内容へ

目次へ

 第​88​話

ヨハネはイエスにバプテスマをほどこす

ヨハネはイエスにバプテスマをほどこす

この​男​の​人​の​頭​の​上​に,はと​が​まい降り​て​い​ます​ね。この​人​は​イエス​です。今​30​歳​くらい​です。イエス​の​そば​に​いる​の​は​ヨハネ​です。ヨハネ​の​こと​は​もう​いくらか​学び​まし​た。マリア​が​親族​の​エリサベツ​を​訪ね​た​とき,エリサベツ​の​おなか​の​中​の​赤ちゃん​が,喜ん​で​おどり​まし​た​ね。まだ​生ま​れ​て​い​なかっ​た​その​赤ちゃん​が,ヨハネ​だっ​た​の​です。ところで,ヨハネ​と​イエス​は​今​何​を​し​て​いる​の​でしょ​う。

ヨハネ​は​今​イエス​を,ヨルダン​川​の​水​に​ひたし​た​ところ​です。人​は​この​よう​に​し​て​バプテスマ​を​受ける​の​です。まず​水中​に​入れ​られ,それ​から​引き上げ​られる​の​です。ヨハネ​は​人々​に​バプテスマ​を​ほどこす​の​で,バプテスト​の​ヨハネ,と​呼ば​れ​て​い​ます。しかし,なぜ​ヨハネ​は​イエス​に​バプテスマ​を​ほどこし​た​の​でしょ​う​か。

それ​は​イエス​が​ヨハネ​の​ところ​に​来​て,バプテスマ​を​受け​させ​て​ほしい,と​言わ​れ​た​から​です。ヨハネ​は,悪い​こと​を​し​た​の​を​こうかい​し​て​いる​こと​を​表わし​たい​と​思っ​て​いる​人々​に,バプテスマ​を​ほどこし​ます。でも​イエス​は,こうかい​する​よう​な​悪い​こと​を​一度​で​も​なさっ​た​こと​が​ある​でしょ​う​か。いいえ,イエス​は​天​から​来​られ​た,神​ご自身​の​み子​です​から,そういう​こと​は​決して​あり​ませ​ん​でし​た。ですから​イエス​は,別​の​理由​が​あっ​て,ご自分​に​バプテスマ​を​ほどこす​こと​を,ヨハネ​に​お​たのみ​に​なっ​た​の​です。では,その​理由​が​何​で​あっ​た​か,調べ​て​み​ましょ​う。

ヨハネ​の​ところ​に​来る​前,イエス​は​大工​でし​た。大工​と​いう​の​は,材木​で,机​や​いす​や​ベンチ​など​を​作る​人​の​こと​です。マリア​の​夫​ヨセフ​は​大工​な​の​で,イエス​も​大工​に​なれる​よう​に,仕事​を​教え​まし​た。しかし,エホバ​は​み子​を​大工​に​する​ため​に​地上​に​つかわし​た​の​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​は​イエス​に​特別​の​仕事​を​おさせ​に​なる​の​です。そして,イエス​が​それ​を​お始め​に​なる​時​は​来​まし​た。それ​で​イエス​は,今​ご自分​が​父​の​ご意志​を​行なう​ため​に​来​た​こと​を​示す​目的​で,ご自分​に​バプテスマ​を​ほどこす​よう,ヨハネ​に​求め​られ​ます。この​こと​を​神​は​喜ん​で​おら​れる​でしょ​う​か。

たしか​に​喜ん​で​おら​れ​ます。なぜ​か​と​いう​と,イエス​が​水​から​上がら​れ​た​とき,『これ​は​わたし​の​子,わたし​の​喜ぶ​者​です』と​言う​声​が,天​から​聞こえ​て​き​た​から​です。また,天​が​開け​て,この​はと​が​イエス​の​上​に​下っ​て​来​た​よう​です。でも​それ​は,ほんとう​の​はと​で​は​あり​ませ​ん。はと​の​よう​に​見える​だけ​で,実​は​神​の​聖霊​な​の​です。

今​イエス​に​は​考える​こと​が​たくさん​あり​ます。それ​で​イエス​は,さびしい​場所​へ​行っ​て,40​日​の​あいだ​そこ​に​おら​れ​ます。その​イエス​の​ところ​へ​サタン​が​やっ​て​来​ます。サタン​は​三​度​も,神​の​律法​に​反する​こと​を,イエス​に​させ​よう​と​し​ます。でも​イエス​は​それ​を​行なお​う​と​は​され​ませ​ん。

その​あと,イエス​は​もどっ​て​来​られ​ます​が,その​とき​に​会っ​た​ある​人​たち​は,イエス​の​最初​の​追随​者,つまり​弟子​に​なり​ます。その​中​に,アンデレ,ペテロ(シモン​と​も​呼ば​れる),フィリポ,ナタナエル(バルトロマイ​と​も​呼ば​れる)と​いっ​た​人​たち​が​い​ます。イエス​と​この​新しい​弟子​たち​は,ガリラヤ​地方​に​向かっ​て​出発​し​ます。ガリラヤ​で​一行​は,ナタナエル​の​生ま​れ​故郷​カナ​に​たい在​し​ます。ここ​で​イエス​は​盛大​な​こんえん​に​行か​れ,最初​の​奇跡​を​行なわ​れ​ます。イエス​は​水​を​ぶどう​酒​に​変え​られる​の​です。