内容へ

目次へ

 第​78​話

手でかべに書かれた文字

手でかべに書かれた文字

これ​は​いったい​何事​でしょ​う。人々​は​大​えん会​の​まっ最中​です。バビロン​の​王​は​おも​だっ​た​人々​一千​人​を​招き​まし​た。人々​は,エルサレム​の​エホバ​の​神殿​から​うばっ​た,金​や​銀​の​さかずき,また,はち​を​使っ​て​い​ます。ところが,とつぜん,人​の​手​が​空中​に​現われ​て,その​指​が​かべ​に​文字​を​書き​はじめ​た​の​で,みんな​は​ぞっ​と​し​ます。

今​の​王​は,ネブカデネザル​の​孫​の​ベルシャザル​です。ベルシャザル​は​大声​で​さけん​で,知恵​者​たち​を​連れ​て​来さ​せ​ます。『だれ​で​も​よい,この​文字​を​読ん​で,その​意味​を​わたし​に​説明​できる​者​に​は,多く​の​ほうび​を​あたえ,この​国​で​三​番​め​に​重要​な​支配​者​に​し​よう』と,王​は​言い​ます。しかし,知恵​者​たち​の​中​に,かべ​の​文字​を​読ん​で​説明​できる​者​は​ひとり​も​い​ませ​ん。

王​の​母親​は​さわぎ​を​聞きつけ​て,えん会​の​大広間​に​やっ​て​来​ます。そして,王​に​次​の​よう​に​言い​ます。『どうか,そんな​に​おどろか​ない​で​ください。この​国​に​は​聖​なる​神々​を​知っ​て​いる​ひとり​の​人​が​い​ます。あなた​の​おじ​い​様​ネブカデネザル​が​王​で​あっ​た​とき,おじ​い​様​は​その​人​を​すべて​の​知恵​者​の​長​に​なさい​まし​た。その​人​は​ダニエル​です。ダニエル​を​お呼び​なさい。この​意味​を​ことごとく​説明​する​でしょ​う』。

そこで,さっそく​ダニエル​が​め​され​ます。ダニエル​は,ほうび​を​もらう​の​を​断わっ​て​から,エホバ​が​なぜ​ベルシャザル​の​おじいさん​の​ネブカデネザル​を,王座​から​退け​られ​た​か​を​話し​はじめ​ます。『ネブカデネザル​は​たいへん​高ぶっ​て​い​まし​た。それ​で​エホバ​に​ばっせ​られ​た​の​です』と,ダニエル​は​言い​ます。

そして,ベルシャザル​に​こう​言い​ます。『しかし,あなた​は,その​こと​を​ことごとく​ご存じ​です​の​に,あなた​も,ネブカデネザル​の​よう​に​高ぶっ​て​おら​れ​ます。あなた​は​エホバ​の​神殿​から​さかずき​や​はち​を​持っ​て​来​て,それ​で​酒​を​飲み​まし​た。あなた​は,木​や​石​で​作っ​た​神々​を​たたえ​て,偉大​な​創造​者​を​うやまい​ませ​ん​でし​た。それ​で​神​は​その​手​を​用い​て​この​文字​を​書か​せ​られ​た​の​です。

『こう​書か​れ​て​い​ます。メネ,メネ,テケル,ウ パルシン』と,ダニエル​は​説明​し​ます。

メネ​と​は,神​が​あなた​の​王国​の​日数​を​数え​て,それ​を​終わらせ​た​と​いう​意味​です。テケル​と​は,あなた​が​はかり​に​かけ​られ​て,不足​し​て​いる​こと​が​わかっ​た​と​いう​意味​です。ウ パルシン​と​は,あなた​の​王国​が​メディア​と​ペルシャ​に​あたえ​られる​と​いう​意味​です』。

ダニエル​が​話​し​て​いる​あいだ​に,メディア​人​と​ペルシャ​人​が​バビロン​に​せめて​来​まし​た。そして​バビロン​の​都​を​取っ​て,ベルシャザル​を​殺し​ます。かべ​に​書か​れ​た​事柄​は,その​夜​の​うち​に​ほんとう​に​なっ​た​の​です。ところで,イスラエル​人​は​どう​なる​の​でしょ​う。その​こと​は​もう​じき​わかり​ます​が,まず,ダニエル​が​どう​なっ​た​か見​て​み​ましょ​う。