内容へ

目次へ

 第​17​話

性質のちがったふた子

性質のちがったふた子

ここ​に​いる​ふたり​の​男​の​子​は​とても​ちがっ​て​い​ます​ね。あなた​は​この​ふたり​の​名前​を​知っ​て​い​ます​か。かり​を​し​て​いる​の​は​エサウ​で,羊​の​世話​を​し​て​いる​の​は​ヤコブ​です。

エサウ​と​ヤコブ​は,イサク​と​リベカ​の​ふた子​の​息子​でし​た。父親​の​イサク​は,エサウ​が​たいへん​好き​でし​た。エサウ​は​かり​が​じょうず​で,家族​の​ため​に​食べ物​を​取っ​て​来​た​から​です。でも,リベカ​は​ヤコブ​を​とても​かわいがり​まし​た。ヤコブ​は​おとなしく​て,おだやか​な​子供​だっ​た​から​です。

おじいさん​の​アブラハム​は​まだ​生き​て​い​まし​た。アブラハム​が​エホバ​に​つい​て​話す​の​を,ヤコブ​が​どれ​ほど​喜ん​で​聞い​た​か​想像​でき​ます​ね。アブラハム​は​ついに​175​歳​で​死に​まし​た。その​とき,ふた子​は​15​歳​でし​た。

エサウ​は​40​歳​に​なっ​た​とき​に,カナン​の​地​の​ふたり​の​女​と​結こん​し​まし​た。それ​は​イサク​と​リベカ​を​たいへん​悲しま​せ​まし​た。その​女​たち​は​エホバ​を​崇拝​し​て​い​なかっ​た​から​です。

そう​し​た​ある​日,エサウ​が​弟​の​ヤコブ​に​対し​て​たいへん​腹​を​立てる​こと​が​起き​まし​た。イサク​が​年上​の​息子​に​祝福​を​あたえる​べき​時​が​来​た​の​です​が,エサウ​は​ヤコブ​より​年上​だっ​た​の​で,自分​が​その​祝福​を​もらえる​もの​と​思っ​て​い​まし​た。でも,エサウ​は​それ​より​以前​に,祝福​を​受ける​権利​を​ヤコブ​に​売りわたし​て​い​た​の​です。それ​に,その​ふた子​が​生ま​れ​た​とき,神​は​ヤコブ​が​祝福​を​受ける​と​言わ​れ​まし​た。そして,その​とおり​に​なっ​た​の​です。イサク​は​息子​の​ヤコブ​に​祝福​を​あたえ​まし​た。

あと​で​その​こと​を​知っ​た​エサウ​は,ヤコブ​に​腹​を​立て​まし​た。たいへん​おこっ​て,ヤコブ​を​殺し​て​やる​と​さえ​言い​まし​た。それ​を​聞い​て,リベカ​は​とても​心配​し​まし​た。それで,リベカ​は​夫​の​イサク​に​こう​言い​まし​た。『もし​ヤコブ​も​カナン​の​女​と​結こん​し​たら,困っ​た​こと​に​なり​ます​わ』。

すると,イサク​は​息子​の​ヤコブ​を​呼ん​で​次​の​よう​に​言い​まし​た。『カナン​の​女​と​結こん​し​て​は​いけ​ない。ハラン​に​いる,おじいさん​の​ベトエル​の​家​へ​行き​なさい。そして,ベトエル​の​息子​ラバン​の​むすめ​と​結こん​し​なさい』。

ヤコブ​は​父親​の​ことば​に​従っ​て,親せき​の​いる​ハラン​まで​の​長い​旅に​さっそく​出かけ​まし​た。