内容へ

目次へ

 第​53​話

エフタの約束

エフタの約束

あなた​は,ある​約束​を​し​て,あと​で​それ​を​守る​の​を​むずかしく​感じ​た​こと​が​あり​ます​か。この​絵​の​人​の​場合​は​そう​でし​た。それ​で​この​人​は​とても​悲し​そう​な​顔​を​し​て​いる​の​です。この​人​は,エフタ​と​いう,イスラエル​の​勇敢​な​裁き人​です。

エフタ​は,イスラエル​人​が​もはや​エホバ​を​崇拝​し​なく​なっ​て​い​た​時代​の​人​です。イスラエル​人​は​再び​悪い​こと​を​行なっ​て​い​ます。それで,エホバ​は​アンモン​の​人々​が​イスラエル​人​を​苦しめる​の​を​許さ​れ​ます。その​ため​に,イスラエル​人​は,『わたしたち​は​あなた​に​罪​を​犯し​まし​た。どうか,わたしたち​を​助け​て​ください』と​エホバ​に​さけび​求め​ます。

人々​は,自分​たち​が​悪い​こと​を​し​た​の​を​こうかい​し​ます。そして,再び​エホバ​を​崇拝​する​こと​に​よっ​て,こうかい​し​て​いる​こと​を​示し​ます。そこで​エホバ​は​もう​一度​イスラエル​人​を​救わ​れ​ます。

人々​は,悪い​アンモン​人​と​戦う​人​と​し​て​エフタ​を​選び​ます。エフタ​は,戦い​の​時​に​助け​て​ください,と​エホバ​に​いっしょう​けんめい​お願い​し​ます。そして,エホバ​に​次​の​よう​な​約束​を​し​ます。『もし,あなた​が​アンモン​人​に​対し​て​勝利​を​得​させ​て​くださっ​たら,わたし​が​戦い​に​勝っ​て​家​に​帰っ​た​とき​に,最初​に​家​から​出​て​来​て​わたし​を​むかえる​者​を​あなた​に​ささげ​ます』。

エホバ​は​エフタ​の​約束​を​聞き入れ​て,エフタ​が​戦い​に​勝てる​よう​に​助け​ます。エフタ​が​家​に​帰る​とき,だれ​が​最初​に​出​て​来​て​むかえる​でしょ​う​か。それ​は​エフタ​の​むすめ​です。エフタ​の​たっ​た​ひとり​の​子供​です。『ああ,むすめ​よ。おまえ​は​なんと​わたし​を​悲しま​せる​の​だ。だが,わたし​は​エホバ​に​約束​し​た​以上,それ​を​取り消す​わけ​に​は​いか​ない』と​言っ​て​エフタ​は​泣き​ます。

エフタ​の​むすめ​は,父親​の​約束​の​こと​を​聞い​た​とき,やはり​悲しみ​ます。なぜなら,お父さん​や​友だち​と​別れ​なけれ​ば​なら​ない​から​です。でも,シロ​に​ある​エホバ​の​幕屋​で​一生​の​あいだ​エホバ​に​奉仕​する​の​です。それで,むすめ​は​父親​に​こう​言い​ます。『エホバ​に​約束​なさっ​た​の​でし​たら,それ​を​お守り​に​なら​なけれ​ば​いけ​ませ​ん​わ』。

こう​し​て​エフタ​の​むすめ​は​シロ​に​行き,一生​の​あいだ​幕屋​で​エホバ​に​奉仕​し​ます。イスラエル​の​女​たち​は​年​に​四​日,幕屋​に​いる​その​むすめ​を​訪問​し​て,いっしょ​に​楽しく​過ごし​ます。エフタ​の​むすめ​は,エホバ​の​とても​良い​しもべ​な​の​で,人々​から​愛さ​れ​ます。