内容へ

目次へ

 第​32​話

十の災い

十の災い

この​絵​を​見​て​ください。それぞれ​の​絵​は,エホバ​が​エジプト​に​下さ​れ​た​災い​を​示し​て​い​ます。最初​の​絵​は,アロン​が​ナイル​川​を​つえ​で​打っ​て​いる​ところ​です。アロン​が​その​よう​に​する​と,川​の​水​は,血​に​変わっ​て​しまい​まし​た。魚​は​死ん​で,ナイル​川​は​くさく​なり​はじめ​まし​た。

つぎ​に,エホバ​は​ナイル​川​から​かえる​を​上ら​せ​まし​た。かえる​は,かまど,なべ,人々​の​寝​どこ​など​あり​と​あらゆる​所​に​上り​まし​た。かえる​が​死ん​で,エジプト​人​たち​が​その​死がい​を​集め​た​ところ,それ​は​山​の​よう​に​なり​まし​た。エジプト​の​国​は​かえる​の​死がい​の​ため​に​くさく​なり​まし​た。

それ​から​アロン​は​つえ​で​地面​を​打ち​まし​た。すると,ちり​は​ぶよ​に​なり​まし​た。ぶよ​と​いう​の​は​小さな​飛ぶ​虫​で,人​を​さし​ます。ぶよ​は​エジプト​の​地​の​三​番​め​の​災い​に​なり​まし​た。

残り​の​災い​は,エジプト​人​だけ​に​のぞん​で,イスラエル​人​に​は​のぞみ​ませ​ん​でし​た。四​番​め​の​災い​で​は,あぶ​が​すべて​の​エジプト​人​の​家​に​群がり​まし​た。五​番​め​の​災い​は​動物​に​のぞみ​まし​た。エジプト​人​の​家畜,羊,やぎ​の​多く​が​死に​まし​た。

その​つぎ​に,モーセ​と​アロン​は,すす​を​取っ​て​空中​に​投げ​まし​た。それ​は,人間​や​動物​に​つい​て,はれ​もの​に​なり​まし​た。これ​は​六​番​め​の​災い​でし​た。

その​あと,モーセ​は​空​に​むかっ​て​手​を​上げ​まし​た。すると,エホバ​は​かみなり​を​起こし,ひょう​を​降らせ​まし​た。それ​は​エジプト​で​それ​まで​に​降っ​た​ひょう​の​うち​で​いちばん​ひどい​もの​でし​た。

八​番​め​の​災い​は​いなご​の​大群​でし​た。それ​以前​に​も​それ​以後​に​も,そんな​に​多く​の​いなご​が​出​た​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。いなご​は,ひょう​で​だめ​に​なら​なかっ​た​もの​を​すっかり​食べ​て​しまい​まし​た。

九​番​め​の​災い​は​暗やみ​でし​た。三​日​の​あいだ,こい​暗やみ​が​国​を​おおい​まし​た。でも,イスラエル​人​たち​が​住ん​で​い​た​所​に​は​光​が​あり​まし​た。

最後​に,神​は​ご自分​の​民​に,子やぎ​か​子羊​の​血​を,戸口​に​ある​柱​に​はねかける​こと​を​お命じ​に​なり​まし​た。それ​から​神​の​み使い​は​エジプト​を​通り過ぎ​まし​た。み使い​は,血​を​見​た​なら,その​家​の​人​を​殺し​ませ​ん​でし​た。しかし,戸口​の​柱​に​血​の​つい​て​い​ない​家​は​一​けん​も​見のがさ​ない​で,人間​と​動物​の​初子​を​殺し​まし​た。これ​が​10​番​め​の​災い​でし​た。

その​最後​の​災い​の​のち,ファラオ​は​イスラエル​人​に​出​て​行く​よう​に​命令​し​まし​た。神​の​民​は​出かける​用意​を​すっかり​整え​て​い​まし​た。そして,その​夜​に,イスラエル​人​は​そろっ​てエジプト​から​出​て行き​まし​た。