内容へ

目次へ

 第​82​話

モルデカイとエステル

モルデカイとエステル

エズラ​が​エルサレム​へ​行く,数​年​前​に​もどり​ましょ​う。モルデカイ​と​エステル​は,ペルシャ​の​国​で​もっとも​地位​の​高い​イスラエル​人​です。エステル​は​王妃​です​し,その​いとこ​の​モルデカイ​は​王​の​次​の​位​に​あり​ます。どうして​そう​なっ​た​か​調べ​ましょ​う。

エステル​の​両親​は,エステル​が​幼い​時​に​死に​まし​た。それで,モルデカイ​が​エステル​を​育て​まし​た。ペルシャ​の​王,アハシュエロス​は​シュシャン​の​都​に​宮殿​を​持っ​て​い​ます。モルデカイ​は​王​の​しもべ​の​ひとり​です。さて,ある​日​の​こと,王妃​ワシテ​は,王​に​さからう​ふるまい​を​し​ます。そこで​王​は​新しい​妻​を​選​ん​で​王妃​に​し​ます。だれ​が​王妃​に​選ば​れ​た​と​思い​ます​か。そう​です,若く​て​美しい​エステル​です。

人々​に​おじぎ​を​させ​て​いる​高ぶっ​た​男​が​この​絵​の​中​に​い​ます​が,わかり​ます​か。それ​は​ハマン​です。ハマン​は​ペルシャ​で​とても​高い​位​に​いる​人​です。ハマン​は,すわっ​て​いる​モルデカイ​に​も,自分​に​おじぎ​を​させ​たい​の​です。ところ​が​モルデカイ​は​そう​し​よう​と​し​ませ​ん。モルデカイ​は,その​よう​な​悪人​に​おじぎ​を​する​の​を​正しい​こと​と​思わ​ない​の​です。ハマン​は​その​こと​を​たいへん​おこり​ます。それで,次​の​よう​な​こと​を​し​ます。

ハマン​は​イスラエル​人​に​つい​て​王​に​うそ​を​言い​ます。『あの​者​たち​は,あなた​の​法律​に​従わ​ない​悪い​者​たち​です。あの​者​たち​は​死刑​に​す​べき​です』と,ハマン​は​言い​ます。アハシュエロス​王​は,妻​の​エステル​が​イスラエル​人​だ​と​いう​こと​を​知り​ませ​ん。それで,王​は​ハマン​の​ことば​を​聞き入れ​て,決め​られ​た​日​に​すべて​の​イスラエル​人​を​殺せ​と​いう​法律​を​作ら​せ​ます。

モルデカイ​は​それ​を​聞い​て,たいへん​心​を​さわが​せ,『わたしたち​を​救っ​て​くださる​よう​ぜひ​王​に​たのん​で​ください』と,エステル​に​ことづけ​ます。招か​れ​ない​の​に​王​に​会い​に​行く​こと​は,ペルシャ​の​法律​に​反する​こと​です。でも,エステル​は​招か​れ​ず​に​王​の​ところ​へ​行き​ます。王​は​エステル​に​金​の​しゃく​を​差しのべ​ます。王​が​その​よう​に​すれ​ば,エステル​は​殺さ​れ​ませ​ん。エステル​は​王​と​ハマン​を​えん会​に​招待​し​ます。えん会​で​王​は​エステル​に​何​か​望み​が​ある​かたず​ね​ます。エステル​は​王​に,あす​も​ハマン​と​いっしょ​に​えん会​に​おい​で​いただけれ​ば,と​言い​ます。

翌日​の​えん会​の​とき,エステル​は​王​に,『わたし​の​民​と​わたし​は​殺さ​れ​よう​と​し​て​い​ます』と​告げ​ます。王​は​いかっ​て,『いったい​だれ​が​そんな​こと​を​し​よう​と​する​の​か』と​たずね​ます。

『その​敵,その​男​は​この​悪い​ハマン​です』と,エステル​は​言い​ます。

さて,王​は​すっかり​腹​を​立て,ハマン​を​殺せ,と​命じ​ます。その​あと,王​は​モルデカイ​を​自分​の​次​の​位​に​つけ​ます。それで,モルデカイ​は,新しい​法律​が​作ら​れる​よう​に​取り​は​からっ​て,イスラエル​人​が,殺さ​れる​こと​に​なっ​て​い​た​その​日​に​自分​たち​の​命​を​守る​ため​に​戦える​よう​に​し​ます。モルデカイ​が​その​よう​に​位​の​高い​人​に​なっ​た​の​で,多く​の​人​は​イスラエル​人​を​助け​ます。こう​し​て,イスラエル​人​は​敵​から​救わ​れ​ます。