内容へ

目次へ

 第​76​話

エルサレムのほろび

エルサレムのほろび

ネブカデネザル​王​が,最高​の​教育​を​受け​た​イスラエル​人​すべて​を​バビロン​へ​連れ去っ​て​から​10​年​以上​たち​まし​た。ところで,これ​は​また​どう​し​た​こと​でしょ​う。エルサレム​が​焼き払わ​れ​て​い​ます。そして,殺さ​れ​なかっ​た​イスラエル​人​は,バビロン​へ​ほりょ​と​し​て​連れ​て​行か​れ​て​い​ます。

これ​こそ,人々​が​悪い​道​を​改め​ない​なら​起きる,と​エホバ​の​預言​者​たち​が​警告​し​て​い​た​こと​です。しかし,イスラエル​人​は​預言​者​たち​に​耳​を​かさ​ない​で,エホバ​の​かわり​に​いつわり​の​神々​を​ずっ​と​崇拝​し​つづけ​た​の​です。ですから,人々​が​ばつ​を​受ける​の​は​当然​です。神​の​預言​者​エゼキエル​は,イスラエル​人​が​どんな​悪い​こと​を​行なっ​て​い​た​か​を​しるし​て​い​ます​が,それ​を​読む​と​その​こと​が​わかり​ます。

エゼキエル​と​は​だれ​でしょ​う。エゼキエル​は,エルサレム​が​この​よう​に​ひどく​ほろぼさ​れる​10​年​あまり​前​に,ネブカデネザル​王​に​よっ​て​バビロン​へ​連れ​て​行か​れ​た​若者​たち​の​ひとり​です。その​とき,ダニエル​と​その​三​人​の​友だち​の​シャデラク,メシャク,アベデネゴ​も​バビロン​へ​連れ​て​行か​れ​まし​た。

エゼキエル​が​まだ​バビロン​に​い​た​とき,エホバ​は,故郷​の​エルサレム​の​神殿​で​起き​て​いる​良く​ない​事柄​を,エゼキエル​に​お見せ​に​なり​ます。エホバ​は​奇跡​に​よっ​て​それ​を​なさい​ます。エゼキエル​は​じっさい​に​まだ​バビロン​に​いる​の​です​が,エホバ​は​エルサレム​の​神殿​で​起き​て​いる​事柄​を​一つ​残らず​エゼキエル​に​お見せ​に​なり​ます。そして,エゼキエル​が​見る​もの​は,まったく​おどろく​よう​な​こと​です。

エホバ​は​エゼキエル​に​こう​おっしゃい​ます。『人々​が​神殿​で​行なっ​て​いる​に​くむ​べき​事柄​を​見​なさい。かべ​は,へび​や​その​ほか​の​絵​で​うま​っ​て​い​ます。見​なさい,イスラエル​人​たち​は​それら​を​崇拝​し​て​い​ます』。エゼキエル​は​それ​を​見る​こと​が​でき​ます。それで,起き​て​いる​こと​を​書きしるし​ます。

『イスラエル​人​の​指導​者​たち​が​ひそか​に​行なっ​て​いる​こと​が​見え​ます​か』と,エホバ​は​エゼキエル​に​おっしゃい​ます。たしか​に,エゼキエル​に​も​それ​が​見え​ます。70​人​が​い​て,その​人​たち​全部​が,『エホバ​は​わたしたち​を​見​て​い​ない。エホバ​は​この​地​を​捨て​られ​た』と​言っ​て,いつわり​の​神々​を​崇拝​し​て​い​ます。

それ​から​エホバ​は​エゼキエル​に,神殿​の​北​の​門​に​いる​女​たち​を​お見せ​に​なり​ます。その​女​たち​は​そこ​に​すわっ​て,いつわり​の​神​で​ある​タンムズ​を​崇拝​し​て​い​ます。それ​から,エホバ​の​神殿​の​入口​に​いる​あの​男​たち​は​どう​でしょ​う。25​人​ぐらい​い​ます。エゼキエル​が​見る​と,その​男​たち​は​東​の​方​を​向い​て​太陽​を​拝ん​で​いる​では​あり​ませ​ん​か。

『この​者​たち​は​わたし​を​うやまっ​て​い​ませ​ん。悪い​こと​を​行なっ​て​いる​だけ​で​は​なく​て,わたし​の​神殿​に​まで​来​て​悪い​こと​を​し​て​いる​の​です』と,エホバ​は​言わ​れ​ます。そこで,こう​おっしゃい​ます。『あの​者​たち​は,わたし​が​どれ​ほど​いかり​に​燃え​て​いる​か​を​必ず​思い知る​でしょ​う。あの​者​たち​が​ほろぼさ​れる​とき,わたし​は​かわいそう​に​思い​ませ​ん』。

エホバ​が​こう​し​た​事柄​を​エゼキエル​に​お見せ​に​なっ​て​から​わずか​三​年​ほど​のち​の​こと,イスラエル​人​は​ネブカデネザル​王​に​反逆​し​まし​た。それで,ネブカデネザル​は​イスラエル​人​を​せめて​行き​ます。一​年​半​の​のち,バビロニア​人​は​エルサレム​の​城へき​を​破り,町​を​焼きつくし​ます。たいてい​の​人​は​殺さ​れ​たり,バビロン​へ​ほりょ​と​し​て​連れ​て​行か​れ​たり​し​ます。

エホバ​は​なぜ,この​よう​な​ひどい​ほろび​が​イスラエル​人​に​臨む​の​を​お許し​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。そう​です,イスラエル​人​は​エホバ​に​聞き従わ​ず,その​律法​に​従わ​なかっ​た​から​です。この​こと​から,神​の​おっしゃる​こと​を​いつも​行なう​こと​が,どんな​に​大切​か​わかり​ます​ね。

最初,わずか​な​人々​は​イスラエル​の​地​に​とどまる​こと​が​許さ​れ​ます。ネブカデネザル​王​は,ゲダリヤ​と​いう​名前​の​ユダヤ​人​に​その​民​を​監督​さ​せ​ます。ところが,その​後,ある​イスラエル​人​たち​は​ゲダリヤ​を​殺し​た​の​です。その​よう​な​悪い​こと​が​起き​た​の​で,バビロニア​人​が​来​て​自分​たち​を​みな​ほろぼす​の​で​は​ない​か,と​人々​は​おそれ​ます。それで,エレミヤ​を​無理やり​連れ​て,エジプト​へ​にげ​ます。

その​ため​に,イスラエル​の​土地​に​は​人​が​だれ​も​い​なく​なり​ます。70​年​の​あいだ,そこ​に​は​だれ​も​住ま​ず,人け​が​まったく​絶え​て​しまい​ます。でも,エホバ​は,70​年​後​に​ご自分​の​民​を​その​土地​に​連れもどす​こと​を​約束​なさい​ます。いっぽう,バビロン​の​地​へ​連れ去ら​れ​た​神​の​民​は​どう​なっ​て​いる​でしょ​う​か。それ​を見​て​み​ましょ​う