内容へ

目次へ

 第​69​話

少女が勇士を助ける

少女が勇士を助ける

この​少女​は​何​を​話し​て​いる​の​でしょ​う​か。少女​は​女​主人​に​エホバ​の​預言​者​エリシャ​の​こと​や,エリシャ​が​エホバ​の​助け​に​よっ​て​行なっ​た​ふしぎ​な​こと​を​話し​て​い​ます。その​女​主人​は,イスラエル​人​で​は​ない​の​で,エホバ​の​こと​を​知り​ませ​ん。それにしても,どうして​少女​は​その​人​の​家​に​いる​の​でしょ​う。

女​主人​は​シリア​人​です。この​人​の​夫​は,シリア​の​将軍​で​ある​ナアマン​です。シリア​軍​は​この​イスラエル​人​の​少女​を​つかまえ,ナアマン​の​妻​の​下女​に​し​まし​た。

ナアマン​は,らい病​と​いう​ひどい​病気​に​かかっ​て​い​ます。その​病気​に​なる​と,からだ​の​肉​が​くずれる​こと​さえ​あり​ます。それ​で​少女​は​ナアマン​の​妻​に​こう​話​し​て​いる​の​です。『ご主人様​が,イスラエル​に​いる​エホバ​の​預言​者​の​ところ​へ​行か​れる​と​よい​の​です​が。あの​方​は​ご主人様​の​らい病​を​治さ​れる​こと​でしょ​う』。あと​で​女​主人​は,少女​が​言っ​た​こと​を​夫​に​話し​ます。

ナアマン​は​ぜひ​治し​て​もらい​たい​と​思い,イスラエル​へ​行く​こと​に​し​ます。ナアマン​は​イスラエル​に​着く​と,エリシャ​の​家​へ​行き​ます。エリシャ​は​しもべ​を​つかわし​て,ヨルダン​川​で​七​回​からだ​を​洗う​よう​に,と​ナアマン​に​伝え​させ​ます。それ​を​聞い​た​ナアマン​は​とても​腹​を​立て,こう​言い​ます。『わたし​の​国​の​川​の​ほう​が,イスラエル​の​どんな​川​より​も​勝っ​て​いる』。そう​言っ​て​から,ナアマン​は​立ち去り​ます。

でも,ナアマン​の​しもべ​の​ひとり​は​こう​言い​ます。『ご主人様,もし​エリシャ​が,何​か​むずかしい​こと​を​する​よう​に​言っ​たら,それ​を​なさる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。では,エリシャ​の​言っ​た​よう​に,ただ​からだ​を​洗う​くらい​の​こと​は​なさっ​て​は​いかが​です​か』。ナアマン​は​しもべ​の​ことば​を​聞き入れ,出かけ​て​行っ​て​ヨルダン​川​に​七​回​つかり​ます。すると,ナアマン​の​肉​は​固まっ​て,元どおり​に​なり​ます。

ナアマン​は​とても​喜ん​で,エリシャ​の​ところ​へ​もどる​と,こう​言い​ます。『イスラエル​の​神​は,全地​で​ただ​おひとり​の​まこと​の​神​で​ある​こと​が,今​たしか​に​わかり​まし​た。それで,どうか,この​おくり物​を​受け取っ​て​ください』。でも,エリシャ​は,『いいえ,それ​は​けっこう​です』と​答え​ます。ナアマン​の​病気​は​エホバ​が​いやさ​れ​た​の​で,その​おくり物​を​受け取る​の​は​よく​ない​こと​を,エリシャ​は​知っ​て​い​まし​た。ところが,エリシャ​の​しもべ​の​ゲハジ​は,その​おくり物​が​ほしく​なり​ます。

それで,ゲハジ​は​じっさい​に​それ​を​得​よう​と​し​ます。ナアマン​が​立ち去っ​て​から,その​あと​を​追いかけ​て,『エリシャ​は​やっ​て​来​た​友だち​の​ため​に​おくり物​を​すこし​いただけ​ない​か,と​申し​て​い​ます』と​言い​ます。それ​は,もちろん,うそ​です。でも,ナアマン​は,それ​と​は​知ら​ず​に,ゲハジ​に​品物​を​わたし​ます。

ゲハジ​が​家​に​もどっ​た​とき,エリシャ​は​ゲハジ​の​し​た​こと​を​知っ​て​い​まし​た。エホバ​が​エリシャ​に​告げ​られ​た​の​です。それで,エリシャ​は​こう​言い​ます。『この​よう​な​悪い​こと​を​し​た​の​だから,ナアマン​の​らい病​が​あなた​に​取り付く​よう​に』。すると,たちまち​ゲハジ​は​らい病​に​なり​ます。

この​話​から​何​が​学べる​でしょ​う​か。まず,その​少女​の​よう​に,エホバ​の​こと​を​話さ​なけれ​ば​なら​ない​と​いう​こと​です。そう​する​こと​に​は​大きな​益​が​あり​ます。二​番​め​に,最初​ナアマン​が​そう​だっ​た​よう​に​ほこり​高ぶら​ない​で,神​の​しもべ​に​従う​べき​です​ね。三​番​め​に​は,ゲハジ​の​よう​に,うそ​を​つい​て​は​いけ​ない​と​いう​こと​が​わかり​ます​ね。聖書​を​読む​と​いろいろ​な​こと​が​学べ​ます​ね。