内容へ

目次へ

 第​96​話

イエスは病人を治す

イエスは病人を治す

イエス​は​国中​を​まわり​ながら,病人​を​治さ​れ​ます。この​奇跡​の​うわさ​は,いたるところ​の​村々,町々​に​伝わっ​て​い​ます。ですから​人々​は,手足​の​不​自由​な​人,盲人,耳​の​聞こえ​ない​人​など,多く​の​病人​を​イエス​の​ところ​に​連れ​て​来​ます。そして,イエス​は​そういう​人々​を​全部​治さ​れ​ます。

ヨハネ​が​イエス​に​バプテスマ​を​ほどこし​て​から,三​年​以上​たち​まし​た。イエス​は,ま​も​なく​ご自分​が​エルサレム​に​上り,そこで​殺さ​れ,それ​から​復活​する​こと​を,使徒​たち​に​お話し​に​なり​ます。それ​まで,イエス​は​引き続き​病人​を​治さ​れ​ます。

ある​とき​イエス​は,安息​日​に​教え​を​説い​て​おら​れ​まし​た。安息​日​と​いう​の​は​ユダヤ​人​の​休日​です。ここ​に​いる​女​の​人​は​ひどい​病気​に​かかっ​て​い​まし​た。18​年​も​の​あいだ,腰​が​曲がっ​た​まま​で,まっすぐ​に​立つ​こと​が​でき​ませ​ん​でし​た。それ​で​イエス​は​その​人​に​手​を​置か​れ​ます。すると​その​人​は​立ち​はじめ​ます。病気​が​治っ​た​の​です!

それ​で​宗教​指導​者​たち​は​おこり,『働く​日​は​六日​ある。治し​て​もらう​の​は​それら​の​日​に​する​が​よい。安息​日​に​は​だめ​だ』と,ひとり​が​群衆​に​向かっ​て​さけび​ます。

でも​イエス​は,『悪い​人​たち。あなたがた​は​みな,安息​日​に​ろば​を​解い​て,水​を​飲ませ​に​連れ​て​出る​では​あり​ませ​ん​か。それなら,18​年​間​病気​だっ​た​この​気​の​毒​な​女​を,安息​日​に​治し​て​やる​べき​でしょ​う』と​言わ​れ​ます。悪い​人​たち​は​恥じ入り​ます。

のち​ほど,イエス​と​使徒​たち​は,エルサレム​へ​向け​て​旅​を​し​ます。かれら​が​エリコ​の​町​を​出​た​ばかり​の​とき,盲目​の​こじき​が​ふたり,イエス​が​近く​を​通っ​て​おら​れる​と​聞き,『イエス​様,わたしたち​を​お助け​ください!』と​さけび​ます。

イエス​は​その​盲人​たち​を​呼ん​で,『わたし​に​何​が​し​て​ほしい​の​です​か』と,言わ​れ​ます。『主​よ,目​を​あけ​て​いただき​たい​の​です』と,かれら​は​言い​ます。イエス​が​かれら​の​目​に​さわる​と,かれら​は​すぐ​に​見える​よう​に​なり​ます。イエス​は​なぜ​こう​し​た​すばらしい​奇跡​を​たくさん​行なわ​れる​の​でしょ​う​か。それ​は,イエス​が​人々​を​愛し​て​おら​れ,人々​が​イエス​を​信じる​こと​を​願っ​て​おら​れる​から​です。ですから​わたしたち​は,イエス​が​王​と​し​て​治める​とき,地上​に​は,病気​の​人​が​ひとり​も​い​なく​なる,と​いう​こと​を​確信​できる​の​です。