内容へ

目次へ

 第​97​話

イエスは王として来る

イエスは王として来る

ふたり​の​盲目​の​こじき​の​目​を​治し​て​から​すこし​たっ​て,イエス​は​ベタニヤ​の​小さな​村​に​来​られ​ます。そして​ふたり​の​弟子​に​おっしゃい​ます。『村​に​は​いっ​て​いき​なさい。そう​する​と​子ろば​が​見つかり​ます。それ​を​ほどい​て,わたし​の​ところ​へ​連れ​て​来​なさい。

ろば​が​連れ​て​来​られる​と,イエス​は​それ​に​お乗り​に​なり​ます。そして,そこ​から​あまり​遠く​ない​エルサレム​へ​向かわ​れ​ます。町​の​近く​まで​来​られる​と,大勢​の​人​が​イエス​を​むかえ​に​出​ます。ほとんど​の​人​が​自分​たち​の​上着​を​ぬい​で​道​に​しき​ます。やし​の​枝​を​切り取る​人​たち​も​い​ます。人々​は​それら​も​道​に​しいて,『エホバ​の​名​に​よっ​て​来​られる​王​に,神​の​お恵み​が​あり​ます​よう​に!』と​さけび​ます。

ずっ​と​むかし,イスラエル​で​は,新しい​王​は​子ろば​に​乗っ​て​エルサレム​に​はいり,自分​を​人々​に​見せ​た​もの​です。イエス​が​今​し​て​おら​れる​の​は​その​こと​です。そして,この​人々​は,イエス​が​自分​たち​の​王​で​あっ​て​ほしい,と​いう​気持ち​を​示し​て​いる​の​です。しかし,全部​の​人​が​イエス​を​望ん​で​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。その​こと​は,イエス​が​神殿​に​行か​れる​とき​に​起きる​事​から​わかり​ます。

神殿​で​イエス​は,盲人​や​足​の​不​自由​な​人​たち​を​治さ​れ​ます。子供​たち​は​これ​を​見​て,大きな​声​で​イエス​を​ほめたたえ​ます。しかし,祭司​たち​は​これ​に​腹​を​立て,イエス​に​向かっ​て,『子供​たち​の​言っ​て​いる​こと​が​聞こえる​か』と​言い​ます。

『はい,聞こえ​ます。あなたがた​は,「神​は​小さな​子供​たち​の​口​から​賛美​を​もたらさ​れる」と​聖書​に​ある​の​を,読ん​だ​こと​が​ない​の​です​か』と,イエス​は​言わ​れ​ます。それ​で​子供​たち​は,神​の​王​を​たたえ​つづけ​ます。

わたしたち​も,この​子供​たち​の​よう​で​あり​たい​です​ね。ある​人々​は,神​の​王国​の​こと​を​話す​の​を​やめ​させ​よう​と​する​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,わたしたち​は​イエス​が​人々​の​ため​に​行なわ​れる​すばらしい​事柄​に​つい​て,他​の​人々​に​語り​つづけ​ます。

イエス​が​王​と​し​て​支配​を​お始め​に​なる​の​は,地上​に​おら​れ​た​とき​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。その​時​は​いつ​でしょ​う​か。イエス​の​弟子​は​それ​を​知り​たい​と​思っ​て​い​ます。この​こと​に​つい​て​は,の​お話​を​読み​ましょ​う。