分​が​立て​た​この​像​を​拝ま​せる​ため​に,国​の​おも​だっ​た​人々​を​大勢​呼び​まし​た。そして,すべて​の​人々​に​次​の​よう​に​言い​終え​た​ところ​です。『ラッパ,たてごと,その​ほか​の​楽器​の​音​を​聞い​たら,おまえ​たち​は​身​を​かがめ​て​この​金​の​像​を​拝ま​なけれ​ば​なら​ない。身​を​かがめ​て​拝ま​ない​者​は,ただちに,火​の​燃え​て​いる​熱い​炉​に​投げこま​れる​の​だ』。

シャデラク,メシャク,アベデネゴ​が​身​を​かがめ​なかっ​た​と​いう​こと​を​聞い​て,ネブカデネザル​は​たいへん​おこり​ます。そして,三​人​を​自分​の​ところ​へ​連れ​て​来させ,もう​一度​身​を​かがめる​機会​を​あたえ​ます。しかし,若者​たち​は​エホバ​に​よりたのみ​ます。そして,三​人​は​ネブカデネザル​に​言い​ます。『わたしたち​が​仕え​て​いる​神​は,わたしたち​を​救う​こと​が​おでき​に​なり​ます。しかし,たとえ​神​が​わたしたち​を​救っ​て​くださら​なく​て​も,わたしたち​は​あなた​の​金​の​像​に​身​を​かがめ​ませ​ん』。

それ​を​聞く​と,ネブカデネザル​は​いっそう​腹​を​立て​ます。すぐ​そば​に​炉​が​あり​ます。ネブカデネザル​は,『炉​を​いつも​より​も​七​倍​熱く​せよ』と​命令​し​ます。それ​から,軍隊​の​中​で​最も​力​の​強い​男​たち​に,シャデラク,メシャク,アベデネゴ​を​しばっ​て​炉​に​投げ入れ​させ​ます。炉​は​とても​熱い​の​で,その​力​の​強い​男​たち​は​ほのお​で​焼け死に​まし​た。でも,投げ入れ​られ​た​三​人​の​若者​たち​は​どう​なっ​た​でしょ​う。

王​は​炉​の​中​を​見​て,とても​おそろしく​なり​まし​た。『三​人​の​男​を​しばっ​て,その​火​の​燃える​熱い​炉​に​投げ入れ​た​の​で​は​なかっ​た​か』と,王​は​たずね​ます。

『はい,その​とおり​で​ござい​ます』と,王​の​しもべ​たち​が​答え​ます。

『だが,わたし​に​は,四​人​が​炉​の​中​を​歩い​て​いる​の​が​見える。しばら​れ​て​も​い​なけれ​ば,焼け​て​も​い​ない。しかも​四​番​め​の​者​は​神​の​よう​だ』と,王​は​言い​ます。王​は​炉​の​入口​に​近づい​て,『シャデラク,メシャク,アベデネゴ! 至高​の​神​の​しもべ​たち​よ,出​て​来​なさい』と,さけび​ます。

出​て​来​た​三​人​が​すこし​の​害​も​身​に​受け​て​い​ない​こと​は,だれ​の​目​に​も​明らか​です。すると,王​は​こう​言い​ます。『シャデラク,メシャク,アベデネゴ​の​神​が​ほめたたえ​られる​よう​に。その​神​は,三​人​が​自分​以外​の​神​に​身​を​かがめ​て​崇拝​し​なかっ​た​の​で,み使い​を​つかわし​て​三​人​を​救わ​れ​た​の​だ』。

これ​は,わたしたち​が​み​ならう​こと​の​できる,エホバ​に​対する​忠実​さ​の​りっぱ​な​手本​で​は​あり​ませ​ん​か。