内容へ

目次へ

 第​83​話

エルサレムの城へき

エルサレムの城へき

この​作業​の​様子​を​ごらん​なさい。イスラエル​人​たち​は​いっしょう​けんめい​に​城へき​を​築い​て​い​ます​ね。152​年​前​に​ネブカデネザル​王​が​エルサレム​を​ほろぼし​た​とき,城へき​と​町​の​門​は​くずさ​れ​て​焼か​れ​まし​た。バビロン​から​初めて​帰っ​た​とき,イスラエル​人​たち​は​城へき​を​建てなおし​ませ​ん​でし​た。

これ​まで​城へき​が​ない​まま​エルサレム​に​住ん​で​い​た​人々​は​どんな​気持ち​が​し​た​でしょ​う​ね。敵​は​たやすく​せめこん​で​来る​と​思う​と,人々​は​不安​でし​た。でも,この​絵​に​ある​よう​に,今​ネヘミヤ​と​いう​人​は,人々​が​城へき​を​建てなおす​の​を​助け​て​い​ます。あなた​は,ネヘミヤ​が​どんな​人​か​知っ​て​い​ます​か。

ネヘミヤ​は,モルデカイ​と​エステル​が​住ん​で​いる​シュシャン​の​都​から​来​た​イスラエル​人​です。ネヘミヤ​は​王​の​宮殿​で​働い​て​い​まし​た​から,モルデカイ​や​王妃​エステル​と​親しかっ​た​こと​でしょ​う。でも,聖書​に​は,ネヘミヤ​が​エステル​の​夫​で​ある​アハシュエロス​王​に​仕え​た​と​は​しるさ​れ​て​い​ませ​ん。ネヘミヤ​は,その​次​の​王​で​ある,アルタシャスタ​王​に​仕え​まし​た。

おぼえ​て​い​ます​ね。アルタシャスタ​は,エホバ​の​神殿​を​修理​する​ため​の,あの​よう​に​多く​の​お金​を​エズラ​に​あたえ​て,エルサレム​へ​持っ​て​行か​せ​た​良い​王​です。でも,エズラ​は​エルサレム​の​くずれ​た​城へき​を​建てなおし​ませ​ん​でし​た。では,ネヘミヤ​が​どうして​その​仕事​を​する​よう​に​なっ​た​か​を​お話し​し​ましょ​う。

アルタシャスタ​王​が​神殿​を​修理​する​お金​を​エズラ​に​あたえ​て​から,13​年​たち​まし​た。ネヘミヤ​は,アルタシャスタ​王​に​酒​を​つぐ​人​の​かしら​と​なっ​て​い​ます。つまり,ネヘミヤ​は,王​に​酒​を​つい​だり,その​中​に​毒​が​はいっ​て​い​ない​か​どう​か​を​たしかめ​たり​する,とても​たいせつ​な​仕事​を​し​て​いる​の​です。

さて,ある​日,イスラエル​から,ネヘミヤ​の​兄弟​の​ハナニ​と​ほか​の​人々​が​ネヘミヤ​に​会い​に​来​まし​た。その​人​たち​は,イスラエル​人​が​困っ​て​いる​こと​や,エルサレム​の​城へき​が​まだ​くずれ​た​まま​で​ある​こと​を​ネヘミヤ​に​話し​ます。それ​を​聞い​て,ネヘミヤ​は​とても​悲しみ,その​こと​に​つい​て​エホバ​に​祈り​ます。

ある​日,王​は,ネヘミヤ​が​悲し​そう​な​の​で,『どうして​そんな​に​悲し​そう​な​顔​を​し​て​いる​の​か』と​たずね​ます。ネヘミヤ​は,エルサレム​の​事情​が​良く​ない​ため,また,城へき​が​くずれ​て​いる​ため​です,と​告げ​ます。すると,王​は,『あなた​が​願い求め​て​いる​もの​は​何​か』と​たずね​ます。

『城へき​を​建てなおす​ため​に,わたし​を​エルサレム​へ​行か​せ​て​ください』と,ネヘミヤ​は​言い​ます。アルタシャスタ​王​は​たいへん​親切​な​王​で,ネヘミヤ​が​行く​こと​を​許し​ます。また,ネヘミヤ​が​建築​の​材木​を​手​に​入れる​の​を​助け​て​くれ​ます。ネヘミヤ​は,エルサレム​に​着い​て​ま​も​なく,自分​の​計画​を​人々​に​話し​ます。人々​は​その​考え​に​賛成​し​て,『さあ,建て​はじめ​ましょ​う』と​言い​ます。

イスラエル​人​の​敵​たち​は,城へき​が​できあがっ​て​いく​の​を​見​て,『せめて​行っ​て,あの​者​たち​を​殺し,建築​を​やめ​させ​よう』と​言い​ます。しかし,ネヘミヤ​は​それ​を​聞く​と,作業​を​し​て​いる​人​たち​に​つるぎ​と​やり​を​持たせ​ます。そして,『敵​を​おそれ​て​は​なり​ませ​ん。あなたがた​の​兄弟,子供​たち,妻​や​家​を​守る​ため​に​戦い​なさい』と​言い​ます。

人々​は​とても​勇敢​です。昼​も​夜​も​武器​を​用意​し​て,作業​を​続け​ます。こう​し​て,わずか​52​日​間​で​城へき​が​完成​し​ます。これ​で​人々​は,エルサレム​に​い​て​も​安心​です。ネヘミヤ​と​エズラ​は​人々​に​神​の​律法​を​教え,人々​は​喜び​ます。

しかし,イスラエル​人​が​ほりょ​と​し​て​バビロン​に​連れ​て​行か​れる​前​と,事情​は​異なっ​て​い​ます。イスラエル​人​は​ペルシャ​の​王​の​支配​を​受け​て​いる​の​で,その​王​に​仕え​なけれ​ば​なり​ませ​ん。でも,エホバ​は,新しい​王​を​つかわし​て​くださる​こと,そして,その​王​は​人々​に​平和​を​もたらす​方​で​ある​こと​を​約束​し​て​おら​れ​ます。その​王​と​は​だれ​でしょ​う。どの​よう​に​し​て​地上​に​平和​が​もたらさ​れる​の​でしょ​う​か。その​こと​に​つい​て,もっと​くわしく​わかる​よう​に​なっ​た​の​は,それ​から​450​年​ほど​たっ​て​から​の​こと​です。その​とき,ひとり​の​赤ちゃん​が​生ま​れ​まし​たが,それ​は​とても​重要​な​出来事​でし​た。でも,その​こと​は,あらためて​お話し​し​ましょ​う。