内容へ

目次へ

 第​113​話

ローマにいるパウロ

ローマにいるパウロ

パウロ​は​手​を​くさり​で​つなが​れ​て​い​ます​ね。そして​ローマ​の​兵士​が​パウロ​を​監視​し​て​い​ます。ローマ​に​いる​パウロ​は,囚人​の​身​です。パウロ​は,ローマ​の​カエサル​が​パウロ​を​どう​する​か​決める​まで,待っ​て​いる​の​です。パウロ​は​囚人​な​の​です​が,人々​は​パウロ​の​ところ​に​来る​こと​を​許さ​れ​て​い​ます。

ローマ​に​着い​て​から​三​日​たっ​て,パウロ​は​ユダヤ​人​の​おも​だっ​た​人​たち​に,会い​に​来る​よう​に​と,人​を​通し​て​伝え​ます。その​結果,ローマ​に​いる​ユダヤ​人​が​たくさん​やっ​て​来​ます。パウロ​は​その​人​たち​に,イエス​と​神​の​王国​に​つい​て​話​し​ます。ある​人々​は​信じ​て​クリスチャン​に​なり​ます​が,他​の​人々​は​信じ​ませ​ん

パウロ​は​また,見張り​の​兵士​に​も​伝道​し​ます。囚人​と​し​て​ここ​に​いる​二​年​の​あいだ,パウロ​は​できる​かぎり​すべて​の​人​に​伝道​し​ます。その​結果,カエサル​の​家​の​者​まで​が​王国​の​良い​たより​を​聞き,その​うち​の​いく​人​か​が​クリスチャン​に​なり​ます。

しかし,机​に​向かっ​て​書き物​を​し​て​いる​訪問​者​は​だれ​でしょ​う。あて​て​ごらん​なさい。そう​です,テモテ​です。テモテ​も,王国​の​こと​を​伝道​し​た​と​いう​理由​で,ろう屋​に​入れ​られ​て​い​た​の​です​が,また​自由​の​身​に​なり,パウロ​の​手伝い​を​する​ため​に​ここ​に​来​まし​た。テモテ​は​何​を​書い​て​いる​の​でしょ​う。では​調べ​て​み​ましょ​う。

第​110​話に​出​て​くる​フィリピ​と​エフェソス​の​町​を​おぼえ​て​い​ます​か。パウロ​は​それら​の​町​に,クリスチャン​会衆​を​つくる​こと​を​助け​まし​た。そして​ろう屋​に​入れ​られ​て​いる​今,それら​の​クリスチャン​に​手紙​を​書い​て​いる​の​です。その​手紙​は​聖書​の​中​に​おさめ​られ​て​い​て,エフェソス​人​へ​の​手紙,フィリピ​人​へ​の​手紙​と​呼ば​れ​て​い​ます。パウロ​は​今,フィリピ​に​いる​クリスチャン​の​友だち​に​書く​事柄​を,テモテ​に​告げ​て​いる​ところ​です。

フィリピ​の​人々​は​パウロ​に​とても​親切​でし​た。ろう屋​の​中​の​パウロ​に,物​を​送り届け​て​くれ​まし​た。それ​で​パウロ​は,感謝​の​ことば​を​述べ​て​いる​の​です。その​贈り物​を​持っ​て​来​た​の​は,エパフロデト​です。ところ​が​かれ​は​重い​病気​に​かかり,今​に​も​死ぬ​ほど​でし​た。でも​また​元気​に​なり,帰る​用意​を​し​て​い​ます。エパフロデト​は,フィリピ​に​もどる​とき​に,パウロ​と​テモテ​から​の​この​手紙​を​持っ​て​行く​の​です。

パウロ​は​ろう屋​に​いる​あいだ​に,もう​二​通​の​手紙​を​書き​ます。それ​も​聖書​に​のせ​られ​て​い​ます。一​通​は,コロサイ​の​町​の​クリスチャン​たち​に​あて​た​もの​です。それ​は​なんと​呼ば​れ​て​いる​でしょ​う​か。コロサイ​人​へ​の​手紙​です。もう​一​通​は,やはり​コロサイ​に​住ん​で​いる,フィレモン​と​いう​親しい​友だち​に​あて​た,個人​的​な​手紙​です。その​手紙​に​は,フィレモン​の​しもべ​オネシモ​の​こと​が​書か​れ​て​い​ます。

オネシモ​は,フィレモン​の​ところ​から​にげ​て​ローマ​に​来​まし​た。そして​パウロ​が​ろう屋​に​入れ​られ​て​いる​こと​を​知っ​て,たずね​て​来​ます。パウロ​は​オネシモ​に​伝道​し,やがて​オネシモ​も​クリスチャン​に​なり​ます。今​で​は,にげ​た​こと​を​こうかい​し​て​い​ます。パウロ​は,この​フィレモン​あて​の​手紙​に,どんな​こと​を​書く​でしょ​う​か。

パウロ​は,オネシモ​を​許す​よう​に,フィレモン​に​たのみ​ます。『わたし​はかれ​を,あなた​の​もと​に​送り返し​ます。しかし​今​かれ​は​あなた​の​しもべ​で​ある​だけ​で​は​あり​ませ​ん。りっぱ​な​クリスチャン​の​兄弟​で​も​ある​の​です』と​書き​ます。オネシモ​は​コロサイ​へ​もどる​とき​に,この​二​通​の​手紙​を​持っ​て​行き,一​通​を​コロサイ​の​人々​へ,もう​一​通​を​フィレモン​に​わたし​ます。自分​の​しもべ​が​クリスチャン​に​なっ​た​こと​を​知る​とき,フィレモン​が​どんな​に​喜ぶ​か,想像​でき​ます​ね。

パウロ​は,フィリピ​の​人々​と​フィレモン​に​手紙​を​書く​とき​に,良い​知らせ​を​持っ​て​い​ます。『わたし​は​あなたがた​の​もと​に​テモテ​を​行か​せ​ます』,『しかし,わたし​も​ま​も​なく,あなたがた​の​ところ​へ​行き​ます』と,フィリピ​の​人々​に​伝え,フィレモン​に​は,『そちら​に,わたし​の​とまる​ところ​を​用意​し​て​ください』と​書き​ます。

パウロ​は,釈放​さ​れる​と,多く​の​場所​の​クリスチャン​の​兄弟​姉妹​を​訪問​し​ます​が,のち​に​また​ローマ​で​投ごく​さ​れ​ます。こんど​は​殺さ​れる​こと​を​パウロ​は​知っ​て​い​ます。それ​で​テモテ​に​急い​で​来る​よう​手紙​で​たのみ​ます。『わたし​は​神​に​忠実​でし​た。ですから​神​は​報い​て​ください​ます』と,パウロ​は​書き​ます。パウロ​の​処けい​から​数​年​後​に,エルサレム​は​再び​破壊​さ​れ​ます。こんど​は​ローマ​人​が​破壊​し​ます。

でも,聖書​は​これ​で​終わる​の​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​神​は​使徒​ヨハネ​に,聖書​の​終わり​の​部分​を​書か​せ​ます。その​中​に​啓示​の​書​が​あり​ます。聖書​の​この​本​は,将来​の​こと​を​告げ​て​い​ます。では,将来​は​どの​よう​に​なるの​でしょ​う​か,調べ​て​み​ましょ​う。