内容へ

目次へ

 第​107​話

ステファノは石打ちにされる

ステファノは石打ちにされる

この​ひざまずい​て​いる​人​は,ステファノ​です。ステファノ​は​イエス​の​忠実​な​弟子​です。しかし,今​かれ​の​身​に​起き​て​いる​こと​を​見​て​ごらん​なさい。男​たち​が​大きな​石​を​ステファノ​に​投げつけ​て​い​ます。こんな​ひどい​こと​を​する​ほど,ステファノ​を​にくん​で​いる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。では​それ​を​考え​て​み​ましょ​う。

神​は,ステファノ​に​すばらしい​奇跡​を​行なわ​せ​て​こら​れ​まし​た。この​男​たち​は​それ​が​気​に​くわ​ない​の​で,ステファノ​が​人々​に​真理​を​教える​こと​に​つい​て,かれ​と​議論​を​始め​ます。神​は​ステファノ​に​深い​知恵​を​あたえ​られる​の​で,ステファノ​は,この​人々​が​いつわり​を​教え​て​き​た​こと​を​示し​ます。その​ため​に​かれら​は​ますます​腹​を​立て,ステファノ​を​とらえ,人々​を​呼ん​で​き​て,ステファノ​に​つい​て​うそ​を​言わせ​ます。

大​祭司​は​ステファノ​に,『その​とおり​か』と​たずね​ます。ステファノ​は,聖書​に​ふれ​ながら​りっぱ​な​話​を​し​て,それ​に​答え​ます。そして​話​の​終わり​に,むかし​悪い​人々​が​エホバ​の​預言​者​たち​を​にくん​だ​こと​を​語り,『あなたがた​は​その​人々​の​よう​です。あなたがた​は​神​の​しもべ​イエス​を​殺害​し,神​の​律法​を​守ら​ない』と​言い​ます。

これ​を​聞い​て​宗教​指導​者​たち​は​たいへん​おこり,歯ぎしり​し​ます。しかし,ステファノ​は​頭​を​上げ​て​言い​ます。『ごらん​なさい! イエス​が​天​で​神​の​右​に​立っ​て​おら​れる​の​が​見え​ます』。これ​を​聞く​と​この​人々​は​手​を​耳​に​あて,ステファノ​に​おそいかかり​ます。そして​ステファノ​を​つか​ん​で​町​の​外​に​ひきずり​出し​ます。

かれら​は​自分​の​上着​を​ぬい​で,サウロ​と​いう​若者​に​あずけ​ます。サウロ​が​見え​ます​ね。それ​から​何​人​か​が​ステファノ​めがけ​て​石​を​投げつけ​ます。ステファノ​は,絵​に​ある​よう​に​ひざまずい​て,『エホバ​よ,この​悪事​に​対する​ばつ​を​かれら​に​あたえ​ない​で​ください』と,神​に​祈り​ます。ステファノ​は,ある​人々​が,宗教​指導​者​たち​に​だまさ​れ​て​いる​こと​を​知っ​て​いる​の​です。そう​言っ​て​から,ステファノ​は​死に​ます。

だれ​か​から​悪い​こと​を​される​と,あなた​は​しかえし​を​し​ます​か。あるいは​その​人​を​傷つけ​て​くださる​よう​に,神​に​お願い​し​ます​か。それ​は​ステファノ​や​イエス​の​し​た​こと​で​は​あり​ませ​ん。ふたり​と​も,自分​に​不​親切​な​人​たち​に​さえ,親切​でし​た。ですから,わたしたち​も​その​手本​に​ならい​ましょ​う。