内容へ

目次へ

 第​66​話

よこしまな王妃イゼベル

よこしまな王妃イゼベル

ヤラベアム​が​死ん​だ​あと,北​の​10​部族​の​イスラエル​王国​を​支配​し​た​の​は,悪い​王​ばかり​です。中​で​も​いちばん​悪い​の​は​アハブ​王​です。どうして​そんな​に​悪い​の​でしょ​う。それ​は​おもに​アハブ​の​妻​で,よこしま​な​王妃​イゼベル​の​せい​でし​た。

イゼベル​は​イスラエル​人​で​は​あり​ませ​ん。シドン​の​王​の​むすめ​です。イゼベル​は​バアル​と​いう​いつわり​の​神​を​崇拝​し​て​い​て,アハブ​や​多く​の​イスラエル​人​に​も​バアル​を​崇拝​さ​せ​ます。イゼベル​は​エホバ​が​きらい​な​の​で,エホバ​の​預言​者​を​たくさん​殺し​ます。その​ため,殺さ​れ​ない​よう​に,ほら穴​に​かくれる​人々​も​あり​ます。イゼベル​は,何​か​ほしい​もの​が​ある​と,人​を​殺し​て​でも​それ​を​手​に​入れる​よう​な​女​です。

ある​日,アハブ​王​は​たいへん​悲しん​で​い​まし​た。それ​で​イゼベル​は​アハブ​に,『きょう​は​どうして​ごきげん​が​悪い​の​です​か』と​たずね​まし​た。

『ナボテ​が​気​に​くわ​ない​こと​を​言っ​た​から​だ。わたし​はかれ​の​ぶどう​畑​を​買い​たい​と​思っ​た​が,ナボテ​は,それ​を​わたし​に​ゆずら​ない​と​言っ​た』と,アハブ​は​答え​ます。

『だいじょうぶ。わたし​が​その​畑​を​手​に​入れ​て​あげ​ます』と​イゼベル​は​言い​ます。

こう​し​て​イゼベル​は,ナボテ​と​いう​人​の​住ん​で​いる​町​の​おも立っ​た​人々​に​手紙​を​書き​ます。それ​に​は​こう​書か​れ​て​い​ます。『ならず者​たち​に,ナボテ​は​神​と​王​を​のろっ​た​と​言わせ​なさい。それ​から​ナボテ​を​町​から​連れ出し,石打ち​に​し​て​殺し​なさい』。

イゼベル​は,ナボテ​が​死ん​だ​こと​を​聞く​と​すぐ​に,『さあ,ぶどう​畑​を​取り​に​行き​なさい』と​アハブ​に​言い​ます。イゼベル​は,この​よう​に​おそろしい​こと​を​し​た​の​ですから,ばつ​を​受ける​べき​だ,と​あなた​も​思い​ませ​ん​か。

ですから,エホバ​は​やがて,イゼベル​を​ば​っ​する​ため​に,エヒウ​と​いう​人​を​つかわし​ます。エヒウ​が​来る​こと​を​聞く​と,イゼベル​は​目​を​化しょう​し,美しく​見える​よう​に​おしゃれ​を​し​ます。しかし,やっ​て​来​た​エヒウ​は,窓​に​イゼベル​が​見え​た​の​で,宮殿​に​仕え​て​いる​人々​に​向かっ​て,『その​女​を​投げ落とせ』と​言い​まし​た。宮殿​の​人​たち​は,この​絵​に​ある​よう​に,その​命令​に​従っ​て​イゼベル​を​投げ落とし​ます。イゼベル​は​死に​まし​た。これ​が​よこしま​な​王妃​イゼベル​の​最期​です。