内容へ

目次へ

 第​64​話

ソロモンは神殿を建てる

ソロモンは神殿を建てる

ダビデ​は,死ぬ​前​に,神​から​あたえ​られ​た​エホバ​の​神殿​の​建築​計画​を​ソロモン​に​さずけ​まし​た。ソロモン​は,その​支配​の​四​年​め​に​神殿​を​建て​はじめ​ます。それ​を​完成​する​の​に​七​年​半​かかり​ます。とても​大勢​の​人​が​その​仕事​を​し​まし​た。また,建築​の​費用​は​たいへん​多く​かかり​まし​た。神殿​に​金​と​銀​が​とても​たくさん​使わ​れ​た​から​です。

幕屋​と​同じ​よう​に,神殿​に​は​二つ​の​おも​な​部屋​が​あり​ます。でも,その​大きさ​は,幕屋​の​場合​より​二​倍​も​広く​なっ​て​い​ます。ソロモン​は,けい約​の​箱​を​神殿​の​奥​の​部屋​に​入れ​させ,幕屋​に​あっ​た​ほか​の​物​を​もう​一つ​の​部屋​に​入れ​させ​ます。

神殿​が​完成​する​と,大きな​祝い​が​行なわ​れ​ます。この​絵​に​ある​よう​に,ソロモン​は​神殿​の​前​で​ひざまずい​て​こう​祈り​ます。『天​全体​で​さえ​あなた​を​お入れ​する​こと​は​でき​ませ​ん。ですから,この​神殿​など​なおさら​です。しかし,わたし​の​神​よ,あなた​の​民​が​ここ​に​向かっ​て​祈る​とき,どうか​それ​に​耳​を​かたむけ​て​ください』。

ソロモン​が​祈り​終える​と,火​が​天​から​降っ​て​来​て,ささげ​られ​て​い​た​動物​の​犠牲​を​焼きつく​し​て​しまい​ます。そして,エホバ​から​来る​明るい​光​が​神殿​に​満ち​ます。それ​は,エホバ​が​聞い​て​おら​れる​こと,また,神殿​と,ソロモン​の​祈り​を​喜ん​で​おら​れる​こと​の​しるし​です。これ​から​は,人々​が​来​て​崇拝​を​行なう​場所​は,幕屋​で​なく​て​神殿​です。

ソロモン​は​長い​あいだ​良い​支配​を​行ない,人々​は​幸福​でし​た。ところが,ソロモン​は,エホバ​を​崇拝​し​ない​たくさん​の​外国​の​女​たち​と​結こん​し​ます。この​絵​で​は,その​ひとり​が​ぐう像​を​崇拝​し​て​い​ます​ね。ついに,妻​たち​は​ソロモン​に​も​ほか​の​神々​を​崇拝​さ​せ​ます。ソロモン​が​そう​する​よう​に​なる​と,どんな​こと​が​起き​た​と​思い​ます​か。ソロモン​は​残こく​に​なっ​て,もはや​人々​を​親切​に​あつかわ​なく​なり​ます。ですから,人々​は​不幸​に​なり​ます。

その​ため​に,エホバ​は​ソロモン​を​おいかり​に​なり,こう​おっしゃい​ます。『わたし​は​あなた​から​王国​を​取り去り,それ​を​ほか​の​人​に​あたえ​ます。あなた​の​生がい​中​に​は​し​ませ​ん​が,あなた​の​息子​が​治め​て​いる​あいだ​に​その​こと​を​し​ます。しかし,わたし​は​王国​の​人々​すべて​を​あなた​の​息子​から​取り去る​わけ​で​は​あり​ませ​ん』。では,どんな​こと​が​起き​た​の​か,見​て​み​ましょ​う。