内容へ

目次へ

 第​65​話

王国の分れつ

王国の分れつ

なぜ,この​人​は​自分​の​衣​を​ずたずた​に​引きさい​て​いる​の​でしょ​う​か。エホバ​から,そう​する​よう​に​言わ​れ​た​の​です。この​人​は​神​の​預言​者​アヒヤ​です。預言​者​と​は,これ​から​起ころ​う​と​する​こと​を​前もって​神​から​知らさ​れる​人​の​こと​です。

今,アヒヤ​は​ヤラベアム​に​話しかけ​て​い​ます。ヤラベアム​は,ソロモン​が​建築​工事​の​一部​を​任せ​た​人​です。アヒヤ​は,道​で​ヤラベアム​に​会う​と,きみょう​な​こと​を​し​ます。着​て​い​た​新しい​衣​を​ぬい​で,12​切れ​に​引きさい​た​の​です。そして,ヤラベアム​に,『自分​の​ため​に​10​切れ​を​取り​なさい』と​言う​の​です。なぜ​アヒヤ​が​ヤラベアム​に​10​切れ​を​あたえる​の​でしょ​う​か。

アヒヤ​は,エホバ​が​ソロモン​から​王国​を​取り去ろ​う​と​し​て​おら​れる​こと​を​説明​し​ます。そして,エホバ​は​ヤラベアム​に​10​部族​を​あたえ​よう​と​し​て​おら​れる​と​告げ​ます。ですから,ソロモン​の​息子​の​レハベアム​が​支配​する​の​は,残り​の​二​部族​だけ​に​なり​ます。

アヒヤ​が​ヤラベアム​に​話し​た​事柄​を​聞い​て,ソロモン​は​たいへん​腹​を​立て​ます。そして,ヤラベアム​を​殺そ​う​と​し​ます。しかし,ヤラベアム​は​エジプト​へ​にげ​ます。しばらく​し​て,ソロモン​は​死に​ます。ソロモン​は​40​年​の​あいだ​王​でし​た。でも,今​は​息子​の​レハベアム​が​王位​に​つき​ます。エジプト​に​い​た​ヤラベアム​は,ソロモン​が​死ん​だ​こと​を​聞き,イスラエル​に​もどっ​て​来​ます。

レハベアム​は​良い​王​で​は​あり​ませ​ん。父親​の​ソロモン​より​も,もっと​人々​に​意地悪く​あたり​ます。ヤラベアム​や​他​の​おも​だっ​た​人々​が​レハベアム​王​の​もと​に​行っ​て,人々​に​もっと​やさしく​する​よう​に​たのみ​まし​た​が,レハベアム​は​聞き入れ​ませ​ん。じっさい,レハベアム​は​以前​より​もっと​意地悪く​なり​ます。それで,人々​は​ヤラベアム​を​10​部族​の​王​に​し​ます。しかし,ベニヤミン​族​と​ユダ​族​の​二つ​は,引きつづき​レハベアム​を​王​と​し​て​かれ​に​仕え​ます。

ヤラベアム​は,自分​の​国民​が,エホバ​の​神殿​で​崇拝​する​ため​に​エルサレム​へ​行く​の​を​望み​ませ​ん。それで,二つ​の​金​の​子牛​を​作り,10​部族​の​国​の​人々​に​それ​を​崇拝​さ​せ​ます。ま​も​なく,その​国​は,犯罪​や​暴力​で​満ちる​よう​に​なり​ます。

二​部族​の​国​に​も​問題​が​あり​ます。レハベアム​が​王​に​なっ​て​から​五​年​も​たた​ない​うち​に,エジプト​の​王​が​エルサレム​を​せめて​来​た​の​です。エジプト​の​王​は​エホバ​の​神殿​から​たくさん​の​宝物​を​持ち去り​ます。ですから,神殿​が,建て​られ​た​時​の​まま​だっ​た​の​は,ほんの​わずか​な​期間​でし​た。