内容へ

目次へ

 第​100​話

園の中のイエス

園の中のイエス

二​階​の​部屋​を​出​て​から,イエス​と​使徒​たち​は​ゲッセマネ​の​園​に​行き​ます。かれら​は​以前​ここ​に​何​度​も​来​た​こと​が​あり​まし​た。さて,イエス​は​使徒​たち​に,目​を​さまし​て​祈っ​て​い​なさい,と​言わ​れ​ます。そして​ご自分​は​すこし​はなれ​た​ところ​へ​行き,地​に​ひれふし​て​祈ら​れ​ます。

すこし​たっ​て,イエス​は​使徒​たち​の​ところ​に​もどら​れ​ます。使徒​たち​は​何​を​し​て​いる​でしょ​う​か。ねむっ​て​い​ます! 目​を​さまし​て​い​なさい,と​イエス​は​三​度​も​おっしゃい​ます​が,もどら​れる​たび​に,かれら​は​ねむっ​て​い​ます。それ​で​最後​に​おもどり​に​なっ​た​とき​に,イエス​は​おっしゃい​ます。『この​よう​な​時​に,あなたがた​は​どうして​ねむれる​の​です​か。わたし​が​敵​の​手​に​わたさ​れる​時​が​来​た​の​です』。

ちょうど​その​とき,群衆​の​ざわめき​が​聞こえ​て​き​ます。ほら,見​て​ごらん​なさい! 男​たち​が,つるぎ​や​棒​を​手​に​し​て​こちら​へ​やっ​て​来​ます。かれら​は​道​を​照らす​たいまつ​を​かかげ​て​い​ます。群衆​が​近く​まで​来る​と,その​中​から​ある​男​が​進み出​て,まっすぐ​に​イエス​の​ところ​へ​来​ます。そして​絵​に​ある​よう​に,イエス​に​口づけ​し​ます。その​男​は​ユダ​・​イスカリオテ​です。ユダ​は​なぜ​イエス​に​口づけ​する​の​でしょ​う。

『ユダ​よ,あなた​は​口づけ​を​し​て​わたし​を​裏切る​の​か』と,イエス​は​言わ​れ​ます。そう​です,口づけ​は​合図​な​の​です。ユダ​が​連れ​て​来​た​者​たち​は,その​口づけ​で​どれ​が​自分​たち​の​ねらっ​て​いる​イエス​で​ある​か​を​知り,ふみこん​で​イエス​を​とらえ​ます。しかし​ペテロ​は,イエス​を​むざむざ​と​敵​の​手​に​わたす​つもり​は​あり​ませ​ん。持っ​て​来​た​つるぎ​を​抜い​て,近く​に​い​た​男​に​うっ​て​かかり​ます。つるぎ​は​頭​を​はずれ​て​右​の​耳​を​切り落し​ます​が,イエス​は​手​を​その​男​の​耳​に​あて​て​いやさ​れ​ます。

イエス​は​ペテロ​に​おっしゃい​ます。『つるぎ​を​もと​に​納め​なさい。わたし​を​救う​何千​も​の​み使い​を​つかわし​て​くださる​よう,わたし​が​父​に​お願い​で​き​ない​と​でも​思っ​て​いる​の​です​か』。たしか​に​イエス​は​そう​なさる​こと​が​でき​ます。しかし,敵​に​とらえ​られる​時​が​来​た​こと​を​ご存じ​な​の​で,それ​を​なさい​ませ​ん。敵​に​引か​れる​まま​に​なっ​て​おら​れ​ます。こんど​は​どんな​こと​が​イエス​の​身​に​起こるの​でしょ​う​か,見​て​み​ましょ​う。