内容へ

目次へ

 第​92​話

イエスは死者を生き返らせる

イエスは死者を生き返らせる

この​少女​は​12​歳​です。イエス​は​少女​の​手​を​お持ち​に​なり,母親​と​父親​は​そば​に​立っ​て​い​ます。どうして​みんな​うれし​そう​な​顔​を​し​て​いる​の​でしょ​う。では​調べ​て​み​ましょ​う。

少女​の​父親​は​ヤイロ​と​いっ​て,高い​地位​に​ある​人​です。ある​日,この​人​の​むすめ​は​病気​に​なり,床​に​つき​ます。しかし,すこし​も​よく​なり​ませ​ん。病気​は​重く​なる​ばかり​です。かわいい​むすめ​が​死​に​そう​な​様子​な​の​で,ヤイロ​と​その​妻​は​ひどく​心配​し​ます。少女​は​ひとりむすめ​な​の​です。ヤイロ​は​イエス​を​さがし​に​行き​ます。イエス​が​奇跡​を​行なっ​て​おら​れる​こと​を​聞い​た​から​です。

ヤイロ​が​イエス​を​見つけ​た​とき,イエス​の​まわり​に​は​大勢​の​群衆​が​い​まし​た。それでも​ヤイロ​は​群衆​の​中​を​通り抜け,イエス​の​足下​に​ひれふし​ます。『わたくし​の​むすめ​が​ひどく​病ん​で​おり​ます。どうか,おいで​くださっ​て,むすめ​を​治し​て​やっ​て​ください』と,ヤイロ​は​熱心​に​たのみ​ます。イエス​は,行き​ましょ​う,と​おっしゃい​ます。

ふたり​が​歩い​て​行く​と,群衆​が​絶え​ず​おしせまっ​て​来​ます。イエス​は​急​に​立ち止まり,『わたし​に​さわっ​た​の​は​だれ​です​か』と​言わ​れ​ます。ご自分​から​力​が​出​て​行く​の​を​お感じ​に​なっ​た​の​で,だれ​か​が​さわっ​た​こと​を​ご存じ​な​の​です。しかし,だれ​でしょ​う。それ​は,12​年​間​ひどい​病気​に​苦しん​で​い​た​ある​女​の​人​でし​た。その​人​が​イエス​に​近寄っ​て,イエス​の​着物​に​さわり​まし​た。すると​病気​が​いやさ​れ​た​の​です!

この​こと​が​あっ​て,ヤイロ​は​すこし​気持ち​が​楽​に​なり​まし​た。イエス​が​人​の​病気​を​どんな​に​たやすく​治さ​れる​か​が,わかっ​た​から​です。しかし,その​とき​使い​の​者​が​やっ​て​来​て,『もう​イエス​を​わずらわす​こと​は​あり​ませ​ん。あなた​の​むすめ​さん​は​なくなり​まし​た』と,ヤイロ​に​伝え​まし​た。これ​を​耳​に​され​て​イエス​は,『心配​する​こと​は​あり​ませ​ん。むすめ​は​よく​なり​ます』と,ヤイロ​に​言わ​れ​ます。

かれら​が​ようやく​ヤイロ​の​家​に​つい​た​とき,人々​は​悲しみ​に​打ちひしが​れ​て,泣い​て​い​まし​た。でも​イエス​は,『泣か​ない​で​ください。子供​は​死ん​だ​の​で​は​あり​ませ​ん。眠っ​て​いる​だけ​です』と​言わ​れ​ます。しかし​人々​は,むすめ​が​死ん​だ​こと​を​知っ​て​いる​の​で,笑っ​て​イエス​を​からかい​ます。

すると​イエス​は,少女​の​父親​と​母親,それ​に​ご自分​の​三​人​の​使徒​を​連れ​て,子供​が​ねかさ​れ​て​いる​部屋​に​おはいり​に​なり​まし​た。そして,少女​の​手​を​取り,『起き​なさい』と​言わ​れ​まし​た。すると​少女​は,この​絵​に​ある​よう​に,生き返り​ます。そして​立ち上がっ​て​歩きまわる​では​あり​ませ​ん​か。それ​で​母親​と​父親​は​たいへん​喜ん​で​いる​の​です。

イエス​が​生き返ら​せ​た​の​は,この​少女​が​最初​で​は​あり​ませ​ん。聖書​に​書か​れ​て​いる​その​最初​の​人​は,ナイン​の​町​に​住む​ある​やもめ​の​息子​です。のち​ほど​イエス​は,マリア​と​マルタ​の​兄弟​ラザロ​も​よみがえらさ​れ​ます。イエス​が​神​の​王国​の​王​と​し​て​治める​とき​に​は,死ん​で​いる​人々​を​たくさん​生き返らさ​れる​の​です。それ​は​とても​うれしい​こと​で​は​あり​ませ​ん​か。