伝道​の​書 8:1-17

8  誰が賢い人のようだろうか。誰が問題の解決策*を知っているだろうか。人は知恵によって顔が輝き,険しい表情が和らぐ。  私は言う。「王の命令を守りなさい+。あなたは神に誓いを立てた+  王の前から不意に立ち去ろうとしてはならない+。悪に関わってはならない+。王は自分の望み通りに物事を行う。  王の言葉は絶対である+。誰が王に向かって『何をしているのだ』と言えるだろう」。  おきてを守る人は災いを経験しない+。賢い心は適切な時や物事の扱い方*を知ることになる+  人が直面する困難は非常に多く,何事も適切な時に正しく扱わなければ*ならない+  未来に何が起きるかを誰も知らない。それで,事がどう運ぶかを誰が人に告げることができるだろう。  生命力*を意のままに操ったり保ったりできる人は一人もいない。同じように,死ぬ日を意のままに操ることができる人はいない+。戦いの間,持ち場から離れることは誰にもできない。同じように,悪を行う人たちは悪にはまり,その結果を免れる*ことはない。  私はこの全てを見た。地上で行われた全てについて真剣に考えた。これまでずっと,人は人を支配し,人に害を及ぼして*きた+ 10  私は悪人が葬られるのを見た。以前,聖なる場所に出入りしていた人たちである。しかし彼らは,自分たちが悪を行った都市ですぐに忘れ去られた+。これもまたむなしい。 11  悪い行いに対する刑罰が速やかに下されていない+。それで人は平気で悪を行うようになっている+ 12  100回悪を行った罪人が,長生きすることがある。しかし私は,真の神を畏れる人たちが良い結果を得るのを知っている。神を畏れているのでそうなるのだ+ 13  悪人が良い結果を得ることはない+。悪人が生きる日々は影のようで,長く続かない+。神を畏れていないからだ。 14  地上でむなしい*ことが起きている。正しい人が,悪を行ったかのように扱われ+,悪人が,正しいことを行ったかのように扱われている+。私は,これもまたむなしいと言う。 15  喜ぶのは良いことだと私は言った+。食べ,飲み,喜ぶこと,この地上で人にとってこれ以上の幸せはないからだ。真の神が与えてくださる,地上での生涯の間,一生懸命働いて喜びにあふれよう+ 16  私は真剣に知恵を得ようとし,地上で行われている全ての活動を観察した+。昼も夜も寝ないでそのようにした* 17  そして,真の神の全ての行いについて考え,地上で起きる事柄を人間は理解できないことに気付いた+。人がどれだけ理解しようとしても,理解することはできない。たとえ,自分は賢いから分かると主張するとしても,決して理解できないのだ+

脚注

または,「物事の意味」。
または,「判断」。
または,「判断しなければ」。
または,「息」,「風」。
もしかすると,「悪人が悪によって助け出される」。
または,「人を傷つけて」,「人の損失となって」。
または,「腹立たしい」。
もしかすると,「昼も夜も寝ない人がいる」。

注釈

メディア