内容へ

目次へ

 第​39​話

アロンのつえに花がさく

アロンのつえに花がさく

この​つえ​に​は,熟し​た​アーモンド​の​実​と​花​が​つい​て​い​ます​ね。これ​は​アロン​の​つえ​です。アロン​の​つえ​は,たっ​た​ひと​晩​で​この​花​を​さか​せ,この​実​を​結ん​だ​の​です。では,その​わけ​を​調べ​て​み​ましょ​う。

イスラエル​人​が​こう野​を​さまよう​よう​に​なっ​て​から​しばらく​たち​まし​た。ある​人​たち​は,モーセ​が​指導​者​で​ある​こと​や,アロン​が​大​祭司​に​なっ​て​いる​の​が​おもしろく​あり​ませ​ん。コラ​が​そう​です​し,ダタン​と​か​アビラム,また​人々​の​長​で​ある​250​人​も​そう​思っ​て​い​まし​た。それら​の​人​たち​が​みな​で​モーセ​の​ところ​へ​やっ​て​来​て,『あなた​は,どう​いう​わけ​で,わたしたち​の​上​に​立つ​の​です​か』と​言い​ます。

モーセ​は​コラ​と,コラ​に​従う​人々​に​こう​言い​ます。『あす​の​朝,火ざら​を​取っ​て,それ​に​香​を​入れ​なさい。それ​から​エホバ​の​天幕​に​来​なさい。エホバ​が​だれ​を​お選び​に​なる​か​わかる​でしょ​う』。

次​の​日,コラ​と​コラ​に​従う​250​人​は​幕屋​に​やっ​て​来​ます。ほか​の​大勢​の​人​たち​も,コラ​たち​を​おうえん​する​ため​に​やっ​て​来​ます。エホバ​は​たいへん​おいかり​に​なり​ます。モーセ​は​こう​言い​ます。『あの​悪い​者​たち​の​天幕​から​離れ​なさい。かれら​の​もの​に​さわっ​て​は​なり​ませ​ん』。人々​は​その​ことば​に​従っ​て,コラ,ダタン,アビラム​の​天幕​から​離れ​ます。

つい​で​モーセ​は​言い​ます。『これ​に​よっ​て,あなたがた​は,エホバ​が​だれ​を​お選び​に​なっ​た​か​わかる​でしょ​う。地面​が​口​を​開い​て,この​悪い​者​たち​を​のみこむ​の​です』。

モーセ​が​語り​おえる​と​すぐ​に,地面​が​口​を​開き​ます。コラ​の​天幕​と​持ち物,ダタン,アビラム,それら​の​人​と​いっしょ​に​い​た​人々​は​そこ​に​落ち,地面​は​ふさがり​ます。地中​に​落ち​た​人々​の​さけび声​を​聞く​と,人々​は​大声​で,『にげろ! わたしたち​も​地​に​のみこま​れる​か​も​しれ​ない』と​言い​ます。

コラ​と​コラ​に​従う​250​人​は,まだ​幕屋​の​そば​に​い​ます。それで,エホバ​は,火​を​送っ​て​全員​を​焼きほろぼし​て​しまわ​れ​ます。それ​から,エホバ​は,アロン​の​息子​の​エレアザル​に,焼きほろぼさ​れ​た​者​たち​の​火ざら​を​集め​て,それ​で​祭だん​の​うすい​おおい​を​作る​よう​に​命令​さ​れ​ます。その​祭だん​の​おおい​は,アロン​と​その​息子​以外​は​だれ​も​エホバ​の​祭司​の​勤め​を​し​て​は​なら​ない​と​いう​こと​を,イスラエル​人​に​警告​する​もの​と​なり​ます。

さらに,エホバ​は,アロン​と​その​息子​たち​こそ​ご自分​が​祭司​に​選ん​だ​者​で​ある​こと​を​はっきり​さ​せ​たい​と​思わ​れ​まし​た。そこで,モーセ​に​次​の​よう​に​おっしゃい​まし​た。『イスラエル​の​各​部族​の​長​に,各自​の​つえ​を​持っ​て​来さ​せ​なさい。レビ​の​部族​から​は,アロン​に​つえ​を​持っ​て​来さ​せ​なさい。そして,それぞれ​の​つえ​を​幕屋​の​けい約​の​箱​の​前​に​置き​なさい。わたし​が​祭司​に​選ん​だ​人​の​つえ​に​は​花​が​さき​ます』。

次​の​朝,モーセ​が​見​て​みる​と,どう​でしょ​う,アロン​の​つえ​に​は,この​絵​の​よう​に,花​が​さい​て,熟し​た​アーモンド​の​実​が​なっ​て​いる​では​あり​ませ​ん​か。エホバ​が​なぜ,アロン​の​つえ​に​花​が​さく​よう​に​なさっ​た​か,これ​で​わかっ​た​でしょ​う。