内容へ

目次へ

 第​61​話

ダビデは王位につく

ダビデは王位につく

サウル​は​再び​ダビデ​を​つかまえ​よう​と​し​ます。その​ため​に,すぐれ​た​兵士​3,000​人​を​ひ​きい​て,ダビデ​を​さがし​に​出かけ​ます。その​こと​を​知る​と,ダビデ​は,サウル​と​その​家来​たち​が​夜​どこ​に​野営​し​て​いる​か​を​さぐる​ため​に,スパイ​を​送り​ます。それ​から​ダビデ​は​ふたり​の​人​に,『あなたがた​の​どちら​が,わたし​と​いっしょ​に​サウル​の​野営​地​へ​行く​か』と​たずね​ます。

『わたし​が​おとも​し​ます』と,アビシャイ​が​答え​ます。アビシャイ​は​ダビデ​の​姉​の​ゼルヤ​の​息子​です。サウル​の​兵士​たち​が​ね​て​いる​あいだ​に,ダビデ​と​アビシャイ​は​そっと​野営​地​に​しのびこみ​ます。ふたり​は,サウル​の​まくら​もと​に​ある​やり​と​水さし​を​取り​ます。サウル​も​兵士​も​ぐっすり​ねむっ​て​いる​の​で,ふたり​に​気づき​ませ​ん。

さて,ダビデ​と​アビシャイ​を​見​て​ください。ふたり​は​丘​の​上​の​安全​な​ところ​へ​にげ​て​来​まし​た。ダビデ​は​イスラエル​軍​の​総​指揮​官​に​向かっ​て​大声​で​こう​言い​ます。『アブネル,あなた​は​主人​で​ある​王​を​守っ​て​い​ない​の​です​か。見​なさい。王​の​やり​と​水さし​は​どこ​に​あり​ます​か』。

サウル​は​目​を​さまし​ます。そして,ダビデ​の​声​だ​と​気​が​つい​て,『ダビデ​よ,これ​は​おまえ​の​声​か』と,たずね​ます。下​の​ほう​に​サウル​と​アブネル​の​いる​の​が​わかり​ます​か。

『はい,その​とおり​です。わたし​の​主​で​あら​れる​王​よ』と,ダビデ​は​サウル​に​答え​ます。それ​から​ダビデ​は​こう​たずね​ます。『あなた​は​なぜ​わたし​を​つかまえ​よう​と​なさる​の​です​か。わたし​は​どんな​悪い​こと​を​し​た​の​でしょ​う​か。王​よ,ここ​に​あなた​の​やり​が​あり​ます。だれ​か​に​これ​を​取り​に​来さ​せ​て​ください』。

『わたし​は​まちがっ​た​こと​を​し​た。わたし​は​おろか​だっ​た』と,サウル​は​言い​ます。それ​を​聞い​て,ダビデ​は​立ち去り,サウル​は​家​へ​帰り​ます。ダビデ​は​心​の​中​で​言い​ます。『サウル​は​いつか​わたし​を​殺す​だろ​う。ペリシテ​人​の​地​へ​にげる​ほか​に​道​は​ない』。ダビデ​は​その​よう​に​し​ます。ダビデ​は​ペリシテ​人​を​だまし​て,自分​が​ペリシテ​人​の​味方​だ​と​いう​こと​を​信じこま​せる​こと​が​でき​ます。

しばらく​し​て,ペリシテ​人​は​イスラエル​を​せめ​ます。その​戦い​で,サウル​も​ヨナタン​も​殺さ​れ​ます。ダビデ​は​その​こと​を​たいへん​悲しみ,美しい​詩​を​作り​ます。その​中​で,ダビデ​は​こう​歌い​まし​た。『わたし​の​兄弟​ヨナタン​よ,わたし​は​あなた​の​ため​に​悲しむ。あなた​は​わたし​に​とっ​て​どれ​ほど​かけがえ​の​ない​人​だっ​た​こと​か』。

その​あと,ダビデ​は​イスラエル​の​ヘブロン​の​町​へ​もどり​ます。そこで,サウル​の​息子​の​イシボセテ​を​王​に​し​よう​と​する​人々​と,ダビデ​を​王​に​し​よう​と​する​人々​が​戦い​ます。しかし,ついに,ダビデ​の​側​の​人々​が​勝ち​ます。王位​に​つい​た​とき,ダビデ​は​30​歳​でし​た。ダビデ​は​七​年​半​の​あいだ​ヘブロン​で​治め​ます。そこ​の​町​で,ダビデ​に​アムノン,アブサロム,アドニヤ​と​いう​息子​が​生ま​れ​ます。

やがて,ダビデ​と​その​家来​は,エルサレム​と​いう​美しい​町​を​せめ​取る​ため​に​出かけ​ます。ダビデ​の​姉​ゼルヤ​の​もう​ひとり​の​息子​で​ある​ヨアブ​は,先頭​に​立っ​て​戦い​ます。それ​で​ダビデ​は​ほうび​と​し​て,ヨアブ​を​軍隊​の​総​指揮​官​に​し​ます。こう​し​て,ダビデ​は​エルサレム​の​町​から​治める​よう​に​なり​ます。