内容へ

目次へ

 第​55​話

神に仕えた男の子

神に仕えた男の子

とても​かわいい​男​の​子​だ​と​思い​ませ​ん​か。この​子​の​名前​は​サムエル​です。サムエル​の​頭​に​手​を​置い​て​いる​の​は,イスラエル​の​大​祭司​の​エリ​です。サムエル​を​エリ​の​ところ​に​連れ​て​来​た​の​は,父親​の​エルカナ​と​母親​の​ハンナ​です。

サムエル​は​まだ​四つ​か​五つ​です。でも​サムエル​は​これ​から​エホバ​の​幕屋​で​エリ​や​ほか​の​祭司​たち​と​いっしょ​に​くらす​の​です。なぜ​エルカナ​と​ハンナ​は,サムエル​の​よう​に​幼い​子供​を,幕屋​で​エホバ​に​仕え​させる​の​でしょ​う。

ハンナ​が​とても​悲しん​で​い​た​の​は,それ​より​わずか​数​年​前​の​こと​でし​た。ハンナ​は​子供​が​とても​ほしかっ​た​の​です​が,産ま​れ​なかっ​た​から​です。それで,ある​日,ハンナ​は​エホバ​の​幕屋​へ​行っ​た​とき​に,こう​祈り​まし​た。『ああ,エホバ,どうか​わたくし​を​お忘れ​に​なら​ない​で​ください。もし​わたくし​に​男​の​子​を​お授け​くださる​なら,一生​あなた​に​お仕え​する​よう,その​子​を​あなた​に​さしあげる​こと​を​約束​いたし​ます』。

エホバ​は​ハンナ​の​祈り​に​お答え​に​なり,何​か月​か​し​て​ハンナ​は​サムエル​を​産み​まし​た。ハンナ​は​その​子​を​とても​かわいがっ​て,その​子​が​まだ​とても​小さい​とき​に,エホバ​の​こと​を​教え​はじめ​まし​た。ハンナ​は​夫​に​言い​まし​た。『サムエル​に​乳​を​飲ませ​なく​て​も​よく​なっ​たら,わたし​は​さっそく​あの​子​を​幕屋​に​連れ​て​行っ​て,エホバ​に​仕え​させ​ます』。

それで,この​絵​は​ハンナ​と​エルカナ​が​サムエル​を​幕屋​に​連れ​て​来​た​ところ​です。サムエル​は,両親​に​とても​よく​教え​られ​て​い​た​の​で,エホバ​の​天幕​で​エホバ​に​仕え​られる​こと​を​喜ん​で​い​ます。毎年​ハンナ​と​エルカナ​は​この​特別​な​天幕​で​崇拝​する​ため​に,また,自分​たち​の​幼い​子供​に​会う​ため​に​やっ​て​来​ます。毎年​ハンナ​は​サムエル​の​ため​に​新しい​そでなし​の​上着​を​作っ​て​持っ​て​来​ます。

来る年​も​来る年​も,サムエル​は​ずっ​と​エホバ​の​幕屋​で​仕え​つづけ​ます。そして,エホバ​から​も​人々​から​も​かわいがら​れ​ます。ところが,大​祭司​エリ​の​息子​の​ホフニ​と​ピネハス​は​良い​人​で​は​あり​ませ​ん。いろいろ​と​悪い​こと​を​し​て,他​の​人​を​も​エホバ​に​そむか​せ​ます。エリ​は​息子​たち​に​祭司​を​やめ​させる​べき​です​が,そう​し​ませ​ん。

幕屋​で​悪い​こと​が​行なわ​れ​て​い​て​も,その​ため​に​幼い​サムエル​が​エホバ​に​仕える​の​を​やめる,と​いう​こと​は​あり​ませ​ん。でも,エホバ​を​ほんとう​に​愛する​人​が​ほとんど​い​なかっ​た​の​で,エホバ​は​長い​あいだ​だれ​に​も​お話し​に​なっ​て​い​ませ​ん。サムエル​が​少し​大きく​なっ​た​とき​に,こんな​こと​が​起き​ます。

幕屋​で​ね​て​い​た​サムエル​は,ある​声​に​起こさ​れ​ます。サムエル​は,『わたし​は​ここ​に​おり​ます』と​答え,起き上がっ​て​エリ​の​ところ​へ​走っ​て​行き​ます。そして,『わたし​を​お呼び​に​なり​まし​た​ね。わたし​は​ここ​に​おり​ます』と​言い​ます。

でも,エリ​は,『わたし​は​呼ば​ない。もどっ​て​ね​なさい』と​言い​ます。それ​で​サムエル​は​もどっ​て​ね​ます。

すると,また,『サムエル!』と​いう​声​が​し​ます。サムエル​は​起き​て,また​エリ​の​ところ​へ​走っ​て​行き​ます。『わたし​を​お呼び​に​なり​まし​た​ね。わたし​は​ここ​に​おり​ます』と,サムエル​は​言い​ます。でも​エリ​は,『わが​子​よ,わたし​は​呼ば​なかっ​た。もどっ​て​ね​なさい』と​答え​ます。それ​で​サムエル​は​またも​どっ​て​ね​ます。

『サムエル!』と,三​度​め​の​声​が​し​ます。サムエル​は​エリ​の​ところ​へ​走っ​て​行っ​て,『わたし​は​ここ​に​おり​ます。こんど​こそ,あなた​は​わたし​を​お呼び​に​なっ​た​に​ちがい​あり​ませ​ん』と,言い​ます。エリ​は,呼ん​で​おら​れる​の​が​まちがい​なく​エホバ​で​ある​こと​が​わかっ​た​の​で,サムエル​に​こう​言い​ます。『もう​一度​ね​なさい。そして​また​呼ば​れ​たら,「エホバ​よ,お話し​ください。しもべ​は​聞い​て​おり​ます」と​言い​なさい』。

エホバ​が​また​お呼び​に​なっ​た​とき,サムエル​は​その​とおり​に​し​ます。エホバ​は​その​とき​サムエル​に,ご自分​が​エリ​と​その​息子​たち​に​ばつ​を​あたえる​つもり​で​ある​こと​を​お話し​に​なり​ます。のち​に,ホフニ​と​ピネハス​は​ペリシテ​人​と​の​戦い​で​死に​ます。その​こと​を​聞い​た​とき,エリ​は​あおむけ​に​た​おれ,首​を​折っ​て​死に​ます。こう​し​て,エホバ​の​言わ​れ​た​こと​が​その​とおり​に​なり​まし​た。

サムエル​は​おとな​に​なっ​て,イスラエル​の​最後​の​裁き人​に​なり​ます。サムエル​が​年老い​た​とき,人々​は,『わたしたち​を​治め​て​くれる​王​を​選​ん​で​ください』と,たのみ​ます。サムエル​は​そう​し​たく​あり​ませ​ん。ほんとう​は​エホバ​が​イスラエル​の​王​だ​から​です。でも,エホバ​は​サムエル​に,人々​の​言う​こと​を​聞き入れる​よう​に​と​おっしゃい​ます。