エレミヤ​書 31:1-40

31  「そのときわたしはイスラエルのすべてのぞくかみとなり,かれらはわたしたみとなる」と,エホバはせんげんする+   エホバはこうう。つるぎからのがれてのこったひとたちは,こうめぐみをけた。イスラエルがやすかってあるいていたときに」。   とおくからエホバがわたしあらわれてった。わたしえいえんあいをもってあなたをあいしてきた。そのため,るぎないあいをもってあなたをせた*のである+   わたしはあなたをなおし,あなたはなおされる+イスラエルのおとよ,あなたはふたたびタンバリンをり,よろこびにあふれておど*+   あなたはふたたびサマリアのやまやまにブドウえんつく+さいばいにんたちはえて,あじわう+   エフライムのやまやまにいるりたちがけるる。って,シオンに,わたしたちのかみエホバのもとにのぼっていこう』と+」。   エホバはこうう。よろこびにあふれてヤコブにかってさけびなさい。くにぐにうえっているゆえによろこんでさけびなさい+このことをひろらせ,かみさんしていなさい。『エホバ,あなたのたみを,イスラエルののこりのものすくってください』と+   わたしきたからかれらをもど+てからかれらをあつめる+そのなかには,えないひとあしゆうひと+にんしんしているじょせいしゅっさんぢかじょせいもいる。かれらはおおきなかいしゅうとなってここにもどってくる+   かれらはきながら+わたしは,めぐみをもとめるかれらをみちびく。つまずくことがないたいらなみちあるかせて,みずながれるところ*れていく+わたしはイスラエルのちちであり,エフライムはわたしはつなのである+」。 10  くにぐによ,エホバのことき,とおくのしまじまらせよ+「イスラエルをらしたものかれあつめ,れをまもひつじいのようにかれまも+ 11  エホバはヤコブをすく*+かれよりつよものからたす*+ 12  ひとびとて,シオンのやまかんせい+エホバからのいもの*のゆえにかおかがやかせる。こくもつあたらしいぶどうしゅ+あぶらわかひつじうし+についてよろこぶ。かれらはよくうるおっているていえんのようになり+よわてることはない+」。 13  「そのときおとよろこびにあふれておどり,わかものろうじん+ともおどる。わたしかれらのかなしみをかんえる+かれらをなぐさめ,たんわりによろこびをあたえる+ 14  わたしさいたちをゆたかなもの*まんぞくさせ,わたしたみわたしからのいもの*まんぞくする+」と,エホバはせんげんする。 15  「エホバはこうう。『ラマ+こえこえる。なげきとつうごえが。ラケルがどもたちのことでかなしんでいる+かのじょなぐさめられるのをこばんだ。どもたちがもういないからである+』」。 16  エホバはこうう。「『くのをやめ,なみだぬぐいなさい。あなたのおこないはむくわれるからだ。どもたちはてきからもどってくる+』と,エホバはせんげんする。 17  『あなたのしょうらいにはぼうがある+どもたちはぶんたちのりょうもどってくる+』と,エホバはせんげんする」。 18  「わたしはエフライムがこうなげくのをたしかにいた。『あなたはわたしただし,わたしただされました。くんれんされていないうしのように。わたしもどしてください。わたしはあなたのもとにもどります。あなたはわたしかみエホバなのです。 19  わたしはあなたのもとにもどったのちぶんめました+おしえられてかいしたのちたんしてももをたたきました。わたしじ,ぶんいやになりました+わかときなんされるようなことをおこなったからです』」。 20  「エフライムはわたしたいせつあいするではないか+わたしかれしっせきするたびに,かれのことをこころめる。そのためにかんじょう*さぶられている+かれほんとうあわれにおもう」と,エホバはせんげんする+ 21  「ぶんのためにひょうしきき,みちしるべをてなさい+かいどうに,とおらなければならないみちに,ちゅうはらいなさい+イスラエルのおとよ,もどりなさい。