内容へ

目次へ

 第​37​話

崇拝のための天幕

崇拝のための天幕

この​建物​は​何​でしょ​う。これ​は,エホバ​を​崇拝​する​ため​の​特別​な​天幕​で,幕屋​と​も​呼ば​れ​ます。イスラエル​人​たち​は,エジプト​を​出​て​から​一​年​のち​に​この​天幕​を​完成​し​まし​た。これ​を​作る​こと​は​だれ​の​考え​だっ​た​の​でしょ​う​か。

それ​は​エホバ​が​お考え​に​なっ​た​こと​でし​た。モーセ​が​シナイ​山​の​上​に​い​た​あいだ​に,エホバ​は,天幕​を​どの​よう​に​作る​か​を​モーセ​に​お告げ​に​なり​まし​た。エホバ​は,すぐ​に​くずし​て​たためる​よう​に​作り​なさい,と​おっしゃい​まし​た。ですから,天幕​を​ばらばら​に​し​た​もの​を​別​の​所​へ​運び,そこで​再び​組み立てる​こと​が​でき​まし​た。この​よう​に,イスラエル​人​は,こう野​を​あちこち​移動​する​とき​に,この​天幕​を​持ち運び​まし​た。

天幕​の​奥​の​小さな​部屋​の​中​を​見る​と,ひつ,つまり​大きな​箱​が​見え​ます。それ​は​けい約​の​箱​と​呼ば​れ​て​い​ます。けい約​の​箱​の​両はし​に​は,金​で​でき​た​ケルブ​と​いう​み使い​が​ひとつ​ずつ​置か​れ​て​い​ます。モーセ​が​十戒​の​書か​れ​た​石​の​板​を​割っ​て​しまっ​た​の​で,神​は​再び​二​枚​の​石​の​板​に​十戒​を​書きしるさ​れ​まし​た。その​石​の​板​は​けい約​の​箱​の​中​に​入れ​られ​まし​た。それ​から,マナ​の​はいっ​た​つぼ​も,その​中​に​入れ​られ​まし​た。マナ​と​は​何​か,おぼえ​て​い​ます​か。

モーセ​の​兄​の​アロン​は,エホバ​に​よっ​て​大​祭司​に​選ば​れ​ます。アロン​は,人々​が​エホバ​を​崇拝​する​の​を​指導​し​ます。アロン​の​息子​たち​も​祭司​です。

さて,天幕​の​大きい​ほう​の​部屋​を​見​て​ください。この​部屋​は​小さい​部屋​の​二​倍​の​広さ​が​あり​ます。けむり​が​立ちのぼっ​て​いる​小さな​箱​が​見え​ます​か。それ​は,祭司​たち​が,良い​かおり​の​する​香​と​いう​もの​を​たく,祭だん​です。それ​から,七つ​の​ともしび​が​ともる,しょく台​が​あり​ます。そして,その​部屋​に​ある​三​番​め​の​もの​は​机​です。机​の​上​に​は​12​個​の​パン​が​置か​れ​て​い​ます。

幕屋​の​庭​に​は,水​の​いっぱい​は​いっ​た​大きな​はち​の​よう​な​たらい​が​あり​ます。祭司​たち​は​物​を​洗っ​たり​する​の​に​それ​を​使い​ます。それ​から,大きな​祭だん​も​あり​ます。その​祭だん​で,エホバ​へ​の​ささげ物​の​動物​の​死体​が​焼か​れる​の​です。崇拝​の​ため​の​天幕​は​宿営​の​ちょうど​まん中​に​あっ​て,イスラエル​人​たち​は​その​まわり​に​天幕​を​張っ​て​住ん​で​い​ます。