内容へ

目次へ

 第​16​話

イサクは良い妻をむかえる

イサクは良い妻をむかえる

あなた​は​この​絵​の​中​の​女​の​人​が​だれ​だ​か​わかり​ます​か。この​人​の​名前​は​リベカ​です。そして,リベカ​が​会い​に​来​た​相手​の​男​の​人​は​イサク​です。リベカ​は​イサク​の​妻​に​なろ​う​と​し​て​いる​の​です。どうして​そういう​こと​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。

さて,イサク​の​父親​の​アブラハム​は,息子​の​ため​に​良い​よめ​を​むかえ​たい​と​思い​まし​た。そして,イサク​が​カナン​の​女​と​結こん​する​こと​を​望み​ませ​ん​でし​た。カナン​の​人々​は​いつわり​の​神々​を​崇拝​し​て​い​た​から​です。そこで​アブラハム​は​しもべ​を​呼ん​で,こう​言い​まし​た。『親せき​の​人​たち​が​住ん​で​いる​ハラン​へ​もどっ​て​行っ​て,息子​イサク​の​よめ​を​もらっ​て​き​て​は​くれ​ない​か』。

アブラハム​の​しもべ​は​ただちに​10​頭​の​ラクダ​を​連れ​て​長い​旅​に​出かけ​まし​た。アブラハム​の​親せき​が​住ん​で​い​た​場所​に​近づい​た​とき,井戸​の​ところ​で​止まり​まし​た。それ​は​夕方​ごろ​で,町​の​女​たち​が​井戸​に​水​を​くみ​に​来る​ころ​でし​た。それ​で​アブラハム​の​しもべ​は​次​の​よう​に​エホバ​に​祈り​まし​た。『わたし​と​ラクダ​の​ため​に​水​を​くん​で​くれる​女​の​人​こそ,あなた​が​イサク​の​妻​に​お選び​に​なる​人​で​あり​ます​よう​に』。

ま​も​なく​リベカ​が​水​を​くみ​に​やっ​て​来​まし​た。しもべ​が​リベカ​に​水​を​飲ませ​て​ほしい​と​言う​と,リベカ​は​水​を​くれ​まし​た。それ​から​リベカ​は,のど​の​かわい​て​いる​ラクダ​全部​に​飲ませる​水​を​くみ​に​行き​まし​た。ラクダ​は​とても​たくさん​水​を​飲み​ます​から,それ​は​たいへん​な​仕事​でし​た。

リベカ​が​それ​を​終える​と,アブラハム​の​しもべ​は​リベカ​に​父親​の​名前​を​たずね​まし​た。また,リベカ​の​家​に​一​晩​とめ​て​もらえる​か​どう​か​たずね​まし​た。リベカ​は,『わたし​の​父​は​ベトエル​です。わたし​の​家​に​は​とまっ​て​いただける​ところ​が​ござい​ます』と​言い​まし​た。アブラハム​の​しもべ​は,ベトエル​が​アブラハム​の​兄弟​の​ナホル​と​いう​人​の​息子​だ​と​いう​こと​を​知っ​て​い​まし​た。ですから,しもべ​は​ひざまずい​て,アブラハム​の​親せき​の​ところ​に​導い​て​くださっ​た​こと​を​エホバ​に​感謝​し​まし​た。

その​夜,アブラハム​の​しもべ​は,ベトエル​と​リベカ​の​兄弟​で​ある​ラバン​に,自分​が​やっ​て​来​た​わけ​を​話し​まし​た。ふたり​は,リベカ​が​その​しもべ​に​つい​て​行っ​て,イサク​と​結こん​し​て​も​よい​と​言い​まし​た。リベカ​は,行く​か​どう​か​聞か​れ​た​とき​に,なんと​答え​た​でしょ​う​か。『まいり​ます』と,リベカ​は​答え​まし​た。リベカ​は​行く​こと​を​望ん​だ​の​です。そこで,次​の​日​に,しもべ​と​リベカ​は​ラクダ​に​乗っ​て,カナン​まで​の​長い​旅​に​出かけ​まし​た。

ふたり​は​夕方​に​着き​まし​た。リベカ​は​ひとり​の​男​の​人​が​野原​を​歩い​て​いる​の​を​見​まし​た。それ​は​イサク​でし​た。イサク​は​リベカ​を​見​て​喜び​まし​た。母親​の​サラ​は​三​年​前​に​死​に,イサク​は​まだ​それ​を​悲しん​で​い​た​の​です。でも,イサク​は​リベカ​を​たいへん​愛する​よう​に​なっ​た​の​で,再び​幸福​に​なり​まし​た。