あなたのまちまちもどりなさい。 22  ちゅうじつむすめよ,いつまでふらつくのか。エホバはじょうあたらしいことをそうぞうした。じょせいだんせいいっしんもとめるのである」。 23  イスラエルのかみたいぐんひきいるエホバはこうう。「らわれているひとびとわたしあつめてもどときかれらはユダのまちまちふたたびこうう。『ただしさにちるまいよ+せいなるやま+,エホバからしゅくふくされますように』。 24  そこに,ユダとそのすべてのまちひとびとともむ。のうぎょうをするひとたちも,ちくをするひとたちもである+ 25  わたしつかれているひとげんづけ*よわてているひとつよくする*+」。 26  ここでわたしきて,けた。ここよいねむりだった。 27  「わたしがイスラエルのとユダので,ひとちくそんやすとき+」と,エホバはせんげんする。 28  エホバはこうせんげんする。「わたしは,き,こわし,こわし,ほろぼし,がいくわえるためにかれらをったように+ててえるためにかれらをまも+ 29  そのときかれらはもう,『ちちたちがっぱいブドウをべたのに,たちのいた*』とはわなくなる+ 30  ひとはそれぞれぶんあやまちのためにぬのである。っぱいブドウをべるひとは,ぶんく」。 31  エホバはこうせんげんする。「わたしがイスラエルこくみんおよびユダこくみんあたらしいけいやくむすとき+ 32  そのけいやくは,わたしかれらのたちのってエジプトからしたに,そのたちとむすんだけいやくのようなものではない+。『わたしたしかにかれらのしゅじん*だったのに,かれらはわたしとのけいやくやぶった+』と,エホバはう」。 33  エホバはこうせんげんする。「これが,そうしただいのちわたしがイスラエルこくみんむすけいやくである。わたしは,わたしりっぽうかれらのおくふかくに+かれらのこころなかしる+。そして,わたしかれらのかみとなり,かれらはわたしたみとなる+」。 34  エホバはこうせんげんする。「かれらがそれぞれ,りんじんきょうだいおしえて,『エホバをりなさい+!』とうことはもうなくなる。もっとちいさなものからもっとおおきなものまで,みなわたしるようになるからだ+わたしかれらのあやまちをゆるし,かれらのつみをもはやおもさない+」。 35  エホバはたいようあたえてひるひかりとし,つきほしほうそく*さだめてよるひかりとし,うみをかきまわしてなみあらたせる。たいぐんひきいるエホバというつそのかた+はこうう。 36  「『これらのていこうになることはないため,イスラエルのそんわたしまえつねこくみんでありつづける+』と,エホバはせんげんする」。 37  エホバはこうう。「『てんはかることはできず,だい調しらくすこともできないように,わたしがイスラエルのそんのあらゆるおこないのゆえにかれすべてを退しりぞけることはない』と,エホバはせんげんする+」。 38  エホバはこうせんげんする。「『ハナヌエルのとう+』から『すみもん+』にいたるまで,このがエホバのためになおされるとき+ 39  はかづな+はガレブのおかまでっすぐにび,ゴアのほうかう。 40  たいはい*たに*ぜんたい,またキデロンのたに+いただんきゅうひがしく『うまもん+』のすみまでのすべてのだんきゅうは,エホバにとってせいなるものとなる+かれることもこわされることもない」。

脚注

または,「あなたに揺るぎない愛を示し続けてきた」。
または,「笑っている人たちの踊りに加わる」。
または,「ワジ」。
または,「取り戻す」。
直訳,「買い戻し」。
または,「エホバの善い行い」。
直訳,「肥えた物」。
または,「私の善い行い」。
直訳,「腸」。
または,「満足させ」。
または,「満たす」。
直訳,「なまった」。
もしかすると,「夫」。
または,「法令」。
犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。
または,「谷あいの平原」。

注釈

メディア