内容へ

目次へ

 特集​記事

聖書 ただの良い本?

聖書 ただの良い本?

聖書​は​約​2000​年​前​に​完成​し​まし​た。それ​以来,数え切れない​ほど​多く​の​書物​が,世​に​出​て​は​消え​て​いき​まし​た。しかし​聖書​は,その​よう​な​本​で​は​あり​ませ​ん。以下​の​点​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。

  • 聖書​は,時​の​権力​者​から​の​激しい​攻撃​を​生き延び​て​き​まし​た。例えば​中世​に​おい​て“キリスト​教”の​国々​で​は,「自国​語​の​聖書​を​所有​する​こと​や​読む​こと​は,異端​また​反抗​と​みなさ​れる​よう​に​なっ​て​いっ​た」と,「中世​の​聖書 入門」(英語)と​いう​本​は​述べ​て​い​ます。聖書​を​自国​語​に​翻訳​し​たり​聖書​の​研究​を​奨励​し​たり​する​学​者​たち​は,自分​の​命​を​危険​に​さらす​こと​に​なり​まし​た。中​に​は​殺さ​れ​た​人​も​い​ます。

  • 聖書​は,多く​の​攻撃​を​受け​た​に​も​かかわら​ず,歴史​を​通じ​て​最も​広く​頒布​さ​れ​て​い​ます。これ​まで​に​全巻​または​一部​が,2800​以上​の​言語​で​50億​部​余り​印刷​さ​れ​まし​た。これ​は,哲学​や​科学​など​の​ジャンル​の,発行​部数​が​限ら​れ,すぐ​時代​後れ​に​なっ​て​しまう​本​と​は,著しい​対照​を​なし​て​い​ます。

  • 聖書​は,その​翻訳​を​通じ​て​幾つ​も​の​言語​の​存続​や​発展​に​貢献​し​て​き​まし​た。例えば,マルティン​・​ルター​に​よる​訳​は,ドイツ​語​に​大きな​影響​を​及ぼし​まし​た。また,「ジェームズ​王​欽定​訳」の​初版​は,「これ​まで​に​出版​さ​れ​た​書物​の​中​で,恐らく[英語​に]最も​大きな​影響​を​及ぼし​た​本」と​言わ​れ​て​い​ます。

  • 聖書​は,「西洋​文化​に​多大​な​影響​を​与え​た」と​言わ​れ​て​い​ます。「単に​宗教​上​の​信条​や​慣行​だけ​で​なく,芸術,文学,法律,政治,その他​数え切れない​ほど​多く​の​分野​に​も​影響​を​及ぼし​て​き​た」の​です。―「オックスフォード 聖書​百科​事典」(英語)。

これら​の​点​は,聖書​が​比類​の​ない​本​で​ある​と​言える​根拠​の​ごく​一部​に​すぎ​ませ​ん。それにしても,聖書​が​それ​ほど​広く​受け入れ​られ​て​き​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。人々​が​その​ため​に​命​を​懸け​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。その​理由​は​数多く​あり​ます。例えば,聖書​は​道徳​面​や​精神​面​で​の​啓発​を​与え​て​い​ます。その​教え​に​は​卓越​し​た​知恵​が​反映​さ​れ​て​いる​の​です。また,聖書​は​人間​の​苦しみ​や​争い​の​根本​原因​を​説明​し​て​い​ます。さらに,そう​し​た​問題​が​終わる​こと​を​約束​し​て​おり,どの​よう​に​終わる​の​かも​明らか​に​し​て​い​ます。

 道徳​面​や​精神​面​で​の​啓発​を​与え​て​いる

教育​は​大切​です。しかし,「教育​を​受け​て​学位​を​得る​と​し​て​も,その​種​の​教育​で​道徳​的​知性​が​身​に​つく​と​は​限ら​ない」と,カナダ​の​オタワ​・​シティズン​紙(英語)の​社説​は​述べ​て​い​ます。実際,広告​会社​エデルマン​の​行なっ​た​世界​的​な​調査​に​よれ​ば,財界​や​政界​の​リーダー​たち​を​含む,高等​教育​を​受け​た​多く​の​人​たち​が,不正​や​詐欺​行為,盗み​など​を​働い​て​おり,その​結果「重大​な​信頼​の​危機」が​生じ​て​い​ます。

