内容へ

目次へ

 第​24​話

ヨセフは兄たちをためす

ヨセフは兄たちをためす

ヨセフ​は,10​人​の​兄​たち​が​相変わらず​意地悪く,不​親切​か​どう​か​知り​たい​と​思い​ます。そこで​こう​言い​ます。『おまえ​たち​は​スパイ​だ。この​国​の​弱い​所​を​探ろ​う​と​し​て​来​た​の​だ』。

『いいえ,ちがい​ます。わたくしたち​は​正直​な​人間​です。わたくしたち​は​みな​兄弟​です。12​人​兄弟​な​の​です​が,ひとり​は​今​は​おら​ず,末​の​弟​は​父​と​いっしょ​に​家​に​おり​ます』と,兄​たち​は​言い​ます。

ヨセフ​は​兄​たち​の​ことば​を​信じ​ない​ふり​を​し​ます。そして​シメオン​と​いう​兄​を​ろう屋​に​とらえ​て​お​き,他​の​兄​たち​に​食物​を​持たせ​て​帰ら​せ​ます。ただし,ヨセフ​は,『もどっ​て​来る​とき,末​の​弟​を​いっしょ​に​連れ​て​来る​よう​に』と,兄​たち​に​命じ​ます。

兄​たち​は​カナン​の​家​に​帰る​と,起き​た​事柄​を​父親​の​ヤコブ​に​みな​話​し​ます。ヤコブ​は​悲しん​で,『ヨセフ​は​死ん​で​しまっ​て​いる​し,今度​は​シメオン​も​い​なく​なっ​た。おまえ​たち​に​末っ子​の​ベニヤミン​を​連れ​て​行か​せる​こと​など​とても​でき​ない』と​言っ​て​泣き​ます。しかし,食物​が​なくなっ​て​き​た​の​で,ヤコブ​は,食物​を​得る​ため​に,息子​たち​が​ベニヤミン​を​エジプト​へ​連れ​て​行く​の​を​許す​ほか​は​あり​ませ​ん。

さて,ヨセフ​は​兄弟​たち​が​やっ​て​来る​の​を​見​ます。そして,弟​の​ベニヤミン​を​見​て​たいへん​喜び​ます。兄弟​たち​は,その​重要​な​人物​が​ヨセフ​で​ある​こと​を,もちろん​知り​ませ​ん。さて,ヨセフ​は​10​人​の​兄​たち​を​ためす​ため​に​ある​こと​を​し​ます。

ヨセフ​は,兄​たち​の​袋​を​食物​で​一杯​に​する​よう​しもべ​たち​に​命じ​ます。そして,自分​の​大切​な​銀​の​さかずき​を​ベニヤミン​の​袋​に​そっと​入れ​させ​ます。兄弟​たち​が​そろっ​て​出発​し​て​道​を​しばらく​進ん​だ​ころ,ヨセフ​は​しもべ​たち​に​かれら​の​あと​を​追わ​せ​ます。しもべ​は​兄弟​たち​に​追いつく​と,こう​言い​ます。『なぜ​おまえ​たち​は​ご主人様​の​銀​の​さかずき​を​ぬすん​だ​の​か』。

『わたくし​ども​は​あの​かた​の​さかずき​を​ぬすん​だ​おぼえ​など​ござい​ませ​ん。もし,わたくしたち​の​中​で​その​さかずき​を​持っ​て​いる​者​が​おり​まし​たら,その​者​を​殺し​て​ください』と,兄弟​たち​は​口​を​そろえ​て​言い​ます。

そこで,しもべ​たち​が​全部​の​袋​を​調べる​と,この​絵​の​とおり,ベニヤミン​の​袋​の​中​に​さかずき​が​見つかり​ます。しもべ​たち​は,『みんな​は​帰っ​て​よい​が,ベニヤミン​は​わたしたち​と​いっしょ​に​来い』と​言い​ます。さて,10​人​の​異母​兄弟​たち​は​どう​し​ます​か。

みんな​は​ベニヤミン​と​いっしょ​に​ヨセフ​の​家​に​帰り​ます。ヨセフ​は​兄​たち​に,『おまえ​たち​みんな​は​帰っ​て​よい​が,ベニヤミン​は​わたし​の​どれい​と​し​て​ここ​に​残る​の​だ』と,言い​ます。

すると​ユダ​は​声​を​大きく​し​て​こう​言い​ます。『あの​子​を​連れ​ず​に​家​へ​帰っ​たら,あの​子​を​とても​かわいがっ​て​いる​父​は​死ん​で​しまう​でしょ​う。ですから,どうか,わたし​を​どれい​と​し​て​ここ​に​置き,あの​子​を​帰ら​せ​て​ください』。

ヨセフ​は,兄​たち​が​変化​し​た​こと​を​知り​ます。もう,意地​が​悪く​は​なく,不​親切​で​も​あり​ませ​ん。さて,ヨセフ​は​どう​するでしょ​う​か,見​て​み​ましょ​う。