内容へ

目次へ

 第​90​話

井戸のそばで女の人に

井戸のそばで女の人に

イエス​は,サマリア​の​ある​井戸​の​そば​で​足​を​止め​て,休ん​で​おら​れ​ます。弟子​たち​は​食物​を​買い​に,町​へ​出かけ​て​い​ます。イエス​が​話しかけ​て​いる​女​は,ここ​に​水​を​くみ​に​来​まし​た。イエス​は​女​に,『水​を​飲ませ​て​ください』と​おっしゃい​まし​た。

これ​を​聞い​て​女​は​非常​に​おどろき​まし​た。なぜ​でしょ​う​か。イエス​は​ユダヤ​人​で,女​は​サマリア​人​だ​から​です。ほとんど​の​ユダヤ​人​は,サマリア​人​が​きらい​です。ユダヤ​人​は​サマリア​人​に​話しかけ​よう​と​さえ​し​ませ​ん。しかし,イエス​は​あらゆる​種類​の​人​を​愛し​て​おら​れ​ます。そこで​こう​言わ​れ​ます。『水​を​飲ませ​て​ください,と​あなた​に​たのん​で​いる​者​が​だれ​で​ある​か​を,もし​あなた​が​知っ​て​い​た​なら,あなた​は​その​人​に​求め​た​でしょ​う。そして​その​人​は​あなた​に​命​を​あたえる​水​を​あたえ​た​こと​でしょ​う』。

『でも,だんな​様,この​井戸​は​深い​の​です。それ​に​あなた​は​手おけ​さえ​持っ​て​いらっしゃい​ませ​ん。どこ​で​その​命​を​あたえる​水​を,手​に​お入れ​に​なる​の​です​か』と,女​は​言い​ます。

『この​井戸​の​水​を​飲め​ば,あなた​は​また​のど​が​かわく​でしょ​う。しかし,わたし​が​あたえる​水​は,人​を​永遠​に​生かす​の​です』と,イエス​は​説明​さ​れ​ます。

『だんな​様,その​水​を​わたくし​に​ください。そうすれば,わたくし​は​もう​かわく​こと​は​あり​ませ​ん。そして,もう​ここ​まで​水​を​くみ​に​来​なく​て​も​すみ​ます』と,女​は​言い​ます。

女​は,イエス​が​ほんとう​の​水​の​こと​を​言っ​て​おら​れる​の​だ,と​考え​て​い​ます。しかし,イエス​は​神​と​その​王国​に​関する​真理​に​つい​て​話​し​て​おら​れる​の​です。この​真理​は,命​を​あたえる​水​の​よう​です。人​に​永遠​の​命​を​あたえる​こと​が​でき​ます。

さて,イエス​は​女​に​言わ​れ​ます。『行っ​て,あなた​の​夫​を​呼ん​で​き​なさい』。

『わたくし​に​は​夫​は​あり​ませ​ん』と,女​は​答え​ます。

『あなた​の​答え​は​正しい。あなた​に​は​夫​が​五​人​あっ​た​が,今​あなた​が​いっしょ​に​住ん​で​いる​男​は,あなた​の​夫​で​は​ない​から​です』と,イエス​は​言わ​れ​ます。

女​は​おどろき​ます。それ​は​全部​ほんとう​の​こと​だ​から​です。なぜ​イエス​は​こう​し​た​こと​を​ご存じ​な​の​でしょ​う。なぜなら,イエス​は​神​が​おつかわし​に​なっ​た​約束​の​方​で​あり,神​が​こういう​情報​を​おあたえ​に​なる​から​です。この​とき,弟子​たち​が​もどっ​て​来​ます。そして,イエス​が​サマリア​の​女​と​話し​て​おら​れる​の​で,おどろき​ます。

以上​の​こと​から,わたしたち​は​何​を​学ぶ​でしょ​う​か。イエス​は,あらゆる​人種​の​人々​に​親切​で​ある​こと​が​わかり​ます。ですから​わたしたち​も,そう​で​なけれ​ば​なり​ませ​ん。ある​人々​の​こと​を,特定​の​人種​で​ある​と​いう​だけ​の​理由​で,あの​人​たち​は​悪い,と​考える​べき​で​は​あり​ませ​ん。イエス​は,すべて​の​人​が,永遠​の​命​に​導く​真理​を​知る​こと​を​願っ​て​おら​れ​ます。ですから​わたしたち​も,人々​が​真理​を​学ぶ​の​を​助け​たい​と​思わ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。