内容へ

目次へ

 第​9​話

ノアは箱船を造る

ノアは箱船を造る

ノア​に​は​妻​と​三​人​の​息子​が​い​まし​た。息子​たち​の​名前​は​セム,ハム,ヤペテ​でし​た。息子​たち​に​は​それぞれ​妻​が​い​まし​た。ですから​ノア​の​家族​は​八​人​でし​た。

さて,神​は​ノア​に,大きな​箱船​を​造る​と​いう,変わっ​た​こと​を​お命じ​に​なり​まし​た。その​箱船​は,船​の​よう​に​大きく​て,長い​箱​の​よう​な​形​を​し​て​い​まし​た。『三​階​建て​に​し​て,中​に​部屋​を​作り​なさい』と,神​は​言わ​れ​まし​た。それ​は,ノア​と​その​家族​の​部屋,動物​たち​の​部屋,そして,人間​と​動物​の​ため​の​食物​を​入れ​て​おく​部屋​でし​た。

神​は​また,水​が​しみこま​ない​よう​に​箱船​を​仕上げ​なさい,と​ノア​に​お命じ​に​なり​まし​た。そして​こう​言わ​れ​まし​た。『わたし​は​大​洪水​を​起こし​て,全​世界​を​滅ぼす​つもり​です。箱船​の​中​に​い​ない​者​は​みな​死に​ます』。

ノア​と​息子​たち​は​エホバ​に​聞き従っ​て,船​を​造り​はじめ​まし​た​が,ほか​の​人​たち​は​笑っ​て​いる​だけ​でし​た。そして​相変わらず​悪い​こと​ばかり​し​て​い​まし​た。神​が​なさろ​う​と​し​て​いる​こと​を​ノア​から​聞い​て​も,だれひとり​信じ​ませ​ん​でし​た。

箱船​は​とても​大きかっ​た​の​で,それ​を​造る​ため​に​長い​時間​が​かかり,何​年​も​たっ​て​から​やっと​出来上がり​まし​た。すると​神​は,ノア​に,動物​たち​を​箱船​の​中​に​入れる​こと​を​お命じ​に​なり​まし​た。ある​種類​の​動物​を,おす​と​めす​二​ひ​き​ずつ,でも,別​の​いくつ​か​の​種類​の​動物​に​つい​て​は,七​ひ​き​ずつ​入れる​よう​に​と​ノア​に​命令​さ​れ​まし​た。また,いろいろ​の​種類​の​鳥​を​入れる​よう​に​とも​おっしゃい​まし​た。ノア​は​神​から​言わ​れ​た​とおり​に​し​まし​た。

あと​で,ノア​たち​も​箱船​に​は​いる​と,やがて​神​は​箱船​の​戸​を​閉じ​まし​た。箱船​の​中​で​ノア​たち​は​待ち​まし​た。あなた​が​ノア​たち​と​いっしょ​に​そこ​に​い​て,待っ​て​いる​ところ​を​想像​し​て​ごらん​なさい。神​が​おっしゃっ​た​とおり,洪水​は​ほんとう​に​起きるの​でしょ​う​か。