内容へ

目次へ

 第​14​話

神はアブラハムの信仰をためされる

神はアブラハムの信仰をためされる

アブラハム​は​ここ​で​何​を​し​て​いる​の​でしょ​う。ナイフ​を​持っ​て​い​ます。そして,いま​に​も​息子​を​殺そ​う​と​し​て​い​ます。いったい​どうして​そんな​こと​を​する​の​でしょ​う​か。では,まず,アブラハム​と​サラ​に​どうして​息子​が​でき​た​の​か​を​お話し​し​ましょ​う。

ふたり​に​息子​が​生ま​れる,と​神​が​約束​さ​れ​た​こと​を​思い出し​て​ください。でも,アブラハム​と​サラ​は​たいへん​年老い​て​い​た​の​で,それ​は​とても​起こり​そう​に​ない​こと​でし​た。しかし,アブラハム​は,とても​起こり​そう​に​ない​こと​で​も​神​に​は​おでき​に​なる,と​信じ​て​い​まし​た。それ​で​何​が​起き​まし​た​か。

神​が​約束​さ​れ​て​から​まる​一​年​たち​まし​た。アブラハム​が​100​歳,サラ​が​90​歳​の​とき​に,ふたり​の​あいだ​に​男​の​子​が​生まれ,その​子​は​イサク​と​名付け​られ​まし​た。

ところが,イサク​が​大きく​なっ​た​とき,エホバ​は​アブラハム​の​信仰​を​ためさ​れ​た​の​です。エホバ​は『アブラハム​よ』と​よび,かれ​に​こう​言わ​れ​まし​た。『あなた​の​息子,ひとり​息子​の​イサク​を​連れ​て,わたし​が​あなた​に​示す​山​へ​行き​なさい。そこで​息子​を​殺し,犠牲​と​し​て​ささげ​なさい』。

アブラハム​は​息子​を​たいへん​愛し​て​い​まし​た​から,それ​を​聞い​て​たいそう​悲しみ​まし​た。それ​に,アブラハム​の​子孫​は​カナン​の​地​に​住む,と​神​は​約束​な​さっ​て​い​た​では​あり​ませ​ん​か。では,イサク​が​死ん​だら,どう​なる​でしょ​う。アブラハム​に​は​わかり​ませ​ん​でし​た。それでも​アブラハム​は​神​に​従い​まし​た。

山​に​着く​と,アブラハム​は​イサク​を​しばっ​て,自分​が​築い​た​祭だん​に​置き​まし​た。それ​から​息子​を​殺そ​う​と​ナイフ​を​取り出し​まし​た。しかし,ちょうど​その​時​です,神​の​み使い​が,『アブラハム,アブラハム​よ!』と​呼ん​だ​の​です。『はい,ここ​に​おり​ます!』と​アブラハム​は​答え​まし​た。

神​は​言わ​れ​まし​た。『その​若者​を​傷付け​て​は​いけ​ませ​ん。その​若者​に​何​も​し​ない​よう​に。あなた​が​わたし​に​信仰​を​持っ​て​いる​こと​は​わかり​まし​た。あなた​は​自分​の​息子​を,しかも​ひとり​息子​を,わたし​に​差し出す​こと​を​ためらわ​なかっ​た​から​です』。

アブラハム​は​神​に​なんと​深い​信仰​を​持っ​て​い​た​の​でしょ​う。エホバ​に​でき​ない​こと​は​何​も​ない,エホバ​は​イサク​を​死人​の​中​から​生き返ら​せる​こと​さえ​おでき​に​なる,と​いう​こと​を​信じ​て​い​た​の​です。でも,アブラハム​が​イサク​を​殺す​こと​は​神​の​ご意志​で​は​なかっ​た​の​で,神​は,羊​が​近く​の​しげみ​に​ひっかかる​よう​に​させ,息子​の​かわり​に​その​羊​を​犠牲​に​する​よう​に,と​お命じ​に​なり​まし​た。