内容へ

目次へ

 第​36​話

金の子牛

金の子牛

おや,おや,人々​は​いま​何​を​し​て​いる​の​でしょ​う。人々​は,子牛​に​向かっ​て​祈っ​て​いる​では​あり​ませ​ん​か。どうして​そんな​こと​を​し​て​いる​の​でしょ​う。

モーセ​が​長い​あいだ​山​へ​行っ​た​きり​帰っ​て​来​ない​の​で,人々​は​言い​ます。『モーセ​は​どう​なっ​て​しまっ​た​か​わから​ない。だから,この​土地​から​わたしたち​を​導き出し​て​くれる​神​を​作ろ​う​で​は​ない​か』。

『よろしい。みなさん​の​金​の​耳輪​を​わたし​の​ところ​へ​持っ​て​き​て​ください』と​アロン​は​言い​ます。そして,人々​が​持っ​て​き​た​金​の​耳輪​を​とかし​て,金​の​子牛​を​作り​ます。すると,人々​は,『これ​こそ,エジプト​から​導き出し​て​くださっ​た,わたしたち​の​神​だ!』と​言い,大きな​集まり​を​開い​て,金​の​子牛​を​崇拝​し​ます。

エホバ​は​それ​を​ごらん​に​なっ​て,たいへん​立腹​さ​れ​ます。それ​で​モーセ​に​こう​言わ​れ​ます。『いそい​で​山​を​降り​なさい。民​は​ひじょう​に​悪い​こと​を​し​て​い​ます。民​は​わたし​の​律法​を​わすれ​て,金​の​子牛​に​ひれふし​て​いる​の​です』。

モーセ​は​いそい​で​山​を​降り​ます。そして,近く​に​行っ​て​モーセ​が​見​た​の​は​この​よう​な​光景​です。人々​は​金​の​子牛​の​まわり​で​歌っ​たり,おどっ​たり​し​て​い​ます。モーセ​は​とても​おこっ​て,律法​の​書い​て​ある​二​枚​の​石​の​板​を​地面​に​投げ​ます。石​の​板​は​こなごな​に​くだけ​ます。それ​から​モーセ​は​金​の​子牛​を​取っ​て,と​か​し​ます。そして,それ​を​ひい​て​粉​に​し​ます。

人々​は​ほんとう​に​悪い​こと​を​し​まし​た。それ​で​モーセ​は​ある​男​たち​に,つるぎ​を​取る​よう​に​命令​し​ます。『金​の​子牛​を​崇拝​し​た​悪い​者​たち​は​死ぬ​の​です』と​モーセ​は​言い​ます。それで,3,000​人​が​その​男​たち​に​打た​れ​て​死に​ます。この​こと​から,ほか​の​いつわり​の​神々​で​は​なく,エホバ​だけ​を​崇拝​する​よう​気​を​つけ​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​こと​が​わかり​ます​ね。