内容へ

目次へ

 第​110​話

テモテ ― パウロの新しい助け手

テモテ ― パウロの新しい助け手

パウロ​と​いっしょ​に​いる​この​青年​は​テモテ​です。テモテ​は​家族​と​いっしょ​に​ルステラ​に​住ん​で​い​ます。母親​の​名​は​ユニケ,祖母​の​名​は​ロイス​です。

パウロ​が​ルステラ​に​来​た​の​は,これ​で​三​度​め​です。一​年​ほど​前,パウロ​と​バルナバ​は​伝道​旅行​で​初めて​ここ​に​来​まし​た。そして,今​また​友だち​の​シラス​と​とも​に​もどっ​て​来​まし​た。

パウロ​は​テモテ​に​何​と​言っ​て​いる​の​でしょ​う。『シラス​や​わたし​と​いっしょ​に​行き​ませ​ん​か。遠い​国​の​人々​に​伝道​する​の​に,あなた​の​助け​は​とても​役立つ​と​思い​ます』と,パウロ​は​言っ​て​いる​の​です。

『はい,わたし​も​行き​たい​と​思い​ます』と,テモテ​は​答え​ます。その​後​ま​も​なく,テモテ​は​家族​の​もと​を​離れ,パウロ​や​シラス​と​とも​に​出かけ​ます。しかし,三​人​の​旅行​の​こと​を​取り上げる​前​に,今​まで​パウロ​に​どんな​こと​が​あっ​た​の​か​調べ​て​み​ましょ​う。ダマスカス​へ​行く​途中​で​イエス​が​パウロ​に​現われ​て​から,約​17​年​たち​まし​た。

イエス​の​弟子​たち​に​危害​を​加え​よう​と​し​て,パウロ​が​ダマスカス​へ​行っ​た​の​を,おぼえ​て​い​ます​ね。でも,今​は​パウロ​自身​が​イエス​の​弟子​に​なっ​て​い​ます。のち​に​なっ​て​一部​の​敵​は,パウロ​が​イエス​に​つい​て​教え​て​いる​事柄​を​きらっ​て,パウロ​を​殺す​計画​を​立て​ます。しかし,弟子​たち​は​パウロ​を​かご​に​入れ,町​の​城へき​の​外​へ​つり降ろし​て​にがし​ます。

その​後,パウロ​は​アンティオキア​へ​伝道​に​行き​ます。イエス​の​弟子​たち​が,初めて​クリスチャン​と​呼ば​れる​よう​に​なっ​た​の​は​ここ​です。それ​から​パウロ​と​バルナバ​が,アンティオキア​から​遠く​離れ​た​国々​に,伝道​旅行​に​送り出さ​れ​ます。ふたり​が​訪問​する​町​の​一つ​は,テモテ​の​郷里,ルステラ​です。

さて,一​年​ほど​し​て,パウロ​は​二​回​め​の​旅行​で​ルステラ​に​もどり​ます。こんど​テモテ​が,パウロ​や​シラス​と​いっしょ​に​出かける​ところ​は​どこ​でしょ​う​か。では​地図​を​見​て,いくつ​か​の​場所​を​たどっ​て​み​ましょ​う。

まず,かれら​は​近く​の​イコニオム​に​行き​ます。つぎ​に​二​番​め​の​都市​アンティオキア​に​行き​ます。その​あと​北​の​方​の​トロアス​に​向かっ​て​旅​を​し,さらに​フィリピ,テサロニケ,そして​ベレア​へ​行き​ます。地図​の​中​の​アテネ​が​わかり​ます​か。パウロ​は​ここ​で​伝道​し​ます。その​あと​かれら​は​コリント​で,一​年​半​を​伝道​に​費やし​ます。最後​に​エフェソス​で​ほんの​しばらく​とどまり,それ​から​船​で​カエサレア​に​もどり,北​の​アンティオキア​まで​行き,パウロ​は​そこ​に​とどまり​ます。

ですから​テモテ​は,何百​キロ​も​の​旅​を​し​て,パウロ​が「良い​たより」を​宣べ伝え,多く​の​クリスチャン​会衆​を​つくる​の​を,手伝い​まし​た。あなた​も​大きく​なっ​たら,テモテ​の​よう​な​忠実​な​神​の​しもべ​に​なり​ます​か。