内容へ

目次へ

 第​23​話

ファラオのゆめ

ファラオのゆめ

二​年​が​たち​まし​た​が,ヨセフ​は​まだ​ろう屋​に​い​ます。酒​を​つぐ​人​は​ヨセフ​の​こと​を​思い出し​ませ​ん。する​とある​夜,ファラオ​は​二つ​の​たいへん​変わっ​た​ゆめ​を​見​ます。ファラオ​は,その​ゆめ​は​どう​いう​意味​だろ​う​と​考え​ます。あなた​は​ファラオ​が​そこ​に​ねむっ​て​いる​の​が​見え​ます​か。あくる​朝,ファラオ​は​知恵​の​ある​者​たち​を​呼び寄せ,ゆめ​の​中​で​見​た​こと​を​話し​ます。でも,その​人々​は​ゆめ​の​意味​を​王​に​告げる​こと​が​でき​ませ​ん。

さて,酒​を​つぐ​人​は,やっと​ヨセフ​の​こと​を​思い出し​ます。そして,ファラオ​に​こう​言い​ます。『わたし​が​ろう屋​に​おり​まし​た​とき,ゆめ​の​意味​を​説明​できる​男​が​い​まし​た』。ファラオ​は,ヨセフ​を​ただちに​ろう屋​から​連れ​て​来さ​せ​ます。

ファラオ​は,ヨセフ​に​自分​が​見​た​ゆめ​を​次​の​よう​に​話し​ます。『わたし​は,ふとっ​て​みごと​な​七​頭​の​め牛​を​見​た。それ​から,とても​やせ​て,骨​と​皮​ばかり​の​七​頭​の​め牛​を​見​た。すると,やせ​た​め牛​は,ふとっ​た​め牛​を​食べ​て​しまっ​た。

『二​番​め​の​ゆめ​で,わたし​は,実​の​つまっ​て​熟し​た​七つ​の​穂​が​一​本​の​穀物​の​くき​に​出​て​来る​の​を​見​た。それ​から,やせ​て​干からび​た​七つ​の​穂​を​見​た。やせ​た​穀物​の​穂​は​七つ​の​良い​穂​を​飲み込み​はじめ​た』。

ヨセフ​は​ファラオ​に​こう​言い​ます。『二つ​の​ゆめ​に​は​同じ​意味​が​あり​ます。七​頭​の​肥え​た​め牛​と​実​の​つまっ​た​七つ​の​穂​は​七​年​を​意味​し​て​い​ます。やせ​た​七​頭​の​め牛​と​やせ​た​七つ​の​穂​は​さらに​七​年​を​意味​し​て​い​ます。エジプト​に​七​年​間​豊作​が​あり​ます。それ​から​七​年​間​は​作物​が​ほとんど​実り​ませ​ん』。

それで,ヨセフ​は,ファラオ​に​次​の​よう​に​言い​ます。『だれ​か​知恵​の​ある​人​を​お選び​ください。そして,七​年​の​豊作​の​あいだ​に​食物​を​集める​仕事​を​その​人​に​お任せ​ください。そうすれば,次​の​七​年​間​に​作物​が​ほとんど​実ら​なく​て​も,人々​が​うえる​こと​は​あり​ませ​ん』。

ファラオ​は​その​考え​が​気​に​入り​ます。そして,食物​を​集め​て​たくわえ​させる​の​に​ヨセフ​を​選び​ます。ヨセフ​は​エジプト​で​ファラオ​の​次​に​重要​な​人​に​なり​ます。

八​年​後,ききん​の​最中​に,ヨセフ​は​数​人​の​人​が​やっ​て​来る​の​を​見​ます。あなた​は​その​人​たち​が​だれ​か​わかり​ます​か。なんと,それ​は​ヨセフ​の​10​人​の​兄​たち​で​は​あり​ませ​ん​か。父親​の​ヤコブ​が​兄​たち​を​エジプト​に​つかわし​た​の​です。故郷​の​カナン​に​は​食物​が​なくなっ​て​い​た​から​です。ヨセフ​は,それ​が​兄​たち​で​ある​こと​が​わかり​まし​た。でも,兄​たち​は​ヨセフ​だ​と​は​気づき​ませ​ん。なぜ​でしょ​う​か。ヨセフ​が​おとな​に​なっ​て​い​て,ちがっ​た​服そう​を​し​て​いる​から​です。

ヨセフ​は,子供​の​とき​に,兄​たち​が​自分​の​ところ​に​来​て​身​を​かがめる​ゆめ​を​見​た​こと​を​思い出し​ます。あなた​は​その​こと​を​おぼえ​て​い​ます​か。それ​で​ヨセフ​は,自分​を​エジプト​へ​来さ​せ​た​の​は​神​だっ​た​こと,そして,それ​に​は​十分​の​理由​が​あっ​た​こと​を​さ​とり​ます。ヨセフ​は​どう​すると​思い​ます​か。いっしょ​に​見​て​み​ましょ​う。