内容へ

目次へ

 第​57​話

神はダビデを選ばれる

神はダビデを選ばれる

あなた​は​この​絵​を​見​て,どんな​こと​が​あっ​た​か​わかり​ます​か。少年​は​この​子羊​を​くま​から​救っ​た​の​です。くま​が​来​て​子羊​を​取っ​て​行き,食べ​よう​と​し​まし​た。でも,少年​は​その​あと​を​追いかけ​て,くま​の​口​から​子羊​を​助け​まし​た。くま​が​立ち上がっ​た​とき,少年​は​その​くま​を​つか​ん​で​打ち殺し​た​の​です。また,ある​時​は,一​ぴき​の​羊​を​ライオン​から​救い​まし​た。この​少年​は​勇敢​です​ね。これ​は​だれ​でしょ​う​か。

これ​は​少年​ダビデ​です。ダビデ​は​ベツレヘム​の​町​に​住ん​で​い​ます。ダビデ​の​おじいさん​は,ボアズ​と​ルツ​の​息子​の​オベデ​です。その​人​たち​の​こと​を​おぼえ​て​い​ます​か。ダビデ​の​父親​は​エッサイ​です。ダビデ​は​父親​の​羊​の​世話​を​し​て​い​ます。エホバ​が​サウル​を​選​ん​で​王​と​され​た​時​から​10​年​のち​に​ダビデ​は​生ま​れ​まし​た。

やがて,エホバ​は​サムエル​に​次​の​よう​に​おっしゃい​ます。『特別​な​油​を​取っ​て,ベツレヘム​の​エッサイ​の​家​に​行き​なさい。わたし​は​エッサイ​の​息子​の​ひとり​を​王​に​選び​まし​た』。サムエル​は,エッサイ​の​いちばん​年上​の​息子​の​エリアブ​を​見​て,『エホバ​が​お選び​に​なっ​た​の​は​この​者​に​ちがいない』と​ひとりごと​を​言い​ます。でも,エホバ​は​サムエル​に,『背​の​高さ​や​顔立ち​の​良さ​を​見​て​は​なり​ませ​ん。わたし​は​この​者​を​王​に​選ば​なかっ​た』と​おっしゃい​ます。

そこで​エッサイ​は,息子​の​アビナダブ​を​呼ん​で​サムエル​の​ところ​に​来さ​せ​ます。しかし,サムエル​は,『いや,エホバ​は​この​者​も​お選び​に​なっ​て​い​ない』と,言い​ます。つぎ​に,エッサイ​は​息子​の​シャンマ​を​来さ​せ​ます。『いや,かれ​も​エホバ​に​選ば​れ​た​者​で​は​ない』と,サムエル​は​言い​ます。エッサイ​は​サムエル​の​ところ​へ​七​人​の​息子​を​来さ​せ​まし​た​が,エホバ​は​その​うち​の​だれ​を​も​選ば​れ​ませ​ん​でし​た。『息子​さん​は​これ​で​全部​です​か』と​サムエル​が​たずね​ます。

『まだ,末​の​息子​が​い​ます​が,外​で​羊​の​世話​を​し​て​おり​ます』と​エッサイ​は​言い​ます。連れ​て​来​られ​た​ダビデ​は,美​少年​でし​た。『この​者​が​それ​です。かれ​に​油​を​注ぎ​なさい』と​エホバ​は​言わ​れ​ます。サムエル​は​その​とおり​に​し​ます。やがて,ダビデ​は​イスラエル​の​王​に​なり​ます。