内容へ

目次へ

 第​22​話

ヨセフはろう屋に入れられる

ヨセフはろう屋に入れられる

ヨセフ​は,わずか​17​歳​で​エジプト​に​連れ​て​行か​れ,ポテパル​と​いう​人​に​売ら​れ​ます。ポテパル​は,ファラオ​と​呼ば​れる​エジプト​の​王様​の​家来​です。

ヨセフ​は​主人​の​ポテパル​の​ため​に​いっしょう​けんめい​働き​ます。それで,ヨセフ​が​おとな​に​なる​と,ポテパル​は​ヨセフ​に​自分​の​家​の​こと​を​全部​任せ​ます。では​どうして​ヨセフ​は,この​絵​に​ある​よう​に​ろう屋​に​いる​の​でしょ​う​か。その​原因​は​ポテパル​の​妻​に​あり​ます。

ヨセフ​が​美​青年​に​なっ​た​の​で,ポテパル​の​妻​は,ヨセフ​が​自分​と​寝​て​くれる​こと​を​望み​ます。でも,ヨセフ​は​それ​が​悪い​こと​だ​と​知っ​て​い​ます​から,そう​し​よう​と​し​ませ​ん。ポテパル​の​妻​は​たいへん​おこっ​て,ポテパル​が​家​に​帰っ​た​とき​に,『あの​悪い​ヨセフ​が​わたし​と​寝​よう​と​し​まし​た』と​うそ​を​言い​ます。ポテパル​は,妻​の​言う​こと​を​信じ​て​すっかり​腹​を​立て,ヨセフ​を​ろう屋​へ​入れ​さ​せ​ます。

ろう屋​の​長​は,ヨセフ​が​良い​人​だ​と​いう​こと​を​すぐ​に​認め,他​の​囚人​すべて​を​ヨセフ​に​任せ​ます。のち​に​ファラオ​は,酒​を​つぐ​人​と​パン焼き​人​を,おこっ​て​ろう屋​に​入れ​ます。ある​夜,その​ふたり​は​それぞれ​特別​な​ゆめ​を​見​ます。でも,ゆめ​の​意味​が​わかり​ませ​ん。次​の​日​ヨセフ​は,『あなたがた​の​ゆめ​を​話し​て​ください』と​言い​ます。ふたり​が​ゆめ​を​話す​と,ヨセフ​は,神​の​助け​で​その​意味​を​説明​し​ます。

酒​を​つぐ​人​に​ヨセフ​は​こう​言い​ます。『あなた​は​三​日​の​うち​に​ろう屋​から​出さ​れ​ます。そして​再び​ファラオ​の,酒​を​つぐ​人​に​なり​ます』。そして​ヨセフ​は​さらに,『ここ​から​出​たら,わたし​の​こと​を​ファラオ​に​話し​て​ください。そして,わたし​が​ここ​から​出​られる​よう​に​し​て​ください』と​言い​ます。ところ​が​ヨセフ​は​パン焼き​人​に​は​こう​言い​ます。『三​日​の​うち​に​ファラオ​は​あなた​の​首​を​切らせ​ます』。

三​日​たっ​て,ヨセフ​が​言っ​た​とおり​に​なり​ます。ファラオ​は​パン焼き​人​の​首​を​切らせ​ます。いっぽう,酒​を​つぐ​人​は​ろう屋​から​出さ​れ​て,再び​王​に​仕える​よう​に​なり​ます。ところが,酒​を​つぐ​人​は​ヨセフ​の​こと​を​すっかり​忘れ​て​しまい,ヨセフ​の​こと​を​ファラオ​に​話し​ませ​ん。それで,ヨセフ​は​ろう屋​に​は​いっ​て​い​なけれ​ば​なり​ませ​ん。