内容へ

目次へ

 第​42​話

ものを言ったろば

ものを言ったろば

あなた​は,ろば​が​話す​の​を​聞い​た​こと​が​あり​ます​か。『いいえ。動物​は​話す​こと​が​でき​ませ​ん』と​答える​でしょ​う。でも,聖書​に​は,もの​を​言っ​た​ろば​の​こと​が​出​て​いる​の​です。どうして​その​よう​な​こと​が​起き​た​の​か​調べ​て​み​ましょ​う。

イスラエル​人​は,あと​すこし​で​カナン​の​地​へ​はいる​と​いう​ところ​まで​来​て​い​ます。モアブ​の​王​バラク​は​イスラエル​人​を​おそれ​て​い​ます。そこで​バラク​は,イスラエル​人​を​のろっ​て​もらう​ため​に,バラム​と​いう,ぬけめ​の​ない​人​を​呼び​に​やり​ます。バラク​は​バラム​に,たくさん​の​お金​を​あたえ​よう,と​約束​し​ます。そこで​バラム​は​ろば​に​乗り,バラク​に​会う​ため​に​出かけ​て​行き​ます。

エホバ​は​バラム​に​ご自分​の​民​を​のろわ​せ​たく​ない​の​で,長い​つるぎ​を​持っ​た​み使い​を​送っ​て​道​に​立た​せ,バラム​が​行く​の​を​止め​させ​ます。バラム​に​は​み使い​が​見え​ませ​ん​が,ろば​に​は​見え​ます。それで,ろば​はし​きり​に​み使い​を​よけ​よう​と​し​て,ついに​道​に​うずくまっ​て​しまい​ます。バラム​は​おこっ​て,棒​で​ろば​を​たたき​ます。

すると​エホバ​は,ろば​が​次​の​よう​に​話す​の​を​バラム​が​聞く​よう​に​され​ます。『わたし​は,あなた​に​たたか​れる​よう​な​どんな​こと​を​し​まし​た​か』。

『おまえ​は​わたし​を​ばか​に​し​て​いる。つるぎ​が​あっ​たら,殺し​て​やる​ん​だ​が』と,バラム​は​言い​ます。

『わたし​が​今​まで​あなた​に​この​よう​な​こと​を​し​まし​た​か』と,ろば​が​たずね​ます。

『いや,なかっ​た』と,バラム​が​答え​ます。

すると,エホバ​は,つるぎ​を​持っ​て​道​に​立っ​て​いる​み使い​が​バラム​に​見える​よう​に​され​ます。み使い​は​こう​言い​ます。『あなた​は,なぜ​ろば​を​たたい​た​の​です​か。わたし​は,あなた​の​道​を​ふさぐ​ため​に​来​まし​た。あなた​は​イスラエル​を​のろい​に​行く​べき​で​は​ない​から​です。もし,あなた​の​ろば​が​わたし​を​よけ​なかっ​た​なら,わたし​は​あなた​を​打っ​て​殺し,ろば​の​ほう​に​は​何​も​し​なかっ​た​でしょ​う』。

バラム​は,『わたし​は​罪​を​犯し​まし​た。あなた​が​道​に​立っ​て​おら​れる​の​を​知り​ませ​ん​でし​た』と​言い​ます。み使い​は​バラム​を​行か​せ​ます。バラム​は​バラク​に​会い​に​行き,なおも​イスラエル​を​のろお​う​と​し​ます。ところが,エホバ​は,そのかわり​に,バラム​が​イスラエル​を​三​度​祝福​する​よう​に​なさい​ます。