内容へ

目次へ

 第​84​話

み使いがマリアに現われる

み使いがマリアに現われる

この​きれい​な​女​の​人​は​マリア​です。マリア​は​イスラエル​人​で,ナザレ​と​いう​町​に​住ん​で​い​ます。神​は,マリア​が​とても​りっぱ​な​人​で​ある​こと​を​よく​ご存じ​です。だから,み使い​ガブリエル​を​つかわし​て,話​を​おさせ​に​なっ​た​の​です。ガブリエル​は​マリア​に​何​を​言い​に​来​た​の​でしょ​う​か。では​それ​を​調べ​て​み​ましょ​う。

「大いに​恵ま​れ​た​者​よ。エホバ​は​あなた​と​とも​に​い​ます」と,ガブリエル​は​言い​ます。マリア​は​この​人​を​一度​も​見​た​こと​が​なく,また​なぜ​そう​言う​の​か​わから​ない​の​で​心配​に​なり​ます。でも,ガブリエル​は,マリア​の​心配​を​すぐ​に​静め​て​くれ​ます。

『こわがる​こと​は​あり​ませ​ん,マリア。エホバ​は​あなた​の​こと​を​とても​喜ん​で​おら​れ​ます。だから,あなた​の​ため​に​すばらしい​事​を​なさる​の​です。あなた​は​ま​も​なく​子供​を​産み,その​子供​を​イエス​と​呼び​ます』と,ガブリエル​は​言い​ます。

そして​説明​を​続け​ます。『この​子供​は​偉大​な​者​と​なり,至高​の​神​の​子,と​呼ば​れ​ます。エホバ​は​その​子​を,ダビデ​が​王​で​あっ​た​よう​に,王​と​なさい​ます。でも,イエス​は​永遠​の​王​に​なり​ます。そして,その​王国​は​終わる​こと​が​あり​ませ​ん!』

そこで​マリア​は​たずね​ます。『どうして​そんな​こと​が​ある​の​でしょ​う​か。わたくし​は​結こん​さえ​し​て​い​ませ​ん​の​に。男​の​人​と​くらし​た​こと​が​ない​の​に,どうして​子供​を​持てる​の​でしょ​う​か』。

『神​の​力​が​あなた​に​臨む​の​です。ですから​その​子​は​神​の​子​と​呼ば​れ​ます』と,ガブリエル​は​答え,つぎ​に​こう​言い​ます。『あなた​の​親族​エリサベツ​の​こと​を​思い出し​て​ください。年​を​取りすぎ​て​いる​から​子供​は​産ま​れ​ない,と​人々​は​言っ​て​い​まし​た。でも,もう​すぐ​子​を​産み​ます。神​に​でき​ない​こと​は​一つ​も​ない​の​です』。

マリア​は​すぐ​に​言い​ます。『わたくし​は​エホバ​の​どれい​女​です。おっしゃっ​た​とおり​の​こと​が,わたくし​の​身​に​起き​ます​よう​に』。する​と​み使い​は​去り​ます。

マリア​は​急い​で​エリサベツ​の​ところ​に​行き​ます。エリサベツ​が​マリア​の​声​を​聞く​と,エリサベツ​の​おなか​の​中​の​子​は,喜ん​で​おどり​ます。エリサベツ​は​神​の​霊​に​満たさ​れ,マリア​に​言い​ます。『あなた​は​女​の​うち​で,特別​に​祝福​さ​れ​た​人​です』。マリア​は​三​月​ほど​エリサベツ​と​とも​に​過ごし,それ​から​ナザレ​の​家​に​もどり​ます。

マリア​は,ヨセフ​と​いう​人​と​ま​も​なく​結こん​する​ところ​です。でも​ヨセフ​は,マリア​に​子供​が​産ま​れる​と​知っ​て,自分​は​マリア​と​結こん​す​べき​で​は​ない,と​考え​ます。そこで​神​の​み使い​は​ヨセフ​に​言い​ます。『マリア​を​妻​に​する​こと​を​おそれ​て​は​なり​ませ​ん。マリア​に​子​を​さずけ​た​の​は​神​です』。そこで​マリア​と​ヨセフ​は​結こん​し,イエス​が​生ま​れるの​を​待ち​ます。