内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

だれが聖書を書いたかは分かりますか

聖書の答え

だれが聖書を書いたかは分からないと言う人は少なくありません。しかし,多くの場合,聖書そのものが筆者を明らかにしています。例えば,「ネヘミヤの言葉」,「イザヤが……見た幻」,「ヨエルに臨んだエホバの言葉」といった表現で始まる箇所があります。―ネヘミヤ 1:1。イザヤ 1:1。ヨエル 1:1

聖書筆者たちは,唯一まことの神であるエホバに導かれ,その名において書いたことを認めています。例えば,ヘブライ語聖書を書いた預言者たちは,「エホバはこのように言われた」と300回以上述べています。(アモス 1:3。ミカ 2:3。ナホム 1:12)み使いを通して神から音信を受け取った人もいます。―ゼカリヤ 1:7,9

聖書は,およそ40人の人たちにより,1,600年の期間にわたって書かれました。2つ以上の書を記した人もいます。実際,聖書は66冊の書を収めた小さな書庫のようなものです。一般に旧約聖書と呼ばれるヘブライ語聖書の39の書と,新約聖書と呼ばれるクリスチャン・ギリシャ語聖書の27の書から成っています。