聖書​は​道徳​面​や​精神​面​の​教育​に​重き​を​置い​て​い​ます。聖書​を​学ぶ​なら,「義​と​裁き​と​廉直​さ​と,良い​こと​に​関する​行路​全体」を​理解​できる​よう​に​なり​ます。(箴言 2:9)その​こと​を​示す​例​を​挙げ​ましょ​う。23​歳​の​ある​男性​は,ポーランド​の​刑務​所​に​い​た​時​に​聖書​を​勉強​し​始め,その​実際​的​な​アドバイス​の​良さ​を​認める​よう​に​なり​まし​た。こう​書い​て​い​ます。「『父​と​母​を​敬う』と​は​どういう​こと​か​が​分かり​まし​た。また,極端​な​怒り​を​はじめ,自分​の​感情​を​抑え​られる​よう​に​も​なり​まし​た」。―エフェソス 4:31; 6:2

この​人​が​心​に​銘記​し​た​の​は,箴言 19​章​11​節​の,「人​の​洞察​力​は​確か​に​その​怒り​を​遅く​する。違犯​を​ゆるす​の​は​その​人​の​美しさ​で​ある」と​いう​言葉​です。今​で​は,難しい​状況​に​直面​する​と,その​状況​を​冷静​に​分析​し​て,関係​する​聖書​の​教え​を​当てはめる​よう​努力​し​て​い​ます。「聖書​は​最良​の​ガイドブック​で​ある,と​いう​こと​が​分かり​まし​た」と​述べ​て​い​ます。

エホバ​の​証人​に​偏見​を​抱い​て​い​た​ある​女性​が,証人​の​一​人​で​ある​マリア​を​公衆​の​面前​で​侮辱​し,かなり​の​騒ぎ​を​起こし​まし​た。しかし​マリア​は,言い返し​たり​せ​ず,穏やか​な​態度​で​その​場​を​立ち去り​まし​た。それ​で​女性​は,自分​の​し​た​こと​を​後悔​し,エホバ​の​証人​を​探し​まし​た。そして​約​1​か月​後,やっと​マリア​に​再会​でき​た​時,マリア​を​抱き締め​て,謝り​まし​た。さらに,マリア​ の​温和​さ​と​自制​心​は​マリア​の​宗教​信条​を​反映​し​た​もの​で​ある,と​いう​こと​も​認め​まし​た。こう​し​て,かつて​偏見​を​抱い​て​い​た​その​女性​だけ​で​なく,家族​の​うち​の​5​人​も,エホバ​の​証人​から​聖書​を​教え​て​もらうこと​に​し​まし​た。

イエス​は,「知恵​は​その​働き​に​よっ​て​義​に​かなっ​て​いる​こと​が​示さ​れる」と​言い​まし​た。(マタイ 11:19聖書​の​教えに​つい​て​も,そう​言え​ます。その​教え​は,人​の​長所​を​引き出し​ます。また,「経験​の​ない​者​を​賢く」し,人​の「心​を​歓ばせ」,道徳​面​や​精神​面​で​啓発​する​こと​に​よっ​て​その「目​を​輝か​せる」の​です。―詩編 19:7,8

人間​の​苦しみ​や​争い​の​原因​を​説明​し​て​いる

研究​者​たち​は,何​か​の​流行​病​を​研究​する​際,その​発端​を​突き止め​よう​と​し​ます。人間​の​苦しみ​や​争い​と​いう“疫病”を​理解​する​の​に​も,同じ​こと​が​言え​ます。この​点​で​も​聖書​は​大いに​役立ち​ます。聖書​に​は​人類​の​最​初期​の​歴史,問題​が​始まっ​た​時​の​こと​が​書か​れ​て​いる​から​です。

聖書​の​創世記​に​よる​と,人類​の​災い​が​始まっ​た​の​は,最初​の​人間​夫婦​が​神​に​反逆​し​た​時​でし​た。二​人​は​道徳​上​の​規準​を​自分​たち​で​決める​こと​に​し,万物​の​創造​者​だけ​に​属する​権利​を​踏みにじっ​た​の​です。(創世記 3:1‐7)残念​な​こと​に,それ​以来​ほとんど​の​人​が,同じ​よう​な​独立​的​な​考え方​を​し​て​き​まし​た。その​結果,人類​は,自由​と​幸福​の​歴史​で​は​なく,争い​や​虐げ,道徳​的​また​精神​的​価値​観​の​違い​に​よる​対立​の​歴史​を​たどる​こと​に​なり​まし​た。(伝道​の​書 8:9)聖書​は​適切​に​も,「自分​の​歩み​を​導く​こと[は]その​人​に​属し​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん」と​述べ​て​い​ます。(エレミヤ 10:23)と​は​いえ,良い​知らせ​が​あり​ます。災い​を​招い​た,人類​の​独立​的​な​歩み​は,間​も​なく​終わる​の​です。

 希望​を​差し伸べ​て​いる

聖書​に​よれ​ば,神​は​ご自分​の​権威​や​規準​を​尊重​する​人​たち​を​愛し​て​おら​れる​の​で,悪​と​それ​が​引き起こす苦しみを​いつ​まで​も​容認​し​たり​は​され​ませ​ん。邪悪​な​者​たち​は「自分​の​道​の​実​から​食べ」る,つまり​悪行​の​報い​を​受ける​の​です。(箴言 1:30,31)一方,「柔和​な​者​たち​は​地​を​所有​し,豊か​な​平和​に​まさに​無上​の​喜び​を​見いだ」し​ます。―詩編 37:11

「神​の​ご意志​は,あらゆる​人​が​救わ​れ​て,真理​の​正確​な​知識​に​至る​こと​な​の​です」。―テモテ​第​一 2:3,4

神​が​地球​に​平和​を​もたらす​ため​に​お用い​に​なる​の​が,「神​の​王国」です。(ルカ 4:43)その​王国​は​世界​政府​で​あり,神​は​その​政府​に​よっ​て​人類​に​対する​正当​な​主権​を​表明​さ​れ​ます。イエス​は​模範​的​な​祈り​の​中​で,その​王国​と​地​に​つい​て,「あなた​の​王国​が​来​ます​よう​に。あなた​の​ご意志​が……地上​に​おい​て​も​なさ​れ​ます​よう​に」と​述べ​まし​た。―マタイ 6:10

神​の​王国​の​もと​で​生きる​人々​は,人間​で​は​なく​創造​者​を​正当​な​支配​者​と​し​て​認め,ご意志​どおり​に​行動​し​ます。腐敗,貪欲,経済​格差,人種​偏見,戦争​は​なくなり​ます。まさに,世界​は​1​つ,政府​は​1​つ,道徳​面​や​精神​面​で​の​規準​も​1​つ​に​なる​の​です。―啓示 11:15

その​新しい​世​に​入る​ため​の​鍵​は,教育​です。「神​の​ご意志​は,あらゆる​人​が​救わ​れ​て,真理​の​正確​な​知識​に​至る​こと」で​ある,と​テモテ​第​ 一 2​章​3,4​節​は​述べ​て​い​ます。この​真理​に​は,王国​の​憲法​と​も​言う​べき​法律​や​行動​規範​に​関する,聖書​の​教え​が​含ま​れ​ます。イエス​・​キリスト​の​山上​の​垂訓​の​中​に​その​例​を​見る​こと​が​でき​ます。(マタイ 5‐7​章)ぜひ​読ん​で​み​て​ください。そして,すべて​の​人​が​イエス​の​知恵​を​実践​する​と​どんな​生活​に​なる​か,想像​し​て​み​て​ください。

聖書​が​世界​で​最も​広く​頒布​さ​れ​て​いる​本​で​ある​の​は,少し​も​驚く​べき​こと​で​は​あり​ませ​ん。聖書​の​教え​に​は,神​の​聖霊​の​導きに​よっ​て​記さ​れ​た​こと​を​示す​はっきり​と​し​た​証拠​が​ある​から​です。また,聖書​が​広く​頒布​さ​れ​て​いる​こと​から​分かる​よう​に,神​は,あらゆる​言語​や​国籍​の​人々​が​ご自分​に​つい​て​学び,ご自分​の​王国​の​もたらす​祝福​に​あずかる​こと​を​望ん​で​おら​れる​の​です。―使徒 10:34